トップ>缶コーヒーマニア トップ>ハマヤ株式会社

缶コーヒーマニア ハマヤ株式会社

スマートフォンもしくは幅の狭いブラウザ用メニューはこちら

大阪市中央区瓦屋町2-5-20

http://www.hmy.co.jp/

※携帯電話でご覧の方は"モバイル版缶コーヒーマニアハマヤ"をどうぞご利用下さい。

​かなり先に登録したワールドフーズと深い関係がありそうですが・・・。

ただ今缶コーヒーマニア内にて、"アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。"開催中です。当ページ下部からも投票出来ますので、皆さんふるってご投票ください。

"アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。"、メーカー部門("あたしにも、オレにも言わせろ!。やっぱり、今年はこの缶コーヒーメーカーが最高でしょ!")の各年最終結果です。
           
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
至福のブレンド微糖 2016年5月

至福のブレンド微糖

Coffee Taster
HAMAYA
EXCELLENT
QUALITY
Tasty time since 1924
伝統のコーヒーカンパニー
コーヒー/微糖
甘さ控えめ、後味スッキリ。コーヒー感が冴え渡るビターテイスト。
スチール
あきかんはリサイクル
1924年以来コーヒー一筋、丹念に焙煎し続けてきた「伝統のコーヒーカンパニー」です。
栄養成分表示(100g当たり)
エネルギー 16kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0.4g
炭水化物 2.5g
ナトリウム 38mg
糖類 2.0g
つばめ92号さん経由で、テキランコーヒーさんより試飲の機会をいただきました。まずはお二方とも、いつも本当にありがとうございます!!。それでは早速始めさせていただきます。どちらが先かわからないのですが・・・、至福の「ブレンド」微糖ときましたか、まあ、はい、色々お考えになられますね。どうせならデザインもと思わなくも・・・いや、試飲を進めましょう^^;。極々一般的な、よくある人工甘味料入り微糖缶コーヒーと言うものと、いやいや、数多の人工甘味料入り微糖缶コーヒーとは一線を画すよと言う相反する感想の間をふらふらと進む感じが結局最後まで・・・。おそらく、サイトを見るにコーヒー専業と言って差し支えなさそうな点、合わせてその業態で歴史を積み重ねてきたメーカーさんである点、また、入手が困難な点等々、得られた情報がかえってノイズになってしまっているのでしょうね・・・。深呼吸した後、いくらか冷静に見直してみれば、全体的にスンと何喰わぬ顔をしているため、ある意味ダマされそうになりますが・・・、トロッとしたなにかで他の味をオブラートのように包んでしまう感じ、もしくは、舌が包まれてしまう感じ、口中にポツポツと残るコーヒーのものとは違う苦味、トドメは、お食事中のかたすいません、お腹が緩くなる現象等々・・・。さすがと言うべきか、とても好感度高く装った外面に対して内面はもう・・・、今となっては、一世代二世代前の人工甘味料入り微糖缶コーヒー以外のなにものでもないと言う結論に至るほかないわけです。しかし、缶コーヒーマニアに登録できただけでもこれで185社目となるわけですが、あらためてその底知れなさに身が引き締まる思いですね、いったい何社までいくんだろうと・・・^^;。(登録日 2016年5月10日) 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、乳化剤、甘味料(アセスルファムK)
内容量:190g
JANコード:4 976610 022670
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
コク深ブラック 2017年3月

コク深ブラック

Coffee Taster
HAMAYA
BLACK
EXCELLENT
QUALITY
Tasty time since 1924
伝統のコーヒーカンパニー
コーヒー/無糖
深いコクのブラック無糖。コクがありながらすっきりとしたテイスト。
1924年以来コーヒー一筋、丹念に焙煎し続けてきた「伝統のコーヒーカンパニー」です。
スチール
あきかんはリサイクル
栄養成分表示(100g当たり)
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0.0g
脂質 0.0g
炭水化物 0.0g
ナトリウム 20mg
糖類 0.0g
こちらも、財宝のものと一緒に「たかしま」さんから飲む機会をいただきました!!。いつも本当にありがとうございます!!。それでは始めましょう。いやこれたぶんですね・・・、やはり、缶コーヒー以外のコーヒー飲料にさほど興味が無いと言う変態的嗜好を持つが故だと思うんですけど・・・。正直な今の心情を吐露してしまうと、間違いなく良質で、高い完成度を誇るものなんでしょうけど、感情の動きは終始ゼロでピタリと針を止めたままで・・・。不遜ながら、逆に今作が良くできているなによりもの証拠ではないかと思う次第なのです、ははは、あははははは・・・^^;。(登録日 2017年3月18日) 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:190g
JANコード:4 976610 022687
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ

関連ページ

  • お探しの缶コーヒーはありましたか?。まだであれば、下記検索エンジンにて検索してみて下さい。缶コーヒーマニア内(ナナヒメドットネット内)のみ検索することが出来ます。
缶コーヒーマニア広告

スポンサーリンク

アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?

項目は3つ!。皆様の今までの人生において支持出来る缶コーヒーメーカーと、今年支持できる缶コーヒーメーカー、またはる缶コーヒー(単品)(単品部門は今年年10月頃から)です。それでは開幕いたしま~す!!。お気軽に、またふるってご投票ください^^。

2011年版の結果はこちら(メーカー部門単品部門

2010年版の結果はこちら!!

2009年版の結果はこちら!!

2008年版の結果はこちら!!

1・人生において支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

2・今年支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

3・今年支持できる缶コーヒー(単品)

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

ご投票ありがとうございました。

今年最高の缶コーヒーメーカーと缶コーヒーを決めるのはあなたです!!。

缶コーヒーマニア下部広告

スポンサーリンク2

coffee_logo

 
QLOOKアクセス解析