サントリーフーズ BOSS くつろぎドリップ (4,407) ★☆☆☆☆

★☆☆☆☆

 いやいや、あらためて楽しいなあ、この趣味は!!。

 まあ、振り返って当時も特別苦痛だったり、最早義務感のようなものからとかでは全然なかったつもりだけれど…。少なくともこの胸躍る感覚は、久しく忘れてましたねえ。そうそう、半ば強制的ではあったけど、一端立ち止まってみるって言うのも大事なんだなとあらためて実感しておりますよ。

 それでは早速始めましょう。

 まずいつも通り缶をぐるっと眺めてみたところ、能書きのそこかしこ、なにより原材料に見過ごせない点はあるものの…。まあまあ、日々更新を続けていた時でさえこの分野は急速な変化があったわけですから、ブランク約2年もあればねえ、さぞかし目覚ましい変化があったことでしょうとむしろ期待しつつ、なにはともあれ、復帰後初のBOSSをいただいてみましょう!!。

 記憶が確かなら、サントリーがおおよそ毎年冬になると出す、当時「和み系」と勝手に呼んでいたものの延長線上にあるものなのでしょうね。知る限りの直近だと「BOSS ほっととろけるカフェラテ」とか、こんな感じ。全体の色合いとか、そこかしこに不穏な印象が漂ってはいるものの、まあ、まだこの時点ではのんきに構えておりましたね。なにせ天下のBOSSですよ、大船に乗った気分で大丈夫に違いありません。

 んんん…、復帰第1作2作と大好物なラテオレ系を選んだことの恩恵って言うのがあるのかもしれないのですが、多少は…、んんん…、良くなっているような気もする…、するよねえ…。相変わらずご健在だった、人工甘味料による「苦み増強力」と言うか、コーヒーに本来あるものとは違う「苦み」が、鼻につくは言い過ぎかもしれないけど、苦手なので、どうにもこうにも…。残念ながら、少なくともこれまで「和み系」に抱いてきた好印象との連続性はないと言わざるを得ないのが現状でございます。

 実はその、今回の復帰に当たって BOSS のショート缶を何種類か確保してあるのですが、驚くことに新商品であろうものはすべて人工甘味料使用の微糖だったもんだから、なるほどさすが BOSS !!、これは何らかの解決策を見出したんだろうと、さぞや自信があってのことなんだろうなと思ったものですが…、いったいどうされたのでしょうか…。若干薄くなりつつある記憶を辿るに、元々 BOSS はそれほどあれもこれも人工甘味料使用ってことはなかった気がするんだけど。いや本当にさ、レインボーマウンテンブレンドとカフェオレ…はたして今回入手したものが新しいの確認しなくてはならないんですけど…、以外すべて人工甘味料使用微糖になっているので、もしもこの感じが続くならこれから先が思いやられるなあ…。もしかして、完全に見える天下もそれほどって…。

 とか言いつつもまだ、たまたま初っぱなの今作がそうだったんだって思いのほうが大きいですけどね。それくらい BOSS には積み重ねてきた絶大なる信頼がありますから!!。

 そんなんで、全然萎えてないですよ。

 そうそう、それこそ中断した頃は、まあ悪い方が記憶に残りがちだからかもしれないですが、他社は総じてこんなのばかりだった気がするので。そう、言うて、今作は「微糖」とうたっているだけまだ良心的かもしれません。

 と言うことで、一先ず今作に関する結論といたしましては、ああ、まだまだこのジャンルはこのままなんだなあってくらいふんわりとしたものにしておきましょうかね。…いや、んん?、ただ、ただですよ、ラテオレ系である前2作のところに、実はマイノリティではなかったのかもと書いたのですが、逆逆、こと缶コーヒー界においては引き続きマイノリティな懸念はありますよね、むしろ前以上にかも…。怖いな…。

 そうか、人工甘味料らしさを隠す方向と伸ばす方向、同じグループ内でも主義主張正反対な2派閥が当時しのぎを削っていましたけど、現状においては、伸ばす方向派がほぼほぼ覇権を掌握しつつあるって可能性は十分にありますね。

 ちょっと目を離した隙に、これこそが缶コーヒーだろうって方々こそ圧倒的マジョリティな缶コーヒー界になっていたのでしょう…。まあ、いいよ、元々そう思っていたからさ。マイノリティ上等ですわ。

 …と、実に見苦しい逆ギレはこの辺に…。

 まあ、これ以上ここで言葉を重ねたところで好印象になることはないでしょうからね。そうそう、こう言う時は古来からの言い伝え!?、さくっと〆ちゃいましょう!!。

 では、また。


長時間蒸らし抽出
〈微糖〉糖類45%オフ
suntory[コーヒー]
“蒸らし”にじっくり時間をかけたこだわりの抽出で、コーヒーのコクと香りを引き出しました。心温まるくつろぎのひと時をお楽しみください。
糖類45%オフ(コーヒー飲料等通常品の糖類含有率 7.5g/100ml と比較)
※開缶前によくふってください。
国産
スチール
のんだあとはリサイクル


品名:コーヒー
原材料名:牛乳(国内製造)、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳 / 香料、カゼインNa、乳化剤、甘味料(アセスルファムK)
内容量:185g
JANコード:4 901777 356771
販売者:サントリーフーズ(株) 東京都中央区京橋3-1-1


栄養成分表示(100gあたり)
エネルギー 26kcal
たんぱく質 1.0-1.2g
脂質 0-1.0g
炭水化物 4.4g
-糖類 3.6g
食塩相当量 0.13g


登録日:2020年11月18日

この投稿をSNSでシェア!!

“サントリーフーズ BOSS くつろぎドリップ (4,407) ★☆☆☆☆” への2件の返信

  1. 初コメント失礼します。
    私もコーヒー好きが高じて、現在、缶コーヒーブログをさせていただいております。

    記事を拝見させていただき、内容に大変感激しております。
    缶コーヒーの世界、かなり奥深くて面白いですよね。
    応援してます。

  2. コメントありがとうございます!!。

    根強い人気を誇る日本の食文化!!。これからも共に盛り上げていきましょう!!。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください