トップ>缶コーヒーマニア トップ>ダイドードリンコ株式会社 NO.9

缶コーヒーマニア ダイドードリンコ株式会社 NO.9

スマートフォンもしくは幅の狭いブラウザ用メニューはこちら

大阪市北区中之島二丁目2番7号

http://www.dydo.co.jp/

※携帯電話でご覧の方は"モバイル版缶コーヒーマニアダイドードリンコ"をどうぞご利用下さい。

ダイドードリンコ9ページ目です。

ダイドードリンコ缶コーヒーについて、全体の印象なんかをブログ"週刊?缶コーヒーマニア通信"にも書いています。

ただ今缶コーヒーマニア内にて、”アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”開催中です。当ページ下部からも投票出来ますので、皆さんふるってご投票ください。

“アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”、メーカー部門(“あたしにも、オレにも言わせろ!。やっぱり、今年はこの缶コーヒーメーカーが最高でしょ!”)の各年最終結果です。
国民投票第2位 国民投票第4位 国民投票第2位 国民投票第2位 国民投票第7位 国民投票第3位 国民投票第5位 国民投票第1位 国民投票第9位
2016年
651票 / 15.6%
2015年
818票 / 12.1%
2014年
1,068票 / 15.1%
2013年
371票 / 7.9%
2012年
383票 / 5.8%
2011年
502票 / 7.6%
2010年
368票 / 4.4%
2009年
247票 / 7.6%
2008年
62票 / 4.0%
ダイドーブレンド 香る琥珀ブレンド微糖 2017年9月

ダイドーブレンド 香る琥珀ブレンド微糖

DyDo
Blend
コーヒー鑑定士厳選豆使用
LOW SUGAR
COFFEE
華やかな香りとコク
コーヒー
コーヒー鑑定士が厳選した5カ国の豆から生まれる豆本来の華やかな香りと豊かな味わいをお楽しみください。
・コーヒー、ミルク等の成分が固まり、浮遊、沈殿することがあります。品質には問題ありません。
Blend is Beautiful.
軽く振り、少し待ってから開缶してください。強く振ると内容液がふきだすことがあります。
[国産]
スチール
あきかんはリサイクル
(100g当たり)
エネルギー 20kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.5g
炭水化物 3.3g
ナトリウム 39mg
糖類 2.2g
結構前からTwitter上にてちらほらと情報が散見されていたものの、なかなか見つからず、ダイドーでは希にある超難航が予想されましたが・・・。なにはともあれ、ホームページでは9月18日発売の新商品をなんとか1週間以内に入手することができました!!。それでは中味へ・・・。いやはやもうね、今や飲む前に心配したり身構えたりなんかないんですけどね、それでもなお、途中、これほどなんの前提もなく自然に接することもなかったのではと気付いてむしろハッとするくらい!!。最早、あれによるマイナスもプラスもなく、極々普通に中味で他と勝負しうる1本となっています^^。まずなにより、自然な甘み、まろやかな苦み、隠し味的な酸味が調和するメインであるべきコーヒー感が堂々メインを張り、そこに控えめなミルク感と甘みが調和し織りなす味わいがもう見事としか言い様がないわけですよ!!。いやはやどうして、「微糖」に反応してのスルーはもったいない限り、しっかりとした飲み応えとすっきりとしたのど越しを見事に両立させた渾身の逸品だと思いますので、是非一度は騙されたと思ってお試しください。本当これね、良作連発のダイドー2017年秋の陣ラインアップの中でも、大げさではなく個人的ツボ商品ですよ!!。正直、未だ文字面から得られる情報にて懐疑的な自分が私の中に残っていたわけですが、もう青息吐息の絶滅寸前。むしろ、この感覚を意識的に残しておくか、きれいさっぱりなくしてしまうかとても悩んでるくらいですよ。いやいや本当、なんの情報もなければ絶対に気付く自信ないですから!!。そう、この快挙に水を差すようでなんだけど、人工甘味料には、味わいとは別に諸々の問題がささやかれていますからね、この感覚を残しておくか否かは結構深刻だったりすると思うんですよ、このまま慣れきってしまっていいものかと・・・。まあまあ、しかし、当初はどうやったって無理筋かと思っていた「人工甘味料入り微糖缶コーヒー」がですよ、ほぼ一貫して反対の立場ではあったけれども、なんだかんだでついにここまできたかと感慨もひとしおです。と言うことで、ただただ今はその喜びに浸りたいと思います^^。 (登録日 2017年9月26日) 名称 / コーヒー
原材料名 / 牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK)
内容量 / 185g
JANコード / 4 904910 047482
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ダイドーブレンド コク深ブレンド微糖 世界一のバリスタ監修 2018年2月

ダイドーブレンド コク深ブレンド微糖 世界一のバリスタ監修

DyDo
Blend
世界一のバリスタ監修※
糖類50%減
コーヒー
・コーヒー、ミルクの成分が固まり、浮遊、沈殿することがありますが、品質には問題ありません。
Blend is Beautiful.
軽く振り、少し待ってから開缶してください。強く振ると内容液がふきだすことがあります。
[国産]
スチール
あきかんはリサイクル
世界一のバリスタが缶コーヒーと真摯に向き合った想いと、ダイドーブレンドのブレンドへの深いこだわりを融合させて丹念に仕上げました。豆本来の奥深いコクがお楽しみいただけます。
※ワールドバリスタチャンピオンシップ第14代チャンピオン ピート・リカータ氏
コーヒー飲料等通常品(7.5g/100ml)に比べ糖類50%減
(100g当たり)
エネルギー 26kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.6g
炭水化物 4.4g
糖類 3.1g
食塩相当量 0.13g
3月12日発売ですから約2週間も早くの入手。しかも、結構な台数の自販機にて見かけることができたので、もしかすると前作の売れ行き好調だったのかもしれませんね。と、まあ、素人の浅はかな推論はこのくらいにして・・・、早速準備万端用意してあった前作と飲み比べてみたいと思います。原材料やその並び順、また、栄養成分表示等から推測されるように、今回のモデルチェンジは、現在の表示基準に合わせることが主目的な印象が強く、中味についても同様に基本前作を踏襲していると言って九分九厘問題ないのですが・・・。単なる個体差の可能性が大きい気もするんですけど、今作の方がより「甘苦さ」と言うか、人工甘味料使用時に、我々陣営としては真っ先に目がいってしまうあの感覚が薄まっている・・・、と言うか、全体に上手く馴染んでいる気がするんですね。2017年における一大トピックと言って過言ではないと思っている、「人工甘味料入り微糖缶コーヒー」の急激な進化・・・、いや、これは語弊がありますね・・・、変貌ぶりを見ればなんら驚くべきことではないのだけれども・・・。なんて言うのかな、そんな「2017年の変貌」はあまりにも急進的かつ唐突過ぎて、つれないどころか一気に元々の支持者を置き去りにした感が強かったのですけども、今作はそのまた先を目指したと言うか、解がないかもしれない相当な難問にあえて挑み、両者ともに支持を得られることを最終目標に据えてさらに茨の道を一歩踏み出したような気がしてしかたがなかったんですよね・・・。まあ、考え過ぎかな。果たして真相や如何に^^;。(登録日 2018年2月27日) 名称 / コーヒー
原材料名 / 牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳/乳化剤、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量 / 185g
JANコード / 4 904910 050727
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ダイドーブレンド アイスブレンドコーヒー 2018年3月

ダイドーブレンド アイスブレンドコーヒー

DyDo
ICE
Blend
COFFEE
コーヒー鑑定士厳選豆使用
微糖
糖類45%減
ほどよい苦味が絶妙なアイス用ブレンド
[アイス用]コーヒー
コーヒー鑑定士がこだわり抜いたアイス用ブレンド。コーヒーの香ばしさとまろやかなコク、ほどよい苦味が絶妙に調和した後味すっきりな微糖アイスコーヒーです。
コーヒー飲料等通常品(7.5g/100ml)に比べ糖類45%減
・コーヒーの成分が浮遊・沈殿することがあります。品質には問題ありません。よく振ってからお飲みください。
スチール
あきかんはリサイクル
コールド専用
[国産]
Blend is Beautiful.
(100g当たり)
エネルギー 19kcal
たんぱく質 0.1g
脂質 0g
炭水化物 4.7g (糖類 3.9g)
食塩相当量 0.08g
「うまみ」を冠したアイスコーヒーは昨年だけのイレギュラーで、一昨年までのこのラインの後継って感じかな。どちらにしろ、比較すべきストックがないので、あらためての試飲とさせていただきましょう。いきなり私事で、なにがなんだかご理解いただけないとは思いますが・・・。それはそれは遙か昔の子供時分、我が家では夏になると冷蔵庫に作り置きの「アイスコーヒー」が常時ストックしてあり、それを飲んでは少しだけ大人になったような気分に浸っていたり・・・、そんな甘酸っぱい感覚を記憶の底から鮮明に思い起こさせてくれる懐かしい味わいなんですよね。・・・とかなんとか言いつつ、まあ当時、砂糖は元から入っていたものの、必ずたっぷりの、当然コーヒーなんて飾り程度の牛乳で割って飲んでいたわけですけれどもね・・・^^;。それでもなにかの間違いで割らずに飲んだ際のあの感じが思い出されて、やはり本当に懐かしかったです^^。いやしかし、横道にそれますけれども・・・、あの頃、今はこの苦くてどうにも食えない代物だけれども、きっと大人になったら好きになるんだろうなと、ぼんやりながらも確信に近い思いを抱いていたものですが・・・。その頃の自分に教えてやりたい、それ大人になってもたいして変わらんよ・・・と^^;。すいません、激しくそれました。と言うことで、結論といたしましては・・・、コーヒー+砂糖、むしろまとめるのが難しそうなシンプルな素材をもって巧みに仕上げられた、実にダイドーらしい実直な快作缶コーヒーと言えるのではと思いました^^。(登録日 2018年3月7日) 名称 / コーヒー
原材料名 / コーヒー、砂糖
内容量 / 250g
JANコード / 4 904910 051236
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ダイドーブレンド アイスラテ 2016年3月

ダイドーブレンド アイスブレンドラテ

DyDo
ICE
Blend
LATTE
コーヒー鑑定士厳選豆使用
微糖
糖類40%減
深煎りの余韻が絶妙なアイス用ブレンド
[アイス用]コーヒー飲料
コーヒー鑑定士がこだわり抜いたアイス用ブレンド。まろやかなミルクのコク、深煎りの余韻が絶妙な微糖アイスラテです。
コーヒー飲料等通常品(7.5g/100ml)に比べ糖類40%減
・コーヒーの成分が浮遊・沈殿することがあります。品質には問題ありません。よく振ってからお飲みください。
スチール
あきかんはリサイクル
コールド専用
[国産]
Blend is Beautiful.
(100g当たり)
エネルギー 31kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0.9g
炭水化物 4.9g (糖類 4.1g)
食塩相当量 0.07g
続けてミルク入りも、前作との比較なしで一気にいっちゃいましょう!!。いやね、完全に現代基準の「人工甘味料入り」で、違和感なるものは皆無と言っていい仕上がりなんですけど・・・。特にミルク感かな、所々挿入されたかのような「若干のいがらっぽさを伴う甘苦さ」、これが実に苦手なんですよね・・・。そう、全体にかなりの高レベルで洗練されているため、むしろ目立つし気になって仕方ないだろうことは容易に想像できるし、見過ごすことも難しくないのですが、やはりどうしてもどこか引っ掛かってしまい・・・。本当に無い物ねだりで申し訳ないのだけど・・・、上記「アイスブレンド」に書いたように、「アイスブレンド+牛乳」だとまとめるのが難しいのでしょうか、それともコスト的に・・・?。なんか、「アイスブレンド」のできがすこぶる良いだけに、とてももどかしかったと言うのが最終的に残った正直な感想です。(登録日 2018年3月7日) 名称 / コーヒー飲料
原材料名 / 牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、クリーム、植物油脂、デキストリン/乳化剤、甘味料(アセスルファムK)
内容量 / 250g
JANコード / 4 904910 051267
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ダイドーブレンド 香るブレンド微糖 世界一のバリスタ監修 2018年3月

ダイドーブレンド 香るブレンド微糖 世界一のバリスタ監修

この商品は加温器販売ができます
内容液がふきだすことがあります
振らずに水平にゆっくり開栓してください
開栓後はこぼれないよう、しっかりとお閉めください。キャップの切り口でのケガにご注意ください。
DyDo
最後までおいしい
糖類50%減
コーヒー
この製品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
Blend is Beautiful.
振らずに開栓してください。内容液がふきだすことがあります。
・開栓後はすぐにお飲みください。開栓後、再びキャップを閉めそのまま放置しますと、キャップ飛びや容器破損の危険性があります。
[国産]
アルミ
あきかんはリサイクル
世界一のバリスタが缶コーヒーと真摯に向き合った想いと、ダイドーブレンドのブレンドへの深いこだわりを融合させて丹念に仕上げました。豆本来の優雅な香りがお楽しみいただけます。
※ワールドバリスタチャンピオンシップ第14代チャンピオン ピート・リカータ氏
コーヒー飲料等通常品(7.5g/100ml)に比べ糖類50%減
(100g当たり)
エネルギー 23kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.5g
炭水化物 4.2g (糖類 3.0g)
食塩相当量 0.11g
セブンイレブンにて入手。早速用意してあった前作と飲み比べたいと思います。すいません、かなり微妙かつ上手く表現できない部分ではあるのですが、余韻のすっきり感・・・、清涼感かな、この辺りが確実に増しているなと感じました。ただここは、缶コーヒーに対する考え方のわりと根源として、当然賛否両論あってしかるべきデリケートな部分であり、一概に「良く」なったとは言えないのは十二分に理解した上で・・・、個人的にはより洗練されたのではと感じました。とは言え、これはあくまでも同時に飲み比べればの話だとも思いますので、前作ファンの方はいらぬ心配ご無用かと存じますです^^。(登録日 2018年3月14日) 名称 / コーヒー
原材料名 / 牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、クリーム、濃縮乳、全粉乳/乳化剤、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK)
内容量 / 260g
JANコード / 4 904910 024940
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ダイドーブレンド コクと香りのブレンドBLACK 世界一のバリスタ監修 275gボトル缶 2018年3月

ダイドーブレンド コクと香りのブレンドBLACK 世界一のバリスタ監修 275gボトル缶

この商品は加温器販売ができます
DyDo
振らずに水平にしてゆっくりと開けてください
内容液がふきだすことがあります
開栓後はこぼれないよう、しっかりとお閉めください。キャップの切り口でのケガにご注意ください。
Blend
上品な香り
BARISTA CHAMPION
コクと香りのブレンド
BLACK
+W ESPRESSO BLACK/高級豆使用
コーヒー/無糖
高級豆77%使用
Blend is Beautiful.
HOT & COLD この製品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
振らずに開栓してください。内容液がふきだすことがあります。
・開栓後はすぐにお飲みください。開栓後、再びキャップを閉めそのまま放置しますと、キャップ飛びや容器破損の危険性があります。
・コーヒーの成分が浮遊・沈殿することがあります。品質には問題ありません。
[国産]
アルミ
あきかんはリサイクル
世界一のバリスタが缶コーヒーと真摯に向き合った想いと、ダイドーブレンドのブレンドへの深いこだわりを融合させて丹念に仕上げました。豆本来の優雅な香りと深いコクがお楽しみいただけます。
※ワールドバリスタチャンピオンシップ第14代チャンピオン ピート・リカータ氏
(100g当たり)
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0~1g (糖類 0g)
食塩相当量 0.05g
やっと入れ替わり始まった感じですかね。それでは早速、前作と飲み比べてみることにしましょう。いやはや、さすがの完成度ですね!!。・・・って、まあ、こんな私が言ったところで1mmも説得力ないわけですが・・・^^;。前作との差は、ほんの僅かに濃く・・・、と言うか、微妙に感じられた水っぽさがほぼほぼなくなったって印象。世代世代では相変わらず良いな程度の印象にとどめつつも、その実、着実に研鑽を積み続けている感じが垣間見れたようで、なんかもうニクいなと!!。まあ、単なる贔屓目かとは思いますが・・・、やはりダイドー、信用できるなとあらためて思った次第です^^。(登録日 2018年3月20日) 名称 / コーヒー
原材料名 / コーヒー/乳化剤
内容量 / 275g
JANコード / 4 904910 024995
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ

ダイドーブレンド コクと香りのブレンドBLACK 世界一のバリスタ監修 400gボトル缶

ダイドーブレンド コクと香りのブレンドBLACK 世界一のバリスタ監修 400gボトル缶 2018年7月
この商品は加温器販売ができます
DyDo
振らずに水平にゆっくりと開けてください
内容液がふきだすことがあります
開栓後はこぼれないよう、しっかりとお閉めください。キャップの切り口でのケガにご注意ください。
Blend
上品な香り
BARISTA CHAMPION
コクと香りのブレンド
BLACK
+W ESPRESSO BLACK/高級豆使用
コーヒー/無糖
Blend is Beautiful.
[国産]
アルミ
あきかんはリサイクル
高級豆77%使用
HOT & COLD この製品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
振らずに開栓してください。内容液がふきだすことがあります。
・開栓後はすぐにお飲みください。開栓後、再びキャップを閉めそのまま放置しますと、キャップ飛びや容器破損の危険性があります。
・コーヒーの成分が浮遊・沈殿することがあります。品質には問題ありません。
世界一のバリスタが缶コーヒーと真摯に向き合った想いと、ダイドーブレンドのブレンドへの深いこだわりを融合させて丹念に仕上げました。豆本来の優雅な香りと深いコクがお楽しみいただけます。
※ワールドバリスタチャンピオンシップ第14代チャンピオン ピート・リカータ氏
(100g当たり)
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0~1g (糖類 0g)
食塩相当量 0.05g
名称 / コーヒー
原材料名 / コーヒー/乳化剤
内容量 / 400g
JANコード / 4 904910 025039

身内のことで色々ありましてね・・・。

良くも悪くも結論が出まして・・・。とりわけ流れの速いネットの中ですから、もう、すっかり過去の人となっているとは思うけど、なんとか思い出していただける日を夢見て華麗に・・・すいません調子に乗りました。ぼちぼち復活したいと思います^^;。

そんなこんなの1本目は、缶コーヒーマニア史上、発売日がわかっているものの中では発見に最も時間がかかったであろう今作にしたいと思います。

発見は、Twitter にて目撃情報をお教えいただいたローソン100にて。ただ、前作があったので入れ替わりで入るだろうと読んでいたローソン100にその後入荷しなかったりしたので、今後さらなる難航が予想され、なんとか確保できてホッとしています^^。

それでは、今回前作ではなく、上記275gボトル缶との飲み比べとさせていただきます。

基本は275gボトル缶同様、かつ、伝統のダイドー無香料ブラックの系譜ではあります。でも、図らずも少し離れ、多少なりとも俯瞰で見られるようになった今、あらためて缶コーヒーとは変わった飲み物だなと・・・。いや、そこそこ理解していたつもりではあったんですけどね・・・。正に「井の中の蛙大海を知らず」状態だったのかなと思うことしききりでしたねえ^^;。

しかし、となるとここで急速に湧き上がってくる疑問は、ことブラックで、香料入りならまだしも無香料が売りの今作に対して感じるこの感覚の正体は一体なんぞやと言うことなんです・・・。

まあ、当然のごとく「正解」が直ぐにわかるわけもなく・・・。

特にブラックコーヒーに関しては、あらためてこの部分を掘り下げていくのが今後の重要な課題となっていくような気がしていて・・・。なんて言うか、正直、全部やると言った手前・・・って感じだったブラックに対しても楽しみが増えたなと、ある意味喜んでおります^^。

(登録日 2018年7月27日)

ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ

関連ページ

  • お探しの缶コーヒーはありましたか?。まだであれば、下記検索エンジンにて検索してみて下さい。缶コーヒーマニア内(ナナヒメドットネット内)のみ検索することが出来ます。
缶コーヒーマニア広告

スポンサーリンク

アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?

項目は3つ!。皆様の今までの人生において支持出来る缶コーヒーメーカーと、今年支持できる缶コーヒーメーカー、またはる缶コーヒー(単品)(単品部門は今年年10月頃から)です。それでは開幕いたしま~す!!。お気軽に、またふるってご投票ください^^。

2011年版の結果はこちら(メーカー部門単品部門

2010年版の結果はこちら!!

2009年版の結果はこちら!!

2008年版の結果はこちら!!

1・人生において支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

2・今年支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

3・今年支持できる缶コーヒー(単品)

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

ご投票ありがとうございました。

今年最高の缶コーヒーメーカーと缶コーヒーを決めるのはあなたです!!。

缶コーヒーマニア ダイドードリンコ株式会社  /  /  /  /  /  /  /  / 

PAGE TOP

缶コーヒーマニアTOP

缶コーヒーマニア下部広告

スポンサーリンク2

coffee_logo
 
QLOOKアクセス解析