トップ>缶コーヒーマニア トップ>アサヒ飲料株式会社 NO.15

缶コーヒーマニア  アサヒ飲料株式会社 NO.15

スマートフォンもしくは幅の狭いブラウザ用メニューはこちら

東京都墨田区吾妻橋一丁目23番1号

http://www.asahiinryo.co.jp/

※携帯電話でご覧の方は"モバイル版缶コーヒーマニアアサヒ飲料"をどうぞご利用下さい。

15ページ目です。

アサヒ飲料缶コーヒーについて、全体の印象なんかをブログ" 週刊?缶コーヒーマニア通信 "にも書いています。

ただ今缶コーヒーマニア内にて、”アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”開催中です。当ページ下部からも投票出来ますので、皆さんふるってご投票ください。

“アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”、メーカー部門(“あたしにも、オレにも言わせろ!。やっぱり、今年はこの缶コーヒーメーカーが最高でしょ!”)の各年最終結果です。
国民投票第4位 国民投票第15位 国民投票第13位 国民投票第4位 国民投票第2位 国民投票第1位 国民投票第4位 国民投票第7位 国民投票第16位
2016年
625票 / 14.9%
2015年
6票 / 0.1%
2014年
108票 / 1.5%
2013年
324票 / 7.1%
2012年
502票 / 7.6%
2011年
536票 / 8.2%
2010年
381票 / 4.6%
2009年
145票 / 4.4%
2008年
9票 / 0.6%

WONDA 極 微糖 ボトル缶370g

WONDA 微糖 ボトル缶370g 2018年9月
再栓時は漏れないよう、しっかりお閉めください。この商品は加温器販売が出来ます。
WONDERFUL COFFEE
振らずに傾けないでお開けください。
開閉時の液だれや、キャップ切り口でのけがにご注意ください。
KIWAMI
500℃火入れの焙煎の香り
深煎りの極み
創業80余年
Asahi 丸福珈琲店 監修 コーヒー
ワンダHP http://wonda.jp
国産
アルミ
あきかんはリサイクル
容器は投げ捨てないでください
ラベルをはずさずリサイクルできます
HOT & COLD この商品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
香り豊かなモカブレンド豆をを超高温500℃火入れで仕上げた香ばしさとコク深さ。香り高くそしてコク深いのに飲みやすい。老舗珈琲店監修の深煎りを極めた微糖コーヒーです。
・加温時はヤケドにご注意ください。
アレルゲン(27品目中)
(100g当り)
エネルギー 17kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.3g
炭水化物 2.9g
ー糖類 2.4g
食塩相当量 0.10g
名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、牛乳、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン/カゼインNa、香料、乳化剤、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:370g
JANコード:4 514603 345117

ボトル缶370gもなんとか発売週にセブンイレブンにて確保。

それでは早速、記憶に新しいボトル缶260gを思い出しながら試飲をしたいと思います。

うん・・・?、あれ・・・?。まあまあ、そうは言っても同じだろうと高をくくっていたのですが・・・。

なんて言うのかな・・・、ボトル缶260gもかなりのものと思ったけどそれ以上に人工甘味料使用独特の風味が薄く、それ故か「モカ」感を強く・・・、正直こちらだけってくらいに感じるため、まったく別人とは言わないまでも、双子的な違い・・・んん?、兄弟?、まあ、いいや^^;。とにかく、ルーツや育ちは同じでこうも変わるものなんだなと、あらためて思った次第です。

とは言え、これは今回の2本の間だけのことで、実際両者は同一人物って可能性の方が高い気もしますけどね。

まあ、そこは人工甘味料入り微糖なんで後に試すことは、よっぽどのことがない限りしないと思いますけど・・・^^;。

(登録日 2018年9月14日)

ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ

WONDA 極 ブラック ボトル缶400g

WONDA 微糖 ボトル缶370g 2018年9月
再栓時は漏れないよう、しっかりお閉めください。この商品は加温器販売が出来ます。
WONDERFUL COFFEE
振らずに傾けないでお開けください。
開閉時の液だれや、キャップ切り口でのけがにご注意ください。
KIWAMI
BLACK
500℃火入れの焙煎の香り
深煎りの極み
創業80余年
丸福珈琲店 監修
Asahi コーヒー/無糖・ブラック
ワンダHP http://wonda.jp
国産
アルミ
あきかんはリサイクル
容器は投げ捨てないでください
HOT & COLD この商品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
コク豊かなブレンド豆をを超高温500℃火入れで仕上げた香ばしさとコク深さ。飲むたびに香り高く繊細な後味が心地よい、老舗珈琲店監修の深煎りを極めた無糖ブラックコーヒーです。
・加温時はヤケドにご注意ください。
(100g当り)
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.5g
ー糖類 0g
食塩相当量 0.04g
名称:コーヒー
原材料名:コーヒー/香料
内容量:400g
JANコード:4 514603 354416

今回のモデルチェンジ初ブラックも、とりあえずボトル缶400gのみ上記微糖 ボトル缶370gと同じセブンイレブンにて確保。

しかし、モデルチェンジ直前に前作増量ボトル缶がほんの一時出回ったりして混乱しましたが・・・、何事もなかったかのように無事発売^^;。

それでは早速いってみましょう!!。

なんて言うか、基本前作や増量ボトル缶と変わりないような気はするのだけども、飲むたび、某I社Tの初期の味わいに近付いていく気がして仕方がないんですよね。おそらく、本家が徐々に大人しくなっていく傾向にあるが故に、比例してパ・・・、いや、図らずも似通った味わいになった今作の特殊性がより際立っていくってことなんだろうと推測されます^^;。

いやしかし、出自はどうあれ、現状におけるこの超個性は貴重だと思うんですよ。

今作の、それはもう栓をひねった瞬間から、待ちかねたかのようにズカズカ漏れ伝わり始め、その後は終始なんの躊躇もなく浴びせられ続ける強烈な香りと、相乗効果と言うべきか、とにかく一切の遠慮なく舌や喉、口の中、いやいや五臓六腑にグングン染み渡っていくかのような酸味強めのコーヒー感の組み合わせはただただ圧巻で、もう圧倒されるばかり!!。

故に、初飲時から、どちらでもないの選択肢はなく、好き嫌いのどちらかにはっきりとわかれると思うけど、それで良いんじゃないかと思うんですよね。そう、それこそが、現状の缶コーヒー界全体に少なからず蔓延している気がする「横並び感」や「停滞感」、あるいは「閉塞感」を打破するため極めて大事な要素だと思うから。

そんなこんなで、「どうか、一括りにしないでください」と、ここ最近声を大にして言えない感があったのですが、ここ数ヶ月のバリエーション豊かな新製品の数々を見るに、いやいやどうして未来は結構明るいのではと、気持ちの修正を始めているところです^^。

と言うとこで、そろそろまとめると・・・。

「人生ベスト」か「一生のトラウマ」か・・・。なんか迂闊に言ってはいけない気もするけど・・・、ぜひお試しを^^。

(登録日 2018年9月14日)

ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ

WONDA クオリティ ブラック

WONDA クオリティ ブラック 2018年9月
COFFEE
豆量※
130%
WONDERFUL COFFEE
QUALITY
Black
香料不使用
キリマンジャロ100%
Asahi コーヒー/無糖・ブラック
※公正競争規約コーヒー規格下限基準値 5g/100g比
キリマンジャロ100%コーヒー豆を130%※使用した、贅沢なコクと苦みのブラック缶コーヒーです。
ワンダHP http://wonda.jp
スチール
あきかんはリサイクル
容器は投げ捨てないでください
国産
(100g当り)
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.6g
ー糖類 0g
食塩相当量 0.04g
名称:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:165g
JANコード:4 514603 369816

イオン内の自販機にて、同日登録のイオンディライト「微糖コーヒー」とともに、仲良く並んでいてなにこれと!!。

予期していない出会いは1本でも大興奮なのに2本とは!!。いやもうある意味記念日ですよ、2018年の9月19日は!!。

・・・と、まあ、若干クールダウンをしてから・・・始めましょう。

最近、なんと「王様」であることが発覚した謎深い通称「おじさんコーヒー」こと「ブラック」以来かな、WONDAでは珍しい?無香料ブラックだからでしょうか、正直苦手です^^;。

これね、大変不遜な物言いになってしまいますが・・・、これこそ「リアル」なコーヒーに近い証明だと思ってたりして・・・。

まあ、そんな自慢なのかなんなのかまったく不明な戯言はこの辺にして・・・。一つの事実として、付き合いでとか有無を言わさず出していただいたときとかでないと飲むことのない、いわゆる「ブラックコーヒー」と、記憶はだいぶ薄くなっているとは言えとても近いと感じてしまい、飲み始め1口2口で既に先が思いや得られる状況だったことはご報告させていただいておきます^^;。

と言うことで、そろそろまとめに入りましょう。

とにもかくにも、そんな、もしかするとブラックコーヒー好きなんだけど缶コーヒーではなかなか・・・と日々お嘆きのあなた!!。一つの答えだったり、もしくは一生忘れられない出会いが、今、お近くのイオンにあるかもしれませんよ^^。

(登録日 2018年9月18日)

ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ

関連ページ

  • お探しの缶コーヒーはありましたか?。まだであれば、下記検索エンジンにて検索してみて下さい。缶コーヒーマニア内(ナナヒメドットネット内)のみ検索することが出来ます。
缶コーヒーマニア広告

スポンサーリンク

アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?

項目は3つ!。皆様の今までの人生において支持出来る缶コーヒーメーカーと、今年支持できる缶コーヒーメーカー、またはる缶コーヒー(単品)(単品部門は今年年10月頃から)です。それでは開幕いたしま~す!!。お気軽に、またふるってご投票ください^^。

2011年版の結果はこちら(メーカー部門単品部門

2010年版の結果はこちら!!

2009年版の結果はこちら!!

2008年版の結果はこちら!!

1・人生において支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

2・今年支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

3・今年支持できる缶コーヒー(単品)

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

ご投票ありがとうございました。

今年最高の缶コーヒーメーカーと缶コーヒーを決めるのはあなたです!!。

缶コーヒーマニア アサヒ飲料株式会社  /  /  /  /  /  /  /  /  /  / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15

PAGE TOP

缶コーヒーマニアTOP

缶コーヒーマニア下部広告

スポンサーリンク2

coffee_logo
 
QLOOKアクセス解析