トップ>缶コーヒーマニア トップ>木村飲料株式会社

缶コーヒーマニア 木村飲料株式会社

スマートフォンもしくは幅の狭いブラウザ用メニューはこちら

静岡県島田市宮川町2429

http://www.kimura-drink.co.jp/index1/index.html

※携帯電話でご覧の方は"モバイル版缶コーヒーマニア木村飲料"をどうぞご利用下さい。

何時もお世話になりっぱなし^^;、このメーカーの情報をお教えいただいた“珈琲ブレイクinアキバ”のRuineさん。また、わざわざ静岡県の本社まで行き、自販機で買ってきてくれた、今や缶コーヒーマニア特派員となってくれている○○ちゃん。本当にありがとうございます。また、今後ともよろしくお願いいたします^^。

ご当地缶コーヒーメーカー?、静岡県の方には馴染み深い存在なのかな~?位の想像をしてたんですけど・・・。改めてホームページを見てみると、とんでもない!!。ジュースからアルコール飲料まで、大手と比べても遜色ないフルラインアップと言っても良さそうな品揃え、また、オリジナル飲料まで製作している、総合飲料メーカーじゃないですか~^^。昭和28年設立と歴史も十分、もしかして気付かないうちにお世話になっているのかもしれませんね^^。

ただ今缶コーヒーマニア内にて、”アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”開催中です。当ページ下部からも投票出来ますので、皆さんふるってご投票ください。

“アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”、メーカー部門(“あたしにも、オレにも言わせろ!。やっぱり、今年はこの缶コーヒーメーカーが最高でしょ!”)の各年最終結果です。
          国民投票第39位  
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
3票 / 0.1%
2008年
木村飲料ぶれんどコーヒー

ぶれんどコーヒー

KIMURA
BLEND COFFEE
Time for change your mind with this coffee.
コーヒー
未公表
まさにシンプルイズベスト!!、全く奇をてらわず基本にのみ忠実、真面目にコツコツと仕上げたスタンダードなブレンド缶コーヒーといった趣ですね~^^。それぞれ風味を取り上げれば、一気にグッとつかまれる様な深い味わいがあるわけでは無く平凡に思えるし、非常にサラッと、全体にあまりにも何てことない雰囲気で、実際飲み終わっても、ココが凄かったとか感動したとかは正直ないんですよ。でも、ほぼ理想的なバランスと、何て言うかセンスの良さなのかな~?、実際のところは判りませんが、普通の原材料でも特別な製法でなくても、これだけのものに仕上げることが出来る!と言う良い見本のように思えました^^。慌ててわざわざ買いだめしに行くまででは無いんだけど、無くなってしまったら非常に困る・・・。あの~、健在なうちは当たり前、失って初めて分かる故郷や親のありがたさ、そんな言葉がぼんやりと頭に浮かんでます^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、乳化剤
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
木村飲料ぶらっくコーヒー

ぶらっくコーヒー

KIMURA
BLACK COFFEE
Time for change your mind with this coffee.
コーヒー(無糖)
エネルギー 2kcal
たんぱく質 0.2g
脂質 0g
炭水化物 0.4g
ナトリウム 13mg
糖類 0g
(100g当り)
あの~、いきなりですがごめんなさい。飲む前は、何だか垢抜けない缶のデザインとか、ご当地缶コーヒー的な存在から受けるマイナー感・・・?、正直あまり期待出来ないな~なんて決めつけてました・・・^^;。まだ2種類目なので早計とは思いつつも・・・、このぶらっくコーヒーで確信しました!。木村飲料恐るべし!です。うん?、何だか褒め殺しみたいになっちゃってますね・・・、冷静な話に戻しましょう^^;。え~と、このぶらっくコーヒーも、上記“ぶれんどコーヒー”の様に表向きはやはり何てことのない雰囲気、原材料にも特別なものは感じられないのに、絶妙な味わい深さがあるんですね~。強めの酸味と奥底で支える苦味、微かな渋味、スッキリとしたお水、上手く言えないんだけど、それぞれバラバラに点在しているようで、立体的にまとまっていて奥行きが感じられる、どちらが良いとかでは無く、分かりやすい迫力のある油絵に対して、シンプルながらも広大な世界観を持つ水墨画の魅力って感じかな~?。・・・って、う~、芸術に関して全くの無知・・・、まるで的を射てませんね・・・^^;。ま~、とにもかくにも非凡なセンスを持つ木村飲料、今後要注目の存在になってくれそうです^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
厄除黒だるまコーヒー

厄除 黒だるまコーヒー

竹炭入り ブラック
開運
コーヒー(無糖)
原材料に開運厄除・交通安全の祈願をしていただいております。
開運厄除・交通安全祈願済飲料
エネルギー 2kcal
たんぱく質 0.2g
脂質 0g
炭水化物 0.4g
ナトリウム 13mg
糖類 0g
(100g当り)
栄養成分表示とか原材料を見ると、上の“ぶらっくコーヒー”との違いは炭末色素のみ、他は全く同じようです。“炭焼”ならたくさんありますが、似て非なる竹炭入り・・・、う~ん、何だか不安がよぎりますが^^;、ま~何はともあれいただいてみることにしましょう。え~と、竹炭、と言うか炭の効果でコーヒーに関連しそうなのは、不純物を吸着して閉じ込めると言われる作用かな~?、実際のとこどうかは分からないものの、もしかしてと思われる点がありますね。まず一つは“まろやか”な透明感、スッキリキレ味の透明感といった感じでは無くあくまでまろやか、ブラックコーヒー嫌いの方にもすんなりと受け入れられると思われるクセの無い飲み口がとても印象的。もう一つ、これは逆効果かな~?、特徴的な味わい、苦味とか酸味が感じられないんですよ、確かにコーヒーなんだけど・・・って感じのもどかしさ・・・。う~ん、コーヒーの苦味や酸味ってよく考えるとけっこう微妙な風味ですからね~、不純物として吸着されちゃったのかな~?って気がしました。いや~、間違いなく美味しい部類に入るとは思うんですよ、でも、コーヒーとしてみるとどうかな~?という・・・、う~ん、やはり何だか複雑な心境です・・・^^;。とにもかくにも、新ジャンルとも言えそうな摩訶不思議缶コーヒー、マニアとしては一度は体験しておきたい珍品ですよ。何とか見つけていただき、是か否かは皆さんのご判断に委ねたいと思います^^;。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、炭末色素
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
社長の社長による!社長のための!! ブラックコーヒー

社長の社長による!社長のための!! ブラックコーヒー

KIMURA
BALANCE BLACK COFFEE
新たな毎日を切り開け!
一日は、バランスのとれた珈琲で始まる。
流動資産 決算から1年以内に現金化されるもの
固定資産 現金化されるのが流動資産より後のもの
流動負債 決算から1年以内に支払わなければならない負債
固定負債 現金化されるのが流動負債よりも後の負債
資本の部
コーヒー(無糖)
365日考える社長推薦 バランス珈琲
毎日の始まりは、全てのバランスによって成り立ってるのであ~る。
エネルギー 2kcal
たんぱく質 0.2g
脂質 0g
炭水化物 0.4g
ナトリウム 13mg
糖類 0g
(100g当り)
何だか、凄く頑張ってますね~と言うのが第一印象、思わず笑みがこぼれます^^;。・・・それはともかく肝心の中味はと言うとですね、え~と、強めの酸味と奥底で支える苦味、微かな渋味、スッキリとしたお水・・・、あれ?、何処かで同じ事書いたような・・・?。残念ながら持ち合わせてないので比較は出来ないんだけど、上記"ぶらっくコーヒー”と非常に印象が重なりますね~。絶対にとは断言しませんが、栄養成分表示、もしくは、申し訳ないんですがメーカーさんの規模等々から考えるに、少なくともそんなに大差はないんじゃないかな~?って思うんですが、実際はどうなんでしょうね~。もし飲み比べたことがあるよ~!と言う方がいらっしゃいましたら、こっそりと教えて下さい^^;。
ちなみに発見場所は下記"社長の社長による!社長のための!! ブレンドコーヒー”と共に中央道石川PA内の売店。どの程度のエリアで販売されているのかは分かりませんが、少なくとも今までより、これを機に、隠れた逸品からより多くの方々に知られる存在になってくれると良いな~って願ってます^^。
名称 / コーヒー
原材料名 / コーヒー
内容量 / 190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
社長の社長による!社長のための!! ブレンドコーヒー

社長の社長による!社長のための!! ブレンドコーヒー

KIMURA
BALANCE BLEND COFFEE
新たな毎日を切り開け!
一日は、バランスのとれた珈琲で始まる。
流動資産 決算から1年以内に現金化されるもの
固定資産 現金化されるのが流動資産より後のもの
流動負債 決算から1年以内に支払わなければならない負債
固定負債 現金化されるのが流動負債よりも後の負債
資本の部
コーヒー(無香料)
365日考える社長推薦 バランス珈琲
毎日の始まりは、全てのバランスによって成り立ってるのであ~る。
エネルギー 29kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.3g
炭水化物 5.9g
ナトリウム 28mg
(100g当り)
上記"社長の社長による!社長のための!! ブラックコーヒー”から推測するに、こちらは"ぶれんどコーヒー”と同じかな?。ま~、何はともあれいただいてみることにしましょう。あ~、これはちょっと・・・、いやかなり違うかな~?。あの~・・・、これだけ、もっと言うとこのロットだけの問題だとは思うんだけど・・・、感じたことを素直に言っちゃうと、石鹸?、もしくはろう?、とにかく何とも違和感のある味が本当に微かなんだけど全編に漂っ・・・、いやいや、これは明らかにおかしい!!、どう考えても狙ったものでは無いよ・・・。う~ん、基本は相変わらず良さそうだし、なんかの間違いだと思いたいので・・・、ちょっと経ってからまた買ってきて試飲し直したいと思います・・・。 名称 / コーヒー
原材料名 / コーヒー、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、乳化剤
内容量 / 190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
SOYMILK & COFFEE

SOYMILK & COFFEE

KIMURA
コーヒー入り清涼飲料
乳製品不使用!豆乳入り
国産
当商品は乳製品を使わず大豆を原料とした「豆乳」を使用しております。豆乳独特のクセを抑えて飲みやすく仕上げました。
スチール
あきかんはリサイクル
(100g当り)
エネルギー 36kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.3g
炭水化物 7.5g
ナトリウム 37mg
豆乳と聞くと、主にJRの駅で見掛けるポッカサッポロのSOYINGシリーズとか、MOAの隠れた名作、その名もずばりコーヒー入り豆乳、またコカコーラのGEORGIA 驚きのZEROでら珈琲とかを思い浮かべますが・・・。申し訳ございません、全てを用意する分けにもいかず・・・、衰えつつある記憶と必死に闘いながら、それらを思い出しつつの試飲とさせていただきます^^;。え〜とですね、微かな粉っぽさ、黄粉っぽさがあって豆乳の存在を無理矢・・・なんとか思い出せる程度、コーヒー感も申し訳程度以上に希薄で、最早、プリンの底にあるアレを飲みやすく薄めたカラメルシロップ飲料と言って過言じゃなく、前記の豆乳入り商品群とは全く以て一線を画すものだと思います。ただですね、缶コーヒーマニアではなく一飲料ファンとして、そのコーヒー云々を完全に外しカラメルシロップ飲料と考えるなら、甘さしっかりなのにサラッと飲みやすいと言う、なかなかどうしてかなりいけるものではありまして、正直何とまとめたらいいのやら困ったり・・・、はい。でもこれだけは・・・、大量にいただいたSOYMILK & COFFEE群を眺めても、不思議とぼんやり空を眺めるような事はなかったんですよ・・・、はい?、本当ですって、ええ、余裕で消化できますって、それは・・・^^;。と言う事で逃げるように・・・、通販で取り寄せてくれた○○ちゃん、またまたの超レア品!、本当にありがとうございました、そして、これからもよろしくお願いいたします^^。追伸:飲み終わった後1時間後のご報告。いまだ舌に残る甘さと満腹感からいって、現状の全飲料を見回しても非常に珍しい、相当ドスンとした甘みを含むものであるのは間違いなさそうですよ!!。そしてこれは、現在肩身の狭い思いをされていらっしゃるであろうある層にとって、かなりの朗報のような気がしてます^^。(登録日 2013年12月9日) 名称 : コーヒー入り清涼飲料
原材料名 : 豆乳、砂糖、コーヒー、カラメルソース、食塩、香料、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量 :280g
JANコード:4 972842 308018
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ

関連ページ

  • お探しの缶コーヒーはありましたか?。まだであれば、下記検索エンジンにて検索してみて下さい。缶コーヒーマニア内(ナナヒメドットネット内)のみ検索することが出来ます。
缶コーヒーマニア広告

スポンサーリンク

アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?

項目は3つ!。皆様の今までの人生において支持出来る缶コーヒーメーカーと、今年支持できる缶コーヒーメーカー、またはる缶コーヒー(単品)(単品部門は今年年10月頃から)です。それでは開幕いたしま~す!!。お気軽に、またふるってご投票ください^^。

2011年版の結果はこちら(メーカー部門単品部門

2010年版の結果はこちら!!

2009年版の結果はこちら!!

2008年版の結果はこちら!!

1・人生において支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

2・今年支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

3・今年支持できる缶コーヒー(単品)

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

ご投票ありがとうございました。

今年最高の缶コーヒーメーカーと缶コーヒーを決めるのはあなたです!!。

缶コーヒーマニア下部広告

スポンサーリンク2

coffee_logo

 
QLOOKアクセス解析