トップ>缶コーヒーマニア トップ>有限会社ディープライス NO.2

缶コーヒーマニア 有限会社ディープライス NO.2

スマートフォンもしくは幅の狭いブラウザ用メニューはこちら

岡山県倉敷市堀南704番地5

※携帯電話でご覧の方は"モバイル版缶コーヒーマニアディープライス"をどうぞご利用下さい。

ディープライス2ページ目です。

ただ今缶コーヒーマニア内にて、”アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”開催中です。当ページ下部からも投票出来ますので、皆さんふるってご投票ください。

“アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”、メーカー部門(“あたしにも、オレにも言わせろ!。やっぱり、今年はこの缶コーヒーメーカーが最高でしょ!”)の各年最終結果です。
    国民投票第40位        
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
1票 / 0.0%
2011年
2010年
2009年
2008年
D-PRICE マイルドコーヒー カフェオレ 2017年11月

D-PRICE マイルドコーヒー カフェオレ

価格に挑戦!!ディープライス
MILD
COFFEE
Café au Lait
煎りたて豆使用
香り高くマイルドな味わいのカフェオレです。
コーヒー入り清涼飲料
国産
スチール
あき缶はリサイクル
(100gあたり)
エネルギー 14kcal
たんぱく質 0.3g
脂質 0.3g
炭水化物 2.6g
食塩相当量 0.066g
続いてカフェオレ。基本はオリジナルに準じる感じではありそうだけど、カフェオレらしくミルク感や甘みが比較的強いと言うかメリハリがはっきりしているので、オリジナルのような困惑はありませんでした。ただ、そうは言っても、その大半はカフェオレだと言う前提で飲んでいるからでしょう。久々に見た「コーヒー入り清涼飲料」かつ原材料の先頭が「砂糖」ってところから容易に想像できるとおり、おそらく今シリーズ共通の特徴だと予想されるコーヒー感の限りない希薄さは輪を掛けてしっかり今作にもあるので・・・。九分九厘正解でしょうが・・・、現段階における少なくともこの2本に対する的確な表現は、相当乱暴なのは承知の上であえて、スタンダード、カフェオレいずれもそこから「コーヒーを抜いたなにか」と言うことになります。・・・言ってしまうと、「砂糖入り牛乳」ですかね^^;。(登録日 2017年11月15日) 品名:コーヒー入り清涼飲料
原材料名:砂糖、コーヒー、全粉乳、脱脂粉乳、ココナッツオイル、デキストリン、塩化Na/カラメル色素、乳化剤、甘味料(アセスルファムK)
内容量:185g
JANコード:4 580343 719587
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
D-PRICE マイルドコーヒー 微糖 2017年11月

D-PRICE マイルドコーヒー 微糖

価格に挑戦!!ディープライス
MILD
COFFEE
煎りたて豆使用
香り高くマイルドな味わいのコーヒーです。
コーヒー飲料
国産
スチール
あきかんはリサイクル
(100gあたり)
エネルギー 8kcal
たんぱく質 0.2g
脂質 0.2g
炭水化物 1.4g
 糖類 0.7g
食塩相当量 0.071g
上記カフェオレのとこに書いた、そこから「コーヒー」を抜いたなにかと言う推察があながちピント外れではなかったと、今作を飲んで確信しました。今や懐かしささえ覚えるあの「人工甘味料入り微糖缶コーヒー」テイストから見事に「コーヒー」を抜いたかのような仕上がりであり、故にと言うか、同時になぜ「人工甘味料入り微糖缶コーヒー」が苦手なのかしっかり腑に落としてくれる味わいとなっております^^;。と言うことで、長年鬱積したモヤモヤをほぼ解消してくれた点は大変感謝いたしますが、それ以外評価することはできず・・・。あ、違いますね、缶コーヒーマニアとしては「評価がない」と言うのが正しい表現かと存じます。なにせ缶「コーヒー」ではないのですから・・・。しいて・・・、しいて言えば、この後のブラック・無糖も含め今回の4本すべて「無香料」ってとこですかね。まあ、この朧気な味わいなら必要ないのかもしれませんが・・・。(登録日 2017年11月15日) 品名:コーヒー飲料
原材料名:コーヒー、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、ココナッツオイル、デキストリン、塩化Na/カラメル色素、乳化剤、甘味料(アセスルファムK)
内容量:185g
JANコード:4 580343 719563
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
D-PRICE マイルドコーヒー ブラック・無糖 2017年11月

D-PRICE マイルドコーヒー ブラック・無糖

価格に挑戦!!ディープライス
MILD
COFFEE
BLACK
煎りたて豆使用
香り高くマイルドな味わいのコーヒーです。
コーヒー
国産
スチール
あきかんはリサイクル
(100gあたり)
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.6g
 糖類 0g
食塩相当量 0.041g
最後はブラック。上記3本の共通点を考えるとちょっとどうなんだろうって思いますが・・・。今回唯一の品名「コーヒー」だし、よもやそんなことは・・・。って、まあ、なにはともあれいただいてみましょう^^;。・・・まずはご安心下さい、さすがにまんま「水」ってことはありませんでした^^;。とは言え、しっかりとはほど遠く、むしろ限りなく水に近い、いわば、いろはすのような「コーヒー風味ウォーター」と言うのが最も適切な表現だと思います。あと、飲んでいる最中気付いたのですが、飲む前に相当よく振ったにもかかわらず味わいにかなりの濃淡があったんですよね。そこから考えて、なんて言うか、混ざりにくいのかなって気はしました。そんなこんな、極薄ながらもコーヒーそのものの味わいはけして悪くないので、故にむしろそれを逆手に取り、まったく振らずに一部分濃厚なところを作り、そこのみを楽しむと言うのも手かなとか思ったりもしました^^;。まあ、茶化し気味に言ってしまいましたけどね、薄味の無香料ブラック缶コーヒーには良くあると言えばあるのですが、それでもなお全体から感じられる「清らかさ」、「きれいさ」、またそれらを合わせた「純粋」さは特筆すべき今作の美点だと思うのですよ。ブラック好きの方のご感想はまた違うとは思いますが、個人的には今回の4本の中で飛び抜けて好感を持ったことを付け加えて〆とさせていただきます^^。(登録日 2017年11月15日) 品名:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:185g
JANコード:4 580343 719549
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ

関連ページ

  • お探しの缶コーヒーはありましたか?。まだであれば、下記検索エンジンにて検索してみて下さい。缶コーヒーマニア内(ナナヒメドットネット内)のみ検索することが出来ます。
缶コーヒーマニア広告

スポンサーリンク

アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?

項目は3つ!。皆様の今までの人生において支持出来る缶コーヒーメーカーと、今年支持できる缶コーヒーメーカー、またはる缶コーヒー(単品)(単品部門は今年年10月頃から)です。それでは開幕いたしま~す!!。お気軽に、またふるってご投票ください^^。

2011年版の結果はこちら(メーカー部門単品部門

2010年版の結果はこちら!!

2009年版の結果はこちら!!

2008年版の結果はこちら!!

1・人生において支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

2・今年支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

3・今年支持できる缶コーヒー(単品)

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

ご投票ありがとうございました。

今年最高の缶コーヒーメーカーと缶コーヒーを決めるのはあなたです!!。

缶コーヒーマニア 有限会社ディープライス  / 

缶コーヒーマニア下部広告

スポンサーリンク2

coffee_logo

 
QLOOKアクセス解析