トップ>缶コーヒーマニア トップ>アサヒ飲料株式会社 NO.8

缶コーヒーマニア  アサヒ飲料株式会社 NO.8

スマートフォンもしくは幅の狭いブラウザ用メニューはこちら

東京都墨田区吾妻橋一丁目23番1号

http://www.asahiinryo.co.jp/

※携帯電話でご覧の方は"モバイル版缶コーヒーマニアアサヒ飲料"をどうぞご利用下さい。

8ページ目です。

アサヒ飲料缶コーヒーについて、全体の印象なんかをブログ" 週刊?缶コーヒーマニア通信 "にも書いています。

ただ今缶コーヒーマニア内にて、”アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”開催中です。当ページ下部からも投票出来ますので、皆さんふるってご投票ください。

“アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”、メーカー部門(“あたしにも、オレにも言わせろ!。やっぱり、今年はこの缶コーヒーメーカーが最高でしょ!”)の各年最終結果です。
国民投票第4位 国民投票第15位 国民投票第13位 国民投票第4位 国民投票第2位 国民投票第1位 国民投票第4位 国民投票第7位 国民投票第16位
2016年
625票 / 14.9%
2015年
6票 / 0.1%
2014年
108票 / 1.5%
2013年
324票 / 7.1%
2012年
502票 / 7.6%
2011年
536票 / 8.2%
2010年
381票 / 4.6%
2009年
145票 / 4.4%
2008年
9票 / 0.6%
WONDA ロイヤルリッチ 2015年12月

excellent

WONDA ロイヤルリッチ

大人の午後の贅沢時間
エスプレッソミルク
WONDERFUL COFFEE
Premium Coffee
種類別 乳飲料
ROYAL RICH
Asahi
高級豆ブレンド※のプレミアムエスプレッソとミルクをかけ合わせた濃厚な味わい。
※高級豆55%使用
スチール
あきかんはリサイクル
ワンダHP http://wonda.jp
国産
(100g当り)
エネルギー 46kcal
たんぱく質 0.8〜1.4g
脂質 0.9〜1.4g
炭水化物 7.8g
ナトリウム 34mg
2016年の一本目は今作かなと予想していたのですが・・・、幸か不幸か通りすがりの自販機にて燦然と輝いていて、まるで明かりに引き寄せられる虫のように入手してまいりました^^;。それでは早速、むしろ2015年の〆となりそうな今作を試飲させていただきます!!。わわわ、これはどうしたものか・・・。個人的には・・・、いや、国民投票をみるに、・・・現在わずか6票・・・、缶コーヒー好きの方々の間では結局一時も上がることなく低迷し続けたことを吹き飛ばすかのような、いや、むしろ幻だったのではないかとさえ思えてしまう傑作がここに来てしまって・・・^^;。本当に近年、いや、分かっていただける方にはピンときていただけるでしょう、缶コーヒー史に残る傑作中の傑作、初恋ブレイクの再来がこの暮れも押し迫った今きてしまったわけなんですよ!!。いやもう、なにが困ったって、最も単純な言い方をしても2015年の優勝者、チャンピオンなんですよ!?。いや本当に、2015年の極私的ベストテンの1位確定なんですが、果たしてそれで良いのかと・・・。次こそは次こそはと辛酸をなめさせられ続けた日々が走馬燈のように流れたりとか、年間を通して盛り上げ続けてくれた他社さんに対しての複雑すぎる感情とか、そもそも、どうせまたと、無意識のうちに限りなく低く設定していたハードルのせいではないかとか・・・。曲がりなりにも大勢の缶コーヒー好きの方々にご訪問いただいている拙サイトにて、そんなあまりにもいい加減かつ軽率な行動をとって良いものなのかと・・・。ちょっとここで頭を冷やすべくもう一本買いに行ってきます・・・。時は過ぎ翌29日再開・・・。数本じっくり味わいながら一晩逡巡した結果、単なる睡眠不足故かもしれない懸念はほんのわずかに残しつつ・・・、良いでしょうと!!、自分の気持ちに嘘をつくのは良くないと言う結論に至りました^^。たっぷり突出した豊かさを内に秘めながらも口当たりはあくまでも優しいミルク感を問答無用の主役に配し、同じくこれまた豊富でありながらクドさのかけらもない甘みと、今作を単なる甘いミルクに終わらせない頼もしさ満点のコーヒー感によって脇を盤石に固める!!。いやいやしかし本当に美味しいものはシンプルな結論に至るものですね、もう美味しいの一言です!!。以下、人によっては聴くに堪えない長文を続けますので、お時間のない方、また、思い当たる節のある方はどうか読み飛ばしてください・・・。いやですね、二言目には人工甘味料入り微糖を繰り返してきた今年のアサヒ飲料から出てきたことに意義や意味があると思うんです。勝手な妄想ですが、ものすごく戦っている中の人がいらっしゃるのではと言う思いが・・・、翻っておまえは日和見決め込んでいて良いのかと・・・。たかだか缶コーヒー一本分の糖分に対してはやたらうるさい、ほかにもっと気にすることはあるんじゃないって人たち、微糖なのに甘いとかわけのわからない戯言を繰り返す人たち、または、美味しさ以外の項目にばかり目を向ける人たち・・・。あらためて声を大にして言いたい!!、そんな人たちのせいで、缶コーヒーがどんどん不味くなり、勢い若い方々にもそっぽを向かれる悪循環は見るに堪えないし、なによりまっぴらごめんなんです!!。まあ、さぞかし売れるんでしょうね、そこばかりに特化し続けているように見えるアサヒ飲料の中にも、本当に美味しい缶コーヒーを作りたいんだと言う志のある方がいらっしゃるんだと本当に目頭が熱くなりましたよ!!。本当に甘くてなにが悪い!!、甘いは旨いでしょうが!!。そしてなにより、あなたのその突き出たお腹は缶コーヒーのせいじゃないでしょうが!!、本当に、黙っててくれます?。ふう・・・、これでまた罵詈雑言を浴びる日々が続くんだろうな・・・、まあおかげさまで慣れましたけどね^^;。(登録日 2015年12月29日) 種類別名称:乳飲料
商品名:ROYAL RICH(ロイヤルリッチ)
無脂乳固形分:2.1%
乳脂肪分:0.9%
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、セルロース
内容量:185g
JANコード:4 514603 324310
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA モーニングショット 2016年4月

WONDA モーニングショット

THE START OF A GREAT DAY
WONDERFUL COFFEE
Morning Shot
スッと飲めて、キリッと苦味。
Morning Shot:100% Fresh Arabica beans make a unique flavor.
Asahi 朝専用【コーヒー】
“焼きたて・挽きたて・淹れたて”の目覚めるおいしさ。毎朝のスタートにふさわしい朝専用缶コーヒーです。
スチール
あきかんはリサイクル
国産
ワンダHP http://wonda.jp
(100g当り)
エネルギー 35kcal
たんぱく質 0.5〜0.9g
脂質 0.3〜0.6g
炭水化物 6.8g
ナトリウム 40mg
自販機にて発見。早速、準備万端用意しておいた前作と飲み比べてみようと思います。基本的味わいは同じ前提で、若干コーヒー感が後退し、全体の調和感が増したような気が飲み比べ始めこそぼんやりと感じていた気がするのですが・・・。正直に吐露します。結局中盤以降、度々しっかり見比べてみないとどっちがどっちだかわからなくなっていたような状況です。本当に力及ばず・・・、と言うか、安定の役立たずぶりで、なんか、すいません・・・^^;。(登録日 2016年4月2日) 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、デキストリン、カゼインNa、乳化剤、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:185g
JANコード:4 514603 284317
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA モーニングショット デボス缶 2016年4月

WONDA モーニングショット デボス缶

THE START OF A GREAT DAY
WONDERFUL COFFEE
Morning Shot
スッと飲めて、キリッと苦味。
Morning Shot:100% Fresh Arabica beans make a unique flavor.
Asahi 朝専用【コーヒー】
“焼きたて・挽きたて・淹れたて”の目覚めるおいしさ。毎朝のスタートにふさわしい朝専用缶コーヒーです。
スチール
あきかんはリサイクル
国産
ワンダHP http://wonda.jp
(100g当り)
エネルギー 35kcal
たんぱく質 0.5〜0.9g
脂質 0.3〜0.6g
炭水化物 6.8g
ナトリウム 40mg
上記との違いは、正面上部「WONDA」の文字がデボス加工されているところです。おそらく上記が自販機用、こちらがコンビニ等店頭販売用?かと推測します。中味については、一応上記と飲み比べてみましたが、寸分違わず同じでしたので、あらためての感想は割愛させていただきます。(登録日 2016年4月3日) 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、デキストリン、カゼインNa、乳化剤、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:185g
JANコード:4 514603 284317
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 極 微糖 2016年4月

WONDA 極 微糖

再栓時は漏れないよう、しっかりお閉めください。この商品は加温器販売が出来ます。
WONDERFUL COFFEE
振らずに傾けないでお開けください。
開閉時の液だれや、キャップ切り口でのけがにご注意ください。
老舗の情熱“深煎りの極み”
KIWAMI
Coffee supervised by a long-established coffee shop.
モカブレンド
創業 昭和九年
丸福珈琲店
監修
Asahi コーヒー
ワンダHP http://wonda.jp
アルミ
あきかんはリサイクル
HOT & COLD この商品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
国産
長年の研究でたどり着いた焙煎法「深煎りの極み」により実現した、コク深いながらも飲みやすい味わい。創業80年を超える老舗「丸福珈琲店」監修のコーヒーです。
・加温時はヤケドにご注意ください。
(100g当り)
エネルギー 18kcal
たんぱく質 0.4〜0.8g
脂質 0g
炭水化物 2.9g
ナトリウム 39mg
糖類 2.2g
骨太なコーヒー感、自然なミルク感と甘み、全てが見事に調和するとてもしっかりした味わいながら飲みやすさも併せ持つ、上質な心地良さ。「極」だとか「丸福珈琲店」とか、ある種の「箔付け」に全くもって負けていない中味がなによりも素晴らしく印象的です!!。・・・はいはい、わかってますって、あいつでしょ?。そう、これがね・・・、「微糖」や「甘味料」の文言が書かれていなければ、まんまと騙される自信がありますよ、少なくとも飲んでいる最中は!!。ただ、その度栓をせずに放置をすると様子は一変、そのマイナス面があからさまかつ加速度的に幅を利かせ始める点に関しては、極太のアンダーラインを引いておかないといけないと思います。でも、はっきり言って、そんな事は重箱の隅でしょう。この容量ながら一気に飲ませてしまう力があるし、なによりこまめに閉めれば良いんですから。と言うことで、自らかなりの大声をもってのたまわっておきながら耳が痛いですが・・・。うるさ型に「またかよ・・・」とか言われながらも、黙々と信じた道を邁進し、ついにここに辿り着いたのだと想像するとなんかね、色々と感慨深いものがありますよ^^;。追伸:と、1秒でも早く缶コーヒーマニアの方々へこの興奮をお伝えしたい気持ちをグッと堪え、懸念材料があるとすればと待ってみたお腹の具合も全く問題なし!!。これはもう全面的に白旗を掲げるしかなさそうです^^。美味しかった!!。(登録日 2016年4月6日) 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、牛乳、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:370g
JANコード:4 514603 329612
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA アイスマウンテン 2016年4月

WONDA アイスマウンテン

氷点下仕立て
キリマンジャロブレンド
WONDERFUL COFFEE
甘さすっきり
Asahi コーヒー
「白く輝く山」を意味する、キリマンジャロのコーヒー豆をブレンド。
焙煎直後のコーヒー豆を氷点下で冷却することで、コーヒー本来の豊かな香りを閉じ込めました。
スチール
あきかんはリサイクル
国産
(100g当り)
エネルギー 22kcal
たんぱく質 0.3〜0.6g
脂質 0.3〜0.8g
炭水化物 3.7g
ナトリウム 38mg
あれは結構前のこと、あわよくばと安売自販機にて買った前作と飲み比べてみました。ニュースリリースから受けた印象、また、原材料、栄養成分表示を確認した直後の予想通り、中味に関しての変更はほぼないように思います。客観的結論を先に申し上げておくと、約1年経った今でも、この最大公約数的味わいはは最も求められているものであり、実際現状の缶コーヒー界においてど真ん中に位置する大スタンダード品と言う定位置にすんなりと収まるのでしょう。そんな現状を受け入れるのはやぶさかではなく、まったく否定するつもりはありません。むしろ、缶コーヒー全体のパイが増えるのなら、じゃんじゃん出してくださいとさえ思う今日この頃。・・・でも、極私的感情はかなり違いまして・・・、これと言って具体的な文句はないんだけど、「やっぱりなんか嫌い」と言う結論に達するわけなんです。そう、おかしいのは重々承知です、丸福珈琲店が良くて今作がダメと言う点に対する論理的説明はできないんですから・・・。ああ・・・、これはまた、ダブルスタンダードだろとか、なにより、お前の感想を人目につくところに書くなとかの猛烈なお叱りを受けるんだろうな・・・。辛いけど、率直な感想だからしょうがないね・・・。最後に余談ですが・・・、あれ?、そう言えば世界旅行は止めたのかな^^;。(登録日 2016年4月20日) 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、クリーム、カゼインNa、乳化剤、香料、甘味料(アセスルファムK)
内容量:185g
JANコード:4 514603 310511
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 金の微糖 165g缶 2016年5月

WONDA 金の微糖 165g缶

“輝くおいしさ”
PREMIUM BEANS
WONDERFUL COFFEE
GOLD
GOLD Is A Premium Coffee With A Radiant-like Beauty Perfected With Premium Beans.
ブラジル最高等級高級豆ブレンド
Asahi コーヒー
※高級豆ブラジルNo.2を51%使用
GOLD
豊潤なコクと香り高いゴールデンアロマ
スチール
あきかんはリサイクル
国産
(100g当り)
エネルギー 19kcal
たんぱく質 0.4〜0.8g
脂質 0.3〜0.8g
炭水化物 2.2~3.8g
ナトリウム 40mg
糖類 2.3g
下記ゴールドブラックとともにその存在を知ってはいたものの見付けられず、あきらめかけていたところ、またまたつばめ92号さんからついに飲む機会をいただきましたよ!!。本当に、いつもありがとうございます!!。それでは早速、通常缶と飲み比べてみましょう。当然のごとくと言いますか、中味は紛う方なき現在の金の微糖なんですが・・・。なんかあらためて良くできているなと、人工甘味料入り微糖缶コーヒーと言う一大ジャンルの中で、一つの到達点に達していることは間違いないと思います。そうか、そんな最大派閥の中で名実ともに実績を積んできた今作は、最早業界最高峰に位置する缶コーヒーと言うことになるわけですよね・・・。良いんです、良いんです。そこで得られた収益のおかげで、人気のないジャンルが支えられているんだと思えば、全然・・・^^;。(登録日 2016年5月8日) 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:165g
JANコード:4 514603 295115
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA ゴールドブラック 165g缶 2015年9月

WONDA ゴールドブラック 165g缶

PREMIUM BEANS
WONDERFUL COFFEE
GOLD
BLACK
“高級豆100%”
Asahi コーヒー/無糖・ブラック
“豊潤な香り、輝くおいしさ”
GOLD Is A Premium Coffee With A Radiant-like Beauty Perfected With Premium Beans.
ワンダHP http://wonda.jp
スチール
あきかんはリサイクル
国産
(100g当り)
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.4~0.8g
ナトリウム 9~19mg
糖類 0g
続いてゴールドブラックも通常缶と飲み比べ。「金の無糖」としてデビューし、偉大なる「金の微糖」とセットであわよくばと・・・、すいません、独り立ち模索中?の今作ですが^^;。あれ?、165g缶の方が、荒々しさ、濃厚さともに明らかに上のように感じますよ。味の傾向としては同一線上にあるので違和感はないものの、実際のモデルチェンジではほとんど変わらなかったのにここで?って部分にむしろ違和感を覚えたりはしました^^;。まあ、おそらく、たまたまこの2本がバラツキの両極だっただけとは思うので追求はいたしませんが・・・^^。(登録日 2016年5月8日) 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、香料
内容量:165g
JANコード:4 514603 319019
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 極 ブラック 2016年5月

WONDA 極 ブラック

WONDERFUL COFFEE
振らずに傾けないでお開けください。
再栓時は漏れないよう、しっかりお閉めください。
開閉時の液だれや、キャップ切り口でのけがにご注意ください。
老舗の情熱“深煎りの極み”
KIWAMI
BLACK
Coffee supervised by a long-established coffee shop.
モカブレンド
創業 昭和九年
丸福珈琲店
監修
Asahi コーヒー/無糖・ブラック
ワンダHP http://wonda.jp
アルミ
あきかんはリサイクル
HOT & COLD この商品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
国産
長年の研究でたどり着いた焙煎法「深煎りの極み」により実現した、コク深いながらも飲みやすい味わい。創業80年を超える老舗「丸福珈琲店」監修のコーヒーです。
・加温時はヤケドにご注意ください。
(100g当り)
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.4~0.8g
ナトリウム 10~20mg
糖類 0g
ある意味、丸福珈琲店とのコラボの真価が問われるブラック。先行した微糖から結構な間を空け、満を持しての登場と相成りました。それでは、若干の緊張感を覚えつつ始めましょう。うわわわ、これは困りましたよ・・・。まあ、でも、受け取ってしまったんだからしかたがない・・・。なるべくオブラートに包んで申し上げますが、これって・・・、そう、言葉を選べよ・・・、少なくとも目指す方向性は、現在水素水で世間を騒がせているあのメーカーのボトル缶コーヒーでしょう。いやもう端的に言ってしまうと、もう端々から、WONDA版のアレが欲しかったんだと言う熱意やら欲望やらが止め処なく溢れでてしまっているようにしか見えないんです、残念ながら・・・。ただ、その中においては、さすが二番煎・・・、いや後発と言うべきか、微妙にトゲを丸めて、わずかながら飲みやすくしていたりして、なんらか差別化を図ろうと苦心したあとは見てとれたりもします。でもね・・・、しかしこの、あくまでも缶コーヒーの文法の中で完結していて「ならでは」が見えない今作に対してコラボ先はどう思っているのかな?、素朴に聞いてみたい・・・。なんか、力関係云々が垣間見えるようでどうも・・・、この辺で止めとこう。(登録日 2016年5月11日) 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、香料、乳化剤
内容量:400g
JANコード:4 514603 329513
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA ザ・シンプル 2016年5月

WONDA ザ・シンプル

WONDERFUL COFFEE
THE SIMPLE
【コーヒー】 1種類の豆だけ
【ミルク】 牛乳だけ
【砂糖】 少なめの砂糖だけ
糖類34%カット※
微糖
人工甘味料不使用
Asahi コーヒー
キリマンジャロ100%のコーヒーと牛乳、少なめの砂糖でシンプルに仕立てた、素材のおいしさを味わう微糖缶コーヒーです。
※コーヒー飲料等通常品の糖類含有量 7.5g/100ml と比較
ワンダHP http://wonda.jp
スチール
あきかんはリサイクル
国産
(100g当り)
エネルギー 30kcal
たんぱく質 0.4~0.8g
脂質 0.4~0.9g
炭水化物 5.2g
ナトリウム 41mg
糖類 4.8g
名は体を表すを地でいくような味わい。もっと奥に進んで言うと、缶コーヒーだけに限らず、いかに刺激的な諸々に慣らされてしまっているかに、ハッと気付かされる1本。正直私も飲み始めは、なんかモヤモヤと雲を掴むような味わいで、悪くはないんだけど、もう一つフックが欲しいとこだよねなんてぼんやりと思ってました。・・・いや、もっと正直に告白いたします、実は、一昨日向き合った際、飲み進めど飲み進めど、終ぞ結局一文字も感想が浮かばずで、本日3本追加購入したうちのこれが3本目のチャレンジと相成っている次第なのです・・・^^;。と言うことで・・・、それでもまだまだ朧気ながら、なんとなく指の先が微か触れたような気がする感想を書いてみようと思います。どの業界でも多く見られる昨今の風潮と言えるのかな?、直ぐに結果を出さないといけない、長い目で見てなんて最早死語、なにがなんでも最短距離で辿り着けと始終追い回されている感じと言うか・・・。食品業界で言うと、辛いだ甘いだ酸っぱいだ、なんなら不味いでも良い、とにかく一発で掴むことができないものは存在価値がないようにされかねない中、その真逆をいく今作の投入は無謀過ぎるも大英断だと思うんです!!。今作の、缶コーヒーではなくなってしまう極限ぎりぎりまで主張をなくした佇まいの意図するところは、おそらく日々飲むものとして飽きずに付き合える、缶コーヒーとは、そんな身近で何気ないけどもなくてはならない存在であるべきではと言う考えに立ち返ったものだと思うんですね。当然、「ハレ」の味わいがあってもいいでしょう、でも、本来より大事な「ケ」の味わいを誰もやりたがらないと言う、水面下でジワジワ進む深刻な事態にいち早く気付き、楔を打ち込むべく果敢に立ち向かってくれたのではないかと言う思いに・・・、いくらか妄想膨らませすぎかと危惧するものの・・・、至るわけなんです。意地悪な見方をしてしまうと、自らジャンルを開拓して拡げるのが上手いと言う社風?からの、狙い澄ました新たな刺客ととれなくもないけど・・・。でも、それでもいい、そんなのはどうでもいいんです、たとえ結果としてでも意義深い行動によっと生み出された今作に全力で乗っかっていきたいと思います!!。(登録日 2016年5月12日) 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、カゼインNa、乳化剤、香料
内容量:185g
JANコード:4 514603 331417
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 青空の一服 微糖 2016年5月

WONDA 青空の一服 微糖

薫り華やか、後味すっきり。
WONDERFUL COFFEE
Refreshing coffee with which to enjoy the feeling of a satisfying drink under a blue sky
Asahi コーヒー
まるで青空の下で飲むような、薫り華やかですっきりとした後味のコーヒーです。心地よいリフレッシュ感をお楽しみください。
ワンダHP http://wonda.jp
スチール
あきかんはリサイクル
国産
(100g当り)
エネルギー 16kcal
たんぱく質 0.4~0.6g
脂質 0g
炭水化物 2.6g
ナトリウム 39mg
糖類 2.1g
いけないとは自覚しつつ、あの直後故、今一つ二つ三つテンションの低い今回・・・。しかたない、いきましょうか・・・。あらら・・・!?、先ず始めに結論を申し上げておくと、勝手なジャンルわけながら、違和感をなくす方向の人工甘味料入り微糖缶コーヒーの中においては余裕で最上位クラスの一角に鎮座。その他を含めた全缶コーヒの中においてもかなり、軽く見積もっても上位5分の1には入る秀作だと思います。まるでデジャビュ、一昔前のボスのような・・・、ニュースリリース、またはパッケージや能書きから読み取れるコンセプトをきっちりと落とし込んだ味わいは見事でして、これなら日常的に付き合ってもいいなと、なんの意図も含めずに思わせてくれました。ただ・・・、ただ、メーカー自ら「後味にコーヒー本来の余韻を感じて頂く」には不要なのにもかかわらず、「余計な手を加え」ていたんだと公式に認めた後ですからね、それは、実際受け取った印象も含めた今作の諸々を、額面通りに受け入れるわけにはいかないでしょう、どうしたって・・・。でも、まあ、元々否定派にとっては儲けものってことでまったく問題ないのですよ、むしろ心配なのは肯定派の方々・・・。そう、結果として、おそらく現在の缶コーヒー界を支えてくださっている多数派の方々に対しては、やはり相当あってはならない失言だったのではと言わざるを得ず・・・。我々少数派にとってはまさに我が意を得たりで、積年の溜飲を大いに下げさせていただいたわけですけれど、どうにも手放しで喜ぶ気分にはなれません。好きな相手からの全否定と言うまさかの仕打ち・・・、心中お察しいたします・・・。(登録日 2016年5月17日) 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、デキストリン、カゼインNa、香料、乳化剤、甘味料(アセスルファムK、ステビア)
内容量:185g
JANコード:4 514603 330618
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ

関連ページ

  • お探しの缶コーヒーはありましたか?。まだであれば、下記検索エンジンにて検索してみて下さい。缶コーヒーマニア内(ナナヒメドットネット内)のみ検索することが出来ます。
缶コーヒーマニア広告

スポンサーリンク

アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?

項目は3つ!。皆様の今までの人生において支持出来る缶コーヒーメーカーと、今年支持できる缶コーヒーメーカー、またはる缶コーヒー(単品)(単品部門は今年年10月頃から)です。それでは開幕いたしま~す!!。お気軽に、またふるってご投票ください^^。

2011年版の結果はこちら(メーカー部門単品部門

2010年版の結果はこちら!!

2009年版の結果はこちら!!

2008年版の結果はこちら!!

1・人生において支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

2・今年支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

3・今年支持できる缶コーヒー(単品)

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

ご投票ありがとうございました。

今年最高の缶コーヒーメーカーと缶コーヒーを決めるのはあなたです!!。

缶コーヒーマニア アサヒ飲料株式会社  /  /  /  /  /  /  /  /  /  / 10 / 11 / 12 / 13

PAGE TOP

缶コーヒーマニアTOP

缶コーヒーマニア下部広告

スポンサーリンク2

coffee_logo

 
QLOOKアクセス解析