トップ>缶コーヒーマニア トップ>アシードブリュー株式会社

缶コーヒーマニア アシードブリュー株式会社

スマートフォンもしくは幅の狭いブラウザ用メニューはこちら

広島県福山市箕島町5725-1

http://www.aseed-net.co.jp/aseed/index.htm

※携帯電話でご覧の方は"モバイル版缶コーヒーマニアアシードブリュー"をどうぞご利用下さい。

記念すべき、缶コーヒーマニア登録100社目は広島県のアシードブリュー株式会社!!!。ゴールデンウィークに紀伊半島方面へ家族旅行へ出掛けた、お馴染み○○ちゃんからのお土産です^^。発見場所は三重県内のとある自動販売機とのことで、詳しい場所は残念ながら失念してしまったそうです。

ホームページを見てみると、全国にわたって自動販売機を展開されている会社さんの様で、缶コーヒーはプライベートブランド品、及び各社の商品を取り扱っているようですね。そう言えば“ASEED”って書かれた自販機をどこか近場で見たような気がするんだけど・・・、残念ながら思い出せませんね~。おそらく、見慣れたメーカーのものが入っていたため覚えていないんだと思います^^;。

と言う事で、もし関東地方でこちらのプライベートブランド品が入った自販機を御存じの方がいらっしゃいましたら、是非是非場所をお教えください^^。

ただ今缶コーヒーマニア内にて、”アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”開催中です。当ページ下部からも投票出来ますので、皆さんふるってご投票ください。

“アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”、メーカー部門(“あたしにも、オレにも言わせろ!。やっぱり、今年はこの缶コーヒーメーカーが最高でしょ!”)の各年最終結果です。
国民投票第7位 国民投票第22位 国民投票第20位 国民投票第33位        
2016年
2015年
365票 / 5.4%
2014年
9票 / 0.1%
2013年
65票 / 1.4%
2012年
4票 / 0.1%
2011年
2010年
2009年
2008年
ASEED ex COFFEE コロンビアブレンド

ex COFFEE コロンビアブレンド

ASEED
EXTRA SELECTION
香り高く風味豊か
カロリーコントロール糖類48%カット
※コーヒー飲料等通常品(7.5g/100ml)に比べ、糖類を48%カットしました。日本コーヒー飲料協会が、コーヒー飲料等通常品(砂糖、乳製品等入りの普通のコーヒー飲料など)における糖類含有量の平均値から策定した業界標準値
(100gあたり)
エネルギー 18kcal
たんぱく質 0.2g
脂質 0.2g
炭水化物 3.9g
ナトリウム 45mg
糖類 3.9g
所謂甘味料入り微糖缶コーヒーで、飲む前は正直全く期待が持てなかったんだけど・・・、それが逆に功を奏したのか、思いの外悪くなかったです^^。ま~言ってしまえば、飛び抜けて素晴しいと言う部分も極端に嫌な部分も無く・・・、甘味料の違和感の無さも含めて、ひたすら平板でコレといった特徴を感じられず、印象という印象は持ちにくい仕上がりなんだけどね。かえって毎日の習慣のように、もしくはクセのように飲むブレンド缶コーヒーとしては、飽きずに飲み続けられて良いのかもしれません、お腹も緩くならないしね^^;。 品名:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、乳製品、脱脂粉乳、乳化剤、甘味料(アセスルファムK)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ASEED EX COFFEE ブラック

ex COFFEE ブラック

ASEED
EXTRA SELECTION
無糖本格派
カロリーコントロール糖類0(ゼロ)
(100gあたり)
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0~1.0g
ナトリウム 25mg
糖類 0g
え~と、強めの酸味と控えめな苦味また深めのコク・・・、がありそうな雰囲気が全体からプンプンと漂うんだけど、実際はそれほどでも無い・・・。それでも、物足りなさとか、当然不味さも無く・・・、ひじょ~に感想を書きにくい、ある意味困ってしまう存在^^;。う~ん、何て言うのかな~?、上手く言えないんだけど、ココでもう一歩、いやもう半歩でもグッと来てくれたら良いのに~って、終始“おあずけ”させられているような感覚が続くのがこの缶コーヒーの・・・、さらには、まだ2本目でなんですが、ここの缶コーヒーの個性というか特徴なのかもしれません。 品名:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ASEED EX COFFEE シティブレンド

ex COFFEE シティブレンド

ASEED
EXTRA SELECTION
コクと香りの正統派
カロリーコントロール糖類49%カット
※コーヒー飲料等通常品(7.5g/100ml)に比べ、糖類を49%カットしました。日本コーヒー飲料協会が、コーヒー飲料等通常品(砂糖、乳製品等入りの普通のコーヒー飲料など)における糖類含有量の平均値から策定した業界標準値
(100gあたり)
エネルギー 18kcal
たんぱく質 0.3g
脂質 0.3g
炭水化物 3.8g
ナトリウム 61mg
糖類 3.8g
と言う事で、何ともモヤモヤとした気分で飲み始めた3本目ですが・・・、うん?、上記2本の特徴の無さが功を奏したのかな、この手のブレンド缶コーヒーとしては強めのミルク感と、甘味料らしさ満点の強い甘みとの組み合わせに強烈な個性を感じることが出来ました^^;。・・・ま~、相変わらず缶“コーヒー”として印象に残りにくいと言う、ある意味致命的な部分はあるんですけどね~・・・。でも、良いです。この独特に感じられた風味で、今後も極めて入手が難しそうな“アシードブリュー株式会社”を覚えていられることが出来そうですからね・・・^^;。 品名:コーヒー
原材料名:コーヒー、乳製品、砂糖、ぶどう糖、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ex COFFEE カフェオレ

ex COFFEE カフェオレ

ASEED
EXTRA SELECTION
ミルクたっぷり
カロリーコントロール糖類64%カット
※コーヒー飲料等通常品(7.5g/100ml)に比べ、糖類を64%カットしました。日本コーヒー飲料協会が、コーヒー飲料等通常品(砂糖、乳製品等入りの普通のコーヒー飲料など)における糖類含有量の平均値から策定した業界標準値
(100gあたり)
エネルギー 19kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.7g
炭水化物 2.5g
ナトリウム 23mg
糖類 2.5g
意外にも、東京都内びとある自販機で発見する事が出来ました~!!。それでは、何はともあれ早速いただいてみましょう。う~ん・・・、何て言うか全体に薄いですね~・・・。ミルク感とコーヒー感、また甘味料の違和感さえも、決して水っぽいわけではないんだけど、何だか薄味・・・。あの~、スッキリとゴクゴク飲みたい時なんか結構良いかもって思ったりもしたけど・・・、ま~、糖類カットではない普通のカフェオレの方が良いことは、あえてお話しするまでもございません^^;。 品名:コーヒー飲料
原材料名:乳製品、コーヒー、砂糖、乳加工品、香料、乳化剤、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ex COFFEE 微糖

ex COFFEE 微糖

ASEED
BITO
糖類65%カット
The name of Company shall be ASEED CO.,LTD.The Company shall have its head office in Fukuyama City, Japan Sowing the seed for tomorrow.
EXTRA SELECTION
※コーヒー飲料等通常品(7.5g/100ml)に比べ、糖類を65%カットしました。日本コーヒー飲料協会が、コーヒー飲料等通常品(砂糖、乳製品等入りの普通のコーヒー飲料など)における糖類含有量の平均値から策定した業界標準値
(100gあたり)
エネルギー 18kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.5g
炭水化物 2.7g
ナトリウム 35mg
糖類 2.3g
え〜、改めて“微糖 BITO”とか言われてもね〜、全部そうじゃない・・・^^;。ま〜いいや〜、そろそろ中味へ行ってみましょうね。う〜ん・・・、え〜とですね〜・・・、あの〜・・・、言い難いんだけど・・・、はっきりと申し上げます!!。今や懐かしささえ感じる典型的な甘味料入り微糖缶コーヒー・・・、それ以上でも以下でも無く・・・、感想も何もございません・・・。これぞ微糖!!って言うのがお好きな方にはお勧めいたしますが、それ以外の方々には何一つお勧めするところはございません・・・。ちょっとどうかと思いますよ、これは・・・。 品名:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、乳化剤、甘味料(アセスルファムK)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ex COFFEE ブレンド

ex COFFEE ブレンド

ASEED
挽きたての味わい
BLEND
EXTRA SELECTION
The name of Company shall be ASEED CO.,LTD.The Company shall have its head office in Fukuyama City, Japan Sowing the seed for tomorrow.
(100gあたり)
エネルギー 36kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.5g
炭水化物 7.2g
ナトリウム 32mg
糖類 6.6g
さ〜て、気を取り直してと・・・^^;。甘味料なし!、それだけでも何やら期待できちゃいそうなブレンドへ、サクッと行ってみましょう!!。うん!、予算とか何とか、色々理由はあるんでしょうけどね、やっぱりこれが良いんじゃないんですか〜?。このメーカーさんの歴史は知りませんが・・・、やっぱり、こういう基本的なのがあって、それから微糖でしょ〜・・・!!。ま〜、と言うことでこれがスタートライン、ここからますますのご発展を期待して、今回は終わりとさせていただきます^^;。 品名:コーヒー
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、乳化剤
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ブラック

ブラック

ASEED
BLACK
COFFEE
挽きたての味わい
The name of Company shall be ASEED CO.,LTD.The Company shall have its head office in Fukuyama City, Japan Sowing the seed for tomorrow.
ex
無糖COFFEE
(100gあたり)
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0~1.0g
ナトリウム 25mg
糖類 0g
え~と、こちらからのモデルチェンジって事になるんでしょうかね~。上記ブレンド微糖はだいぶ前から見かけましたが、ここに来てやっとブラックもって感じなのかな~?。ま~、妄想はこのくらいにして、サクッと中味へいってみましょう。あの~、基本的味わいは、ざっくり言っちゃうと雰囲気美人、ほとんど前作?と変わらないかな~って気はするんですけど・・・。う~ん、なんて言うか、全体から見て相対的にランクが上がった感じが凄くしたんですよね・・・。「これから先、缶コーヒーはどうなってしまうのかな~・・・?」、何だか飲みながら必要以上に悲観的になったり、一抹どころではない寂しさを感じたり・・・。ま~考えすぎ、と言うよりも、単に気分的精神的に今最も下がった状態が故なんでしょう、きっと・・・。いずれにしろ、この缶コーヒーには何一つ責任も問題もない事だけははっきりと申し上げておきます^^;。 品名:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:190g
JANコード:4 989287 000407
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ex カフェオレ

ex カフェオレ

ASEED
まろやかミルク仕立て
Café au Lait
The name of Company shall be ASEED CO.,LTD. The Company shall have ishead office in Fukuyama City, Japan Sowing the seed for tomorrow.
(100gあたり)
エネルギー 42kcal
たんぱく質 0.9g
脂質 0.8g
炭水化物 8.1g
ナトリウム 48mg
やっと、カフェオレもモデルチェンジですね。え〜、前作と原材料を見比べてみると、天敵のヤツが消えたのを筆頭にパッケージとかも含めてなんだか期待が持てそうな感じですよ!。それでは早速中味へと進んでみましょう。え〜と、まず目立つのがミルク感、自然でしっかりとした味わいを残してくれます。続いて、ベタベタとまではいかないものの、頼もしいくらい感じられるカラメル風の甘味。そしてコーヒー感・・・、ん、ま〜、カフェオレと言えるギリギリ最低限って感じかな〜、これは^^;。結果、端的にまとめてしまうと、廉価版カフェオレによくある味わい、かつ何となく微妙にバラバラな感じの良くあるアレとなります。・・・でもこれ、自販機で100円、決して廉価ではないんだよね・・・。う〜ん、意外と入手性が良いと言うのはあるけど・・・、積極的に選ぶ場面は・・・ね〜・・・。あ、でも、間違い無く凄まじいばかりの進化を果たしていますよ、ええ、それはもう^^;。 品名:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、食塩、乳化剤、香料
内容量:190g
JANコード:4 989287 008991
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ex coffee プレミアム

ex coffee プレミアム

ASEED
PREMIUM
EXTRA SELECTION
低温長時間焙煎
厳選高級豆使用
コーヒー豆1.4倍使用※
※コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約の定めるコーヒー規格最低基準値(5g/100g)に対し、コーヒー豆を約1.4倍使用
(100gあたり)
エネルギー 17kcal
たんぱく質 0.4g
脂質 0.4g
炭水化物 3.1g
ナトリウム 60mg
え〜・・・、確かに能書き通り濃いめのコーヒー感ではあるんですけどね・・・。う〜ん・・・。プレミアムですか・・・。あの、ま〜、色々と“濃い”し“派手”だし“ワイルド”ですよ、ええ・・・。その辺りが“プレミアム”と言うことなんだと思います・・・。それで良いです・・・。 品名:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、食塩、香料、乳化剤、甘味料(アセスルファムK)
内容量:190g
JANコード:4 989287 000179
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ex coffee 微糖 2013

ex coffee 微糖

EXTRA SELECTION
イーエクス
キレ味すっきり
ASEED
低温長時間焙煎
厳選高級豆使用
コーヒー豆1.4倍使用※
※コーヒー飲料等通常品(7.5g/100ml)に比べ、糖類5.4g低減
スチール
あきかんはリサイクル
(100gあたり)
エネルギー 15kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0.5g
炭水化物 2.2g
ナトリウム 35~70mg
糖類 2.1g
何時もTwitterでお世話になりっぱなしのフォロワーさんからの情報をもとに、自販機にてとりあえず微糖を確保!。それでは、前置きはそこそこに、早速まいりましょう。え~と、こちらからのモデルチェンジとなるんでしょうけれど、あの、ちょっと見付けられそうにないのであらためての試飲とさせていただきますね。あれ・・・、あれれ・・・、意外と違和感なく飲めるのは気のせい?、それとも、すっかりこの感じに慣れてしまったせい?。いずれにしても・・・、いや、やっぱりあれですよ、上手に繕ってはあるものの、根底に流れるのは、どうしても好きになれないあの感じそのものですね・・・。ま~、今やこの感じの方がより多くの方々に求められているんでしょうから、良いんです、これで・・・。言っても、当たり屋・・・、わざとぶつかりに行って文句言ってるだけですから、内心は実に穏やかな凪状態なんですよ、本当に、ええ・・・^^;。 品名:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、デキストリン、香料、乳化剤、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:190g
JANコード:4 989287 000971
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ex COFFEE ブレンド 2013

ex COFFEE ブレンド

EXTRA SELECTION
イーエクス
豊かなコクと苦み
ASEED
スチール
あきかんはリサイクル
(100gあたり)
エネルギー 28kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.4g
炭水化物 5.8g
ナトリウム 35~70mg
先日の微糖に続いてブレンドも無事入手。入手場所は国分寺市五日市街道沿いのこの辺り、ストリートビュー上の自販機はサントリーですが減現在は変わっていました。それでは中味へ。原材料や栄養成分表示を見る限り前作との共通点はあまりなさそうなので、新たな気持ちでの試飲とさせていただきます。はいはい、若干の香料らしい嘘くささは漂うものの、結構どっしりとした苦味を持つコーヒー感が良い感じだし、量感はあるけどそれほど主張しないミルク感、同じく甘みの調和も適度で、全体になかなかどうして信頼できる1本に仕上がっていると思います^^。そう、飾り気の欠片もないのがむしろいい方向に作用しているのかな?、缶コーヒー的標準とはかなり対極に位置する味わいの意欲作で、ごめんなさい・・・、正直メーカーさんから受けていた印象からは信じられない・・・、だからこそかな?、あの、いずれにしろ極めて優れた1本だと思いました。・・・しかし、本当に良いよね~!!、飲んだ後も好印象が続いて、未だ狐につままれたようですよ・・・。再検証も兼ねて、もう1本買ってこよう^^;。 品名:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、乳化剤、カゼインNa、香料
内容量:190g
JANコード:4 989287 000957
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
プレミアムブラック 2014年7月

プレミアムブラック

・この商品は加温器で販売できます。
・中身が噴き出すおそれがあります。
ex
振らずにゆっくり開けてください
加温時にキャップが熱くなる場合がありますのでご注意ください。 開閉時に、切り口で手を傷つけないようにご注意ください。
ASEED
PREMIUM BLACK
ex
EXTRA SELECTION
アラビカ種の深い香りとコク
無糖 無香料 / コーヒー
・ふらずにお飲みください。品質保持のため、内圧をかけており、内容液が噴き出すことがあります。・加温時には、内容液が熱くなりますので、ヤケドにご注意ください。・開栓後はすぐにお飲みください。再栓する際は、しっかりと閉め、液漏れにご注意ください。
国産
アルミ
あきかんはリサイクル
(100mlあたり)
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0~1.0g
ナトリウム 5~30mg
糖類 0g
aseed某社員さんのTwitterでその存在を知り、八王子の営業所販売機にて購入してまいりました。ちなみにこのサイズで130円、かなりお得ではないでしょうか^^。はい、それでは、外観を眺めているとなにやら異様に期待が高まってくる1本、いくらか前のめり気味にいただいてみましょう!!。え〜と、透明感の高いスッキリとした中にひそむ、けっこうグッとくる苦味、そして全体に漂う生真面目で真っ当な感じ。これらの組み合わせから導き出される味わい自体、なんのためらいもなく良質と言えるものだし、実際飲んでいる最中、この時期、もしくはこれからの時期、確実に大活躍しそうだな〜って予感がフツフツと湧いてくるし、さらに容量的にも文句なしときた日には、単純に、はい!!、おすすめ〜!!といきたいところなんです、でも・・・。う〜ん、乳化剤なのかな〜?、そこかしこにチラチラ顔を覗かせる、そこはかとなくぬめっとした「とろみ」が気になるんですよね、とても・・・。ま〜、シンプルかつ十二分に好感の持てる風味であったがゆえ、皮肉にも必要以上に目立ってしまうんでしょう、ええ、それは重々理解できるんです。反面、だからこそ、「惜しい」がなによりも先に立ってしまうのですよ・・・。そう、分かってる、その程度飲み込んじゃいたいんだけど・・・、やはり「惜しい」んです、唯々、唯々・・・。でもね、明るい未来はものすごく近いところにあると思いますよ^^。(登録日 2014年7月13日) 品名:コーヒー
原材料名:コーヒー、乳化剤
内容量:285ml
JANコード:4 989287 001343
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ex カフェオレ 2015年7月

ex カフェオレ

EXTRA SELECTION
まろやかミルク仕立て
Café au Lait
ASEED コーヒー飲料
スチール
あきかんはリサイクル
(100gあたり)
エネルギー 46kcal
たんぱく質 1.0g
脂質 0.8g
炭水化物 8.7g
ナトリウム 35~60mg
親方のソフトドリンクランド掲示板さん内、つばめ92号さんの書き込みを拝見し、八王子の同社支店へ買いに行ったところ、残念ながらお目当のプレミアムはなかったものの、カフェオレ及び下記ブラックがモデルチェンジしており、結果オーライと入手してきた次第です^^。それではまずカフェオレから始めましょう。前作ゆずり・・・同じ?・・・なサラッと自然なミルク感と、極めて控えめなコーヒー感、そして、ここは前作と違い、甘さの度合いこそそのまま、カラメル感のみだいぶ気にならないくらいまで後退させた甘みの組み合わせ。結果、星の数ほどありそうで意外にない、もしもカフェオレ缶コーヒーの標準規格があたったとしたら、こんなではないのかな?って感じられる仕上がりになっています。まあ、裏を返せば、なんの特徴もない1本と言えなくもないのですが・・・。それでもなんて言うか、普段フラットにカフェオレ缶コーヒーを試飲したりする際、ぼんやりながら仮想対象に思い描いているのも、やはりこんな感じだと記憶していますから・・・。少なくとも最早私の中では、この風味こそがカフェオレ缶コーヒーの基準点と完全に刻み込まれているのだと思います^^。と言うことで、そろそろまとめるとすれば、これはもう美味しいとか美味しくないとかの次元ではない、「カフェオレ缶コーヒーとはこう言うものなのです」といった結論に至るのです^^。(登録日 2015年7月21日) 品名:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、食塩、乳化剤、香料
内容量:190g
JANコード:4 989287 008991
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ex ブラック 2015年7月

ex ブラック

ASEED
スッキリとした苦み
EXTRA SELECTION
【無糖・ブラック】 コーヒー
スチール
あきかんはリサイクル
(100gあたり)
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0~1g
ナトリウム 15~35mg
糖類 0g
続いてブラック。こちらの後継ってことなんでしょうが、デザイン的にはこちらのショート缶版とも言えそうな感じ・・・。まあものは試し、なにはともあれいただいてみましょう。なるほど、どっしりとした苦味と口当たりを軽やかにしてくれる酸味、実際のとこ若干ではあると思うものの結構な存在感のある油っぽさまで含め、ショート缶らしい、もしくはそうあって欲しい濃厚さを胸を張って誇れる1本にきっちりと仕上がってます。さらに大げさに言ってしまうと、相当なお叱りをいただいてしまう可能性大ですが・・・、自他共にブラック無糖缶コーヒーの象徴と認めるU社のあれに、あくまでフォロワーではあるものの、かなりの確度で写すことに成功している1本と言ってそれほど問題ないと思います。まあ、よくよく考えれば、申し訳ないけど、なぜか抱いてしまう私の勝手なイメージと違い、主な販路が自販機でかつ、100円近辺の価格で売られるであろうことを考えれば、いわゆる廉価品と一線を画して当然なんですけどね^^;。と、ブラック缶コーヒーがあまり得意ではない人間としては、こんな感想を捻り出すのが精一杯でございまして・・・。そんなこんなで、ブラック缶コーヒー好きの方々、是非ともご感想をお聞かせいただければ、とても嬉しいです^^;。(登録日 2015年7月21日) 品名:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:190g
JANコード:4 989287 000407
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ex こだわり微糖 2015年7月

ex こだわり微糖

ASEED
Extra Selection
アラビカ種100%使用
コーヒー
スチール
あきかんはリサイクル
(100gあたり)
エネルギー 17kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.4g
炭水化物 2.7g
ナトリウム 25~45mg
糖類 1.9g
200%の血眼で探してなんとか、端々に人工甘味料特有のトロみやいがらっぽい苦みがあるよね、うむ、とかみっともなく斜に構えて論うことができる程度・・・。わかっていながらさらに、無謀にも精一杯の抵抗を示すべく、全体の雰囲気はけして好きではないとか言ってはみたものの、やはり客観的にはとても良くできた1本と言わざるを得ない、そんな複雑な心境・・・。とは言え、まあ、常日頃から公明正大とは程遠い文章を好き勝手書き殴っている身ですから、特別あらためて悩んだりはしていないわけですけどね^^;。閑話休題、そろそろまとめに入りましょう。今作は、現代の缶コーヒーにおける最大公約数とはなにか?の問いに対して真摯に研究し、卒なく形にした、そんな印象を抱く1本であり、実際お好きな方が多いであろう1本に仕上がっているのではないかと予想いたします。でも私は・・・、まあ良いか、皆様のご想像の通りです^^;。(登録日 2015年7月24日) 品名:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、乳化剤、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:190g
JANコード:4 989287 000971
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ex プレミアム 2015年7月

ex プレミアム

ASEED
PREMIUM
EXTRA SELECTION
厳選高級豆使用
ブラジル#2
51%
コーヒー
スチール
あきかんはリサイクル
(100gあたり)
エネルギー 36kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.4g
炭水化物 7.3g
ナトリウム 25~45mg
先日、カフェオレブラックを買いに行った際はなかったのですが、着々と入れ替わっているようですね。ちなみに、一昨日登録したこだわり微糖も今回はありました^^。それでは試飲を始めましょう。そう、一応、前作を用意したのですが、同じなのは名前だけと言った感じですので、直接の比較はしないこととさせていただきます。って、ほらやっぱり!!。もう、ハッタリが過ぎて苦笑してしまうくらい、ブレミアム感があるのはやたら気合いの入った缶の色合いだけだった前作から一転、今度は看板だけではなく、日夜研鑽を積み重ねた中身を伴っての捲土重来?、本格的缶コーヒー界隈へ殴り込みをかけたわけですよ!!。・・・ちょっと物騒でしたね、あまりの変貌ぶりに血湧き肉躍ってしまいました^^;。まあ、十分に頭を冷やして考えてみれば、前作があまりにもあれだったからと言うのが、今作に対してことさら高い評価をしたくなる要因の大半であり、なんて言うのかな、名称や、予想される同社缶コーヒー内における立ち位置からこの程度できて当然・・・とまでは言いませんが、けして図抜けたとかではなく、コンパクトにまとまった良作と言う評価が妥当なところだと思います。ただ、今回の購入価格「100円」がこの先も続くならまた話は別で、抜群のコストパフォーマンスを誇る1本となりますが、さて、今作の未来はいかに・・・^^;。(登録日 2015年7月26日) 品名:コーヒー
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、乳化剤、カゼインNa
内容量:190g
JANコード:4 989287 000179
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ex ブレンド 2015年9月

ex ブレンド

ASEED
深いコクと香り
BLEND
EXTRA SELECTION
【ブレンド】コーヒー
スチール
あきかんはリサイクル
(100gあたり)
エネルギー 34kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.4g
炭水化物 7.1g
ナトリウム 40~65mg
アシード八王子営業所内自販機にて購入。それでは早速、勘違いで購入した前作と飲み比べてみます^^;。・・・が、一口二口飲んだところでこの2者は別物、比べる意味がないと判断しましたので、単品での試飲と仕切り直しさせていただきます。香料を除いたのが、今作では完全に良い方向に作用していますね!!。結果として、思い返してみると最近出会っていない、いわゆるスタンダードなザ・缶コーヒーとして今や、むしろ際立つ個性を発揮していると言えます。本当に良い意味で凡庸、そんな美味過ぎず飽きの来ない味わいは、矛盾するようですが、積極的に買いだめしなくてはとかはまったくありません、でも、絶えず選択肢として遠からず手の届くところにはあって欲しいそんな存在なんですね。上手く言えないけど、古くて新しい1本、そんな感じかな^^。(登録日 2015年9月16日) 品名:コーヒー
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、乳化剤、カゼインNa
内容量:190g
JANコード:4 989287 000957
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
キャラメルマキアート 2015年11月

キャラメルマキアート

ASEED
Caramel Macchiato
香ばしいキャラメル風味のラテ
コーヒー飲料
スチール
あきかんはリサイクル
(100gあたり)
エネルギー 67kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 1.2g
炭水化物 13.2g
食塩相当量 0.1g
つばめ92号さんにその存在を教えていただき、アシード八王子営業所前自販機にて確保してまいりました!!。まずはつばめ92号さん、いつもありがとうございます!!。それでは試飲を始めましょう。なんだか微妙にずらしてはいるものの、意識してないわけないよね?、まさか、たまたまなんて言わないよね?、と、どうしたって某U社の傑作を思い出さずにはいられない今作・・・^^;。実際飲んでみてもその印象は変わらずで、若干トロミが感じられたり、水っぽさが微かに見えたり、輪をかけて甘みが強烈だったり、どことなく洗練さに欠けたりと、これまた、それぞれの要素だけを見てみれば微妙にずらして?いるんだけど、全体を通して受ける印象はよくぞここまで丸コ・・・、研究しましたねと言う感じであります^^;。なんか否定しているように聞こえるかもしれませんが違うんですよ、むしろ逆、逆!!。と言うことはですよ、その志はともあれ、中味の良さは折り紙付きと言うことですからね!!。そして、個人的には、ほとんど風前の灯火なこのジャンルに、ここにきてまさかの新たな選択肢が加わわると言う歴史的瞬間でもあるんですよ!!、これが興奮せずにいられますか!?。なにはともあれ、およそ反主流もほどほどにした方が・・・とむしろこちらが心配になるくらいな、今回の大英断に惜しみない大喝采を送りたいと思います^^。今後、全てのアシードさんの自販機に搭載してもらえると最高なんですけどね、これ以上贅沢を言ったらバチが当たりそうなので止めておきましょう^^;。(登録日 2015年11月3日) 品名:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、キャラメルシラップ、全粉乳、クリーム、デキストリン/セルロース、香料、乳化剤
内容量:190g
JANコード:4 989287 001442
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ

関連ページ

  • お探しの缶コーヒーはありましたか?。まだであれば、下記検索エンジンにて検索してみて下さい。缶コーヒーマニア内(ナナヒメドットネット内)のみ検索することが出来ます。
缶コーヒーマニア広告

スポンサーリンク

アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?

項目は3つ!。皆様の今までの人生において支持出来る缶コーヒーメーカーと、今年支持できる缶コーヒーメーカー、またはる缶コーヒー(単品)(単品部門は今年年10月頃から)です。それでは開幕いたしま~す!!。お気軽に、またふるってご投票ください^^。

2011年版の結果はこちら(メーカー部門単品部門

2010年版の結果はこちら!!

2009年版の結果はこちら!!

2008年版の結果はこちら!!

1・人生において支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

2・今年支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

3・今年支持できる缶コーヒー(単品)

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

ご投票ありがとうございました。

今年最高の缶コーヒーメーカーと缶コーヒーを決めるのはあなたです!!。

缶コーヒーマニア下部広告

スポンサーリンク2

coffee_logo

 
QLOOKアクセス解析