トップ>缶コーヒーマニア トップ>ブルーボトルコーヒージャパン合同会社

缶コーヒーマニア ブルーボトルコーヒージャパン合同会社

スマートフォンもしくは幅の狭いブラウザ用メニューはこちら

東京都目黒区中目黒 3-23-16

https://bluebottlecoffee.jp/

※携帯電話でご覧の方は"モバイル版缶コーヒーマニアブルーボトルコーヒージャパン"をどうぞご利用下さい。

​缶コーヒー界にもサードウェーブがついに!?。

ただ今缶コーヒーマニア内にて、"アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。"開催中です。当ページ下部からも投票出来ますので、皆さんふるってご投票ください。

"アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。"、メーカー部門("あたしにも、オレにも言わせろ!。やっぱり、今年はこの缶コーヒーメーカーが最高でしょ!")の各年最終結果です。
           
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
BLUE BOTTLE COFFEE COLD BREW 表面 2017年3月

 

BLUE BOTTLE COFFEE COLD BREW 裏面 2017年3月

BLUE BOTTLE COFFEE COLD BREW

USDA
ORGANIC
8 FL OZ(236ml)
PERISHABLE, KEEP REFRIGERATED, NEVER HEATED
PLEASE RECYCLE
BLUE BOTTLE COFFEE
300 Webster Street Oakland, CA 94607
Don't let iys diminutive size fool you.
Cold Brew is pure power, luminous clarity, and electrifying zing.
アルミ
栄養成分表示(食品単位あたり)
熱量 0kcal
脂質 0g
ナトリウム 0mg
炭水化物 0g
砂糖 0g
タンパク質 0g
@623_ikdさんのツイートにて日本上陸をお教えいただき、取るものも取りあえず銀座三越まで行ってまいりました!!。それでは、@623_ikdさんに深く感謝をしながら、心して試飲を始めたいと思います。・・・いやね、いきなり余談で申し訳ないのですが・・・、それは心しますよ、なにせ、1本600円ですからね、600円!!。おそらく八甲田のが今のところ最も高価だった気がするのですが、言ってもあれはたっぷり450ccでしたから、やはり今作は私の知るかぎり実質最高価格更新の1本であり、そこからだけでも、もうビンビンと、一見さんお断りと言うか、単刀直入「おまえの手に負えるものじゃないよ」オーラが伝わってきまくるわけで、どうも・・・^^;。なんて、ぶつくさ言っててもしょうがない・・・、意を決して始めましょう!!。いやはや、いやはや・・・、この前の日曜日に出演させていただいた「AbemaTV NEWSチャンネル 違う de SHOW!」で発言し、岡田圭右さんにあきれられた、「缶コーヒー以外のコーヒーにはそれほど興味がない」変態といたしましては、事前の想像以上に手に余るものですよ、これは・・・^^;。すいません、そんなわけですので、以下たいそうぼんやりとした話となることお許しください・・・と、逃げを打っておいて・・・。まず率直な感想を一言で申し上げるなら、「やっぱり、缶でもここまでできるんだ」ですね。上記八甲田一連の商品でも・・・、本当に語彙が少なくて申し訳ございません、この「ちゃんとした喫茶店で淹れたコーヒー」をそのまま寸分違わず詰め込んだ感じは実現はできていたもののですよ、ごめんなさい、言ってもものすごくローカルな商品でしたからね、技術的に、もしくは営業的にどちらかわかりませんが、全国的に展開するのは難しいのかなと思っていましたから・・・。と言うか、それよりなにより、今回の日本上陸は7日×100本の700本の限定とは言え、缶コーヒー後進国であるアメリカでは前から普通に販売されているそうと言う現実に対して、良いも悪いもごちゃ混ぜのなんとも複雑な心境なわけですよ!!。落ち着け、落ち着け・・・。なんて言うか、よく「缶コーヒーなんてと馬鹿にする方にこそ飲んでいただきたい」って言い方をしたりしますが、今作に限っては、間違いなくそれに該当する、と言うか、その筆頭だとは思いますよ、でもね・・・。例えこれで納得いただいても、良い悪いの議論はひとまず端に置いておくとして、この路線にはその先がないからね、現状の缶コーヒー界においては・・・。ただ、まあ、当然のごとく缶コーヒー側に立つならば、そうは言っても今作は、おそらく店舗よりも高い600円ですから。もし、それだけ払ってくれるのなら現状の各メーカーさんでも余裕で実現できるのでしょうから、現実的に困難ってことなんだと思います。・・・ただ、もしそうなら、たまにはその秘められた刀を、チラ見せでもいいから抜いて欲しいとも思いますが・・・^^;。(登録日 2017年3月6日) 種類別名称:コーヒー
商品名:BLUE BOTTLE COFFEE COLD BREW
原材料名:コーヒー
内容量:236ml
賞味期限:2017.5.15
原産国:アメリカ合衆国
輸入者:Blue Bottle Coffee Japan 合同会社
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ

関連ページ

  • お探しの缶コーヒーはありましたか?。まだであれば、下記検索エンジンにて検索してみて下さい。缶コーヒーマニア内(ナナヒメドットネット内)のみ検索することが出来ます。
缶コーヒーマニア広告

スポンサーリンク

アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?

項目は3つ!。皆様の今までの人生において支持出来る缶コーヒーメーカーと、今年支持できる缶コーヒーメーカー、またはる缶コーヒー(単品)(単品部門は今年年10月頃から)です。それでは開幕いたしま~す!!。お気軽に、またふるってご投票ください^^。

2011年版の結果はこちら(メーカー部門単品部門

2010年版の結果はこちら!!

2009年版の結果はこちら!!

2008年版の結果はこちら!!

1・人生において支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

2・今年支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

3・今年支持できる缶コーヒー(単品)

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

ご投票ありがとうございました。

今年最高の缶コーヒーメーカーと缶コーヒーを決めるのはあなたです!!。

缶コーヒーマニア下部広告

スポンサーリンク2

coffee_logo

 
QLOOKアクセス解析