トップ>缶コーヒーマニア トップ>アサヒ飲料株式会社 NO.10

缶コーヒーマニア  アサヒ飲料株式会社 NO.10

スマートフォンもしくは幅の狭いブラウザ用メニューはこちら

東京都墨田区吾妻橋一丁目23番1号

http://www.asahiinryo.co.jp/

※携帯電話でご覧の方は"モバイル版缶コーヒーマニアアサヒ飲料"をどうぞご利用下さい。

10ページ目です。

アサヒ飲料缶コーヒーについて、全体の印象なんかをブログ" 週刊?缶コーヒーマニア通信 "にも書いています。

ただ今缶コーヒーマニア内にて、”アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”開催中です。当ページ下部からも投票出来ますので、皆さんふるってご投票ください。

“アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”、メーカー部門(“あたしにも、オレにも言わせろ!。やっぱり、今年はこの缶コーヒーメーカーが最高でしょ!”)の各年最終結果です。
国民投票第4位 国民投票第15位 国民投票第13位 国民投票第4位 国民投票第2位 国民投票第1位 国民投票第4位 国民投票第7位 国民投票第16位
2016年
625票 / 14.9%
2015年
6票 / 0.1%
2014年
108票 / 1.5%
2013年
324票 / 7.1%
2012年
502票 / 7.6%
2011年
536票 / 8.2%
2010年
381票 / 4.6%
2009年
145票 / 4.4%
2008年
9票 / 0.6%
WONDA 特製カフェオレ  2015年4月

WONDA 特製カフェオレ

こだわりの特製レシピ
北海道産練乳使用
WONDERFUL COFFEE
ミルクがおいしい
Asahi コーヒー飲料
ミルクのおいしさをひきたてる、特製レシピでつくったカフェオレです。
国産
スチール
あきかんはリサイクル
容器は投げ捨てないでください
アレルゲン(27品目中) 乳
(100g当り)
エネルギー 40kcal
たんぱく質 0.7〜1.1g
脂質 0.5〜1.0g
炭水化物 7.2g
ナトリウム 40mg
本当に今日はたかしま様様デイですね!!。こちらも、親方のソフトドリンクランド掲示板内同氏の書き込みにて、モデルチェンジに気付かせていただきました。本当にありがとうございます!!、危うくスルーしてしまうところでした^^;。それでは、早速前作と飲み比べてみましょう!!。おそらくミルクソースから加糖脱脂練乳への変更によるものでしょうね、基本的な組み立てこそさほど違いはないように思えますが、ことミルク感だけはガラッと趣が変わり、結果として全く別物の様相を呈しています。もうちょっと具体的に言うと、ミルク感がさらっとより牛乳に近付いたことで、全体の飲み口、また雰囲気までもスッキリ感が強く感じられるようになったと言うことになります。ただ、あくまでも新旧を比べてみれば強弱を感じる程度の話であり、特製カフェオレらしさが失われたと言うことではありませんので、その点前作ファンの方々は、どうかご安心くださいませよ^^。(登録日 2016年10月19日) 名称:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、全粉乳、加糖脱脂練乳、デキストリン、香料、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:185g
JANコード:4 514603 305418
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 極 ブラック ボトル缶285g 2016年10月

WONDA 極 ブラック ボトル缶285g

この商品は加温器販売が出来ます。振らずに傾けないでお開けください。
WONDERFUL COFFEE
再栓時は漏れないよう、しっかりお閉めください。
開閉時の液だれや、キャップ切り口でのけがにご注意ください。
老舗の情熱
“深煎りの極み”
KIWAMI
BLACK
創業 昭和九年
丸福珈琲店 監修
モカブレンド
Asahi コーヒー/無糖・ブラック
アルミ
あきかんはリサイクル
容器は投げ捨てないでください
長年の研究でたどり着いた焙煎法「深煎りの極み」により実現した、コク深いながらも飲みやすい味わい。創業80年を超える老舗「丸福珈琲店」監修のコーヒーです。
・加温時はヤケドにご注意ください。
HOT & COLD この商品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
ワンダHP http://wonda.jp
国産
(100g当り)
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.4~0.8g
ナトリウム 10~20mg
糖類 0g
ボトル缶285gもなんとか通りすがりの自販機にて確保。今回は先に登録したボトル缶400gと飲み比べてみました。若干濃いような気がしたのは、単に印象によるものの可能性大。と言うことで、結論としては両者同じとさせていただき、あらためての感想は割愛させていただきます。(登録日 2016年10月19日) 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、香料、乳化剤
内容量:285g
JANコード:4 514603 337716
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 極 微糖 深煎りマイルド 2016年10月

WONDA 極 微糖 深煎りマイルド

再栓時は漏れないよう、しっかりお閉めください。この商品は加温器販売が出来ます。
WONDERFUL COFFEE
振らずに傾けないでお開けください。
開閉時の液だれや、キャップ切り口でのけがにご注意ください。
老舗の情熱
“深煎りの極み”
KIWAMI
創業 昭和九年
丸福珈琲店 監修
モカブレンド
Asahi コーヒー
ワンダHP http://wonda.jp
HOT & COLD この商品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
アルミ
あきかんはリサイクル
容器は投げ捨てないでください
ラベルをはがさずリサイクルできます
長年の研究でたどり着いた焙煎法「深煎りの極み」により実現した、コク深いながらも飲みやすい味わい。創業80年を超える老舗「丸福珈琲店」監修のコーヒーです。
・加温時はヤケドにご注意ください。
国産
アレルゲン(27品目中)
(100g当り)
エネルギー 18kcal
たんぱく質 0.4〜0.8g
脂質 0g
炭水化物 3.0g
ナトリウム 40mg
糖類 2.4g
七砂さんのツイートを参考に、近くのローソン100にてやっと確保することができました!!。七砂さん、いつも貴重な情報ありがとうございます!!。では、早速始めましょう。なんだろう、原材料や栄養成分表示を見るに、370gボトル缶とさほど変わらなそうなのに実際の印象は結構違います。端的に言うと、いわゆる人工甘味料感の差・・・、いや、はっきりと有無です。これだけ明らさまならおそらく意図的なんでしょうね、そして今作の方が「極 微糖」としての正しい形、もしくは求められている姿だと思います。そう、370gボトル缶のところに書いたように、例え人工甘味料感が極小、もっと言うとゼロであっても、こちら側としてはヤツが入っているのがわかった段階でまず拒絶するわけですからね。おそらく今や多数派なんでしょう、人工甘味料入り微糖缶コーヒーファンの方々にとっての最良を目指すべきは当然だと理解しておりますし、そこがしっかりと具現化されていると言う意味で、今作もまた優れた缶コーヒーの1本なんだと最早認めざるを得ません^^;。(登録日 2016年10月22日) 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、牛乳、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:260g
JANコード:4 514603 336610
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 特製カフェオレ ボトル缶260g 2016年10月

WONDA 特製カフェオレ ボトル缶260g

WONDERFUL COFFEE
振らずに傾けないでお開けください。
再栓時は漏れないよう、しっかりお閉めください。
開閉時の液だれや、キャップ切り口でのけがにご注意ください。
こだわりの特製レシピ
北海道産練乳使用
ミルクがおいしいカフェオレ
Asahi コーヒー飲料
・加温時はヤケドにご注意ください。
アレルゲン(27品目中) 乳
3つのこだわりがミルクのおいしさをひきたてます。
濃縮ミルク 北海道産練乳 低温じっくり焙煎
HOT & COLD この商品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
国産
アルミ
あきかんはリサイクル
容器は投げ捨てないでください
ラベルをはがさずリサイクルできます。
(100g当り)
エネルギー 41kcal
たんぱく質 0.7〜1.1g
脂質 0.5〜1.0g
炭水化物 7.5g
ナトリウム 39mg
先に登録した極 微糖 深煎りマイルドを購入したローソン100で、仲良く並んで売られていたボトル缶も発見!!、本当にここのところのWONDAには苦労させられます・・・。しかし、まあ、この過程にあるあれやこれやもこの趣味の醍醐味と言えなくもないので、見付かったことだし、良しとしましょう^^;。それでは始めます。ローストミルクOUT、加糖脱脂練乳・脱脂濃縮乳・クリームINですか。この3対1トレードにより、結果として、すごく抽象的な言い方になってしまうのですが、前作と比べさらに普遍的かつ王道のカフェオレに変化を遂げ、それにより、なんだかさらに堂々たる貫禄さえ纏ったように感じられました。そして、その印象は先に登録したショート缶と比較してもそうで、少ない分濃いのかななんてまったくの幻想、豊かなミルク感とたっぷり優しい甘み、そして陰に徹し土台を固めるコーヒー感と相まって、現在販売されている中はもちろん今までのものの中でも、カフェオレ缶コーヒー一つの極に達した名作と言って過言じゃないと思います!!。さらにさらにこの容量とくればもう!!、カフェオレ・ラテ好きのご同輩におかれましては、この好機を享受しない手はないと思いますよ^^。ただ、当然これから随時置き換わっていくのでしょうけども、現状ではあまり見かけないのが若干のマイナスと言えばマイナスかな?。まあ、ここのところ入れ替えがスローペースなWONDAのことですから、この辺は時が解決してくれるでしょう^^。(登録日 2016年10月22日) 名称:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、加糖脱脂練乳、脱脂濃縮乳、デキストリン、クリーム、香料、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(ビタミンC)、シリコーン
内容量:260g
JANコード:4 514603 305517
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
レギュラー 2016年12月

レギュラー

REGULAR
選び抜かれた
こだわりの一杯
コーヒー
香料不使用
人工甘味料不使用
スチール
あきかんはリサイクル
容器は投げ捨てないでください
国産
(100g当り)
エネルギー 22kcal
たんぱく質 0.4〜0.8g
脂質 0.4〜0.7g
炭水化物 3.8g
ナトリウム 42mg
糖類 3.0g
Twitterにて話題が散見され始め、「缶コーヒーマニア」を自称しながら恥ずかしながらも完全に乗り遅れてしまった感のある通称「おじさんコーヒー」・・・。今回、つばめ92号さんのご厚意により飲む機会をいただきましたので、早速いただいてみようと思います。まずはレギュラーから!!。第一印象は、水っぽいと斬って捨てるギリギリのところでなんとかかんとか踏みとどまっている感じ。残念ながら現在においては全然そんなことはなく、むしろ贅沢なこととなってしまっているのですが、究極の「普通の缶コーヒー」だなと思いました。が、当初弱点だなと思ったこの極めて線の細い頼りなさはむしろ美点であり、どことなく、同社ザ・シンプルから香料を抜いてさらにスッキリ見晴らしの良いな味わいが、じんわりと身体中に沁み渡っていくような感覚はすこぶる心地良くまた新鮮で、いやいやどうしてよく練られた1本なんだなと思いました!!。誤解を恐れず言えば、良い意味でうま過ぎないが故に肩肘張らず付き合える、と言うか、何にも考えずに一緒に居られる、気さくな相棒となり得る1本だと思いました。さらに蛇足ながら、現時点で売られているアサヒ飲料缶コーヒーの中で最も好きなのがはれて今作となったこともここに申し上げておきます^^。しかし、全国販売ではないとは言えこんな時代にこのようなフック皆無の1本を出すなんてね、アサヒ飲料さんは勇気あるなと思いましたよ。願わくば調子に乗って、このままの状態で全国販売していただけることを切に願っておりますよ・・・、と言うか、してください、是非!!。(登録日 2016年12月21日) 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、カゼインNa、乳化剤
内容量:185g
JANコード:4 514603 342413
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ブラック 2016年12月

ブラック

BLACK
選び抜かれた
こだわりの一杯
コーヒー/無糖・ブラック
香料不使用
スチール
あきかんはリサイクル
容器は投げ捨てないでください
国産
(100g当り)
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.4~0.8g
ナトリウム 10~20mg
糖類 0g
同じくつばめ92号さんに機会をいただいたブラックも、今度は若干期待を高めて試飲したいと思います。・・・いやいや、高めた期待の遙か上を飛んでいきましたよ!!。主に酸味寄り、久々にショート缶ブラックらしいしっかりとしたコーヒー感を持つ1本だと思いました。そして、逆説的にと言うか、とにかくなによりも今作の素晴らしさを表すと思われるのが、個人的には非常に苦手だと言うこと・・・。そう、コーヒー苦手の缶コーヒー好きと言う変態が太鼓判を押すんですから、それは間違い無いと思いますよ。なぜか目から水分が溢れて溢れて止まらないわけですが・・・^^;。しかし上記レギュラーとともに、このやる気のカケラもない、もしくは何にも考えていない名前や、手抜・・・、力の抜けきった外観と裏腹にも程がある中味はなんなんでしょうね。能ある鷹は爪隠す的な?、世を忍ぶ仮の姿的な?。ともに、アサヒ飲料が年末に投下したとんでもないBOMBであるが故に、謎は深まるばかりです・・・。(登録日 2016年12月21日) 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:185g
JANコード:4 514603 342512
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 極 超深煎りブレンド 2017年1月

WONDA 極 超深煎りブレンド

老舗の情熱“深煎りの極み”
WONDERFUL COFFEE
KIWAMI
創業 昭和九年 80余年のこだわり
丸福珈琲店監修
Asahi コーヒー
長年の研究でたどり着いた焙煎法「深煎りの極み」を採用。超深煎り豆を10%ブレンドし、コーヒー豆量150%※で仕立てた、コーヒーの風味が際立つ凝縮した味わい。
※公正競争規約 コーヒー規格下限基準値(5g/100g)比
国産
アレルゲン(27品目中)

スチール
あきかんはリサイクル
容器は投げ捨てないでください
(100g当り)
エネルギー 23kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0.5g
炭水化物 3.9g
食塩相当量 0.1g
能書き通り確かに、どっしりと芯の通ったコーヒー感があって頼もしいばかり、おそらく狙いとしては、その強力なコーヒー感でヤツの違和感をも軽々抑え込んでしまおうって寸法なんだと思います。果たして実際どうかと言うと、一見その目論見は見事成功しているように思えるのですが・・・。やっぱりね、ヤツは強いよ、そんな簡単なもんじゃない・・・。まず開栓した一瞬立ち昇る香りは、あれってくらいでまあ見逃せるとして、表現があまりきれいではないんだけど、なんか端々から隙を見てはニュルっと顔を覗かせるアイツがね・・・。本当にちょいちょいで、かつその時点ではほとんど気にもならないんだけど、なぜか最終的には全て持っていってしまい、結局残る印象はただただ人工甘味料入り微糖缶コーヒーを飲んだんだなってことのみ、それだけ・・・。しかしアサヒ飲料、2016年の特に後半は良い流れだったんですけどね。妙なレッテルを貼るようで申し訳ないんだけど、まだまだどっこい「使用派」は強いよてことなのかな・・・。と言うより、本当のとこ、夢の甘味料的に大量に仕入れた、もしくは契約してしまったからなのか、単純に支持派多いからなのか、そろそろ種明かしをお聞かせ願いたいものです・・・。(登録日 2017年1月10日) 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、デキストリン/カゼインNa、乳化剤、香料、甘味料(アセスルファムK)
内容量:185g
JANコード:4 514603 342710
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA モーニングショット 20周年限定デザイン缶 表面 2017年1月

 

WONDA モーニングショット 20周年限定デザイン缶 澤部1 2017年1月

 

WONDA モーニングショット 20周年限定デザイン缶 澤部2 2017年1月

 

WONDA モーニングショット 20周年限定デザイン缶 澤部3 2017年1月

 

WONDA モーニングショット 20周年限定デザイン缶 劇団ひとり1 2017年1月

 

WONDA モーニングショット 20周年限定デザイン缶 劇団ひとり2 2017年1月

 

WONDA モーニングショット 20周年限定デザイン缶 劇団ひとり3 2017年1月

 

WONDA モーニングショット 北野武1 20周年限定デザイン缶 2017年1月

 

WONDA モーニングショット 20周年限定デザイン缶 北野武2 2017年1月

 

WONDA モーニングショット 20周年限定デザイン缶 北野武3 2017年1月

WONDA モーニングショット 20周年限定デザイン缶

THE START OF A GREAT DAY
WONDERFUL COFFEE
Morning Shot
スッと飲めて、キリッと苦味。
Morning Shot:100% Fresh Arabica beans make a unique flavor.
限定
応援メッセージ入り
Asahi 朝専用【コーヒー】
「新しい朝。新しい気持ちでいきましょう! by 澤部佑」
「はじめ良ければ、すべて良し! by 澤部佑」
「応援してます!毎朝頑張るあなたのこと。 by 澤部佑」
「スタートダッシュ、決めましょう! by 劇団ひとり」
「今日一日、楽しむ準備できてますか? by 劇団ひとり」
「おはようございます!今日も頑張りましょう! by 劇団ひとり」
「朝を制するものは、一日を制す。 by 部長 北野武」
「朝は、げんきなくらいが丁度いいよ。 by 部長 北野武」
「朝のアンタは、良い顔してるぜ。 by 部長 北野武」
全9種
スチール
あきかんはリサイクル
国産
ワンダHP http://wonda.jp
(100g当り)
エネルギー 35kcal
たんぱく質 0.5〜0.9g
脂質 0.3〜0.6g
炭水化物 6.8g
ナトリウム 40mg
セブンイレブンにてやっと発見!!。とりあえず、そこにあった8種と通常缶1缶を確保してまいりました。と言うことで、早速、通常缶と飲み比べてみたいと思います。今回、右に書きました応援メッセージの上から順に通常缶と飲み比べていったわけなんですけど、最初の1缶目が、根本的な味わいこそ、あ、モーニングショットだねと即座に言えるものの、随分とすっきりスリムになったような印象だったため、いやいやどうして、事前の予想とは大ハズレ、20周年と言うことでかなり手を入れてきたのかと色めき立ったのですが・・・。2本目3本目と進むにつれ、これはやはり何時ものモーニングショット節だねと、なんだかガッカリしたようなホッとしたような妙な気持ちになりました^^;。でも、これはこれで一つの到達点であり完成形。もっと言うと、缶コーヒーと言うものを代表する1本ですからね!!。その20周年記念品としては、むやみやたらに変えない、この堂々たる姿こそ正解なんだと思います。あと1種・・・、外観上の違いは裏の応援メッセージだけですから凄く悩んだんだけど・・・、ここまできたらむしろ、見付からない方がショックだわ^^;。(登録日 2017年1月24日)
追記:最後の1種も無事確保できました。中味ですか?、寸分違わず同じです^^。(追記日 2017年1月24日)
名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、デキストリン、カゼインNa、乳化剤、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:185g
JANコード:4 514603 284317
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 金の微糖 20周年限定デザイン缶 表面 2017年1月

 

WONDA 金の微糖 20周年限定デザイン缶 澤部1 2017年1月

 

WONDA 金の微糖 20周年限定デザイン缶 澤部2 2017年1月

 

WONDA 金の微糖 20周年限定デザイン缶 澤部3 2017年2月

 

WONDA 金の微糖 20周年限定デザイン缶 劇団ひとり1 2017年1月

 

WONDA 金の微糖 20周年限定デザイン缶 劇団ひとり2 2017年1月

 

WONDA 金の微糖 20周年限定デザイン缶 劇団ひとり3 2017年3月

 

WONDA 金の微糖 20周年限定デザイン缶 北野武1 2017年1月

 

WONDA 金の微糖 20周年限定デザイン缶 北野武2 2017年1月

 

WONDA 金の微糖 20周年限定デザイン缶 北野武3 2017年2月

WONDA 金の微糖 20周年限定デザイン缶

WONDERFUL COFFEE
GOLD
QUALITY
GOLD Is A Premium Coffee With A Radiant-like Beauty Perfected With Premium Beans.
限定
応援メッセージ入り
3段階の選定審査を通過したブラジル最高等級高級豆ブレンド※
Asahi コーヒー
「人にも、たまには充電が必要です。 by 澤部 佑」
「ちゃんと休むのも、仕事のうちですよ! by 澤部 佑」
「頭も気持ちもリフレッシュしましょう! by 澤部 佑」
「いい仕事の後は、いい休憩を! by 劇団ひとり」
「たまには自分を、褒めてあげませんか? by 劇団ひとり」
「ひと休みして、ひと踏ん張りしましょ。 by 劇団ひとり」
「ひと休みが次のいい仕事につながるんだよ。 by 部長 北野 武」
「ひと仕事終えたあとのアンタ、輝いてるぜ。 by 部長 北野 武」
「アンタが頑張ってるの、ちゃんと誰かが見てるよ。 by 部長 北野 武」
全9種
【3段階の高級豆選定審査】
①大きさ 成熟した大きな豆のみを選抜。
②品質 欠点豆の有無を厳しくチェック。
③味わい 試飲評価で風味の良い豆を厳選。
※高級豆ブラジルNo.2を51%使用
ワンダHP http://wonda.jp
スチール
あきかんはリサイクル
国産
(100g当り)
エネルギー 20kcal
たんぱく質 0.4~0.8g
脂質 0.3~0.8g
炭水化物 3.0g
ナトリウム 40mg
糖類 2.3g
モーニングショットに続き金の微糖も、とりあえず9分の6確保。早速、通常缶と飲み比べてみます。まず結論から先に申し上げますと、通常缶と20周年限定デザイン缶6種すべて飲み比べた感想はいずれも、むしろここまでそろえる方が難しいでしょってくらいに同じです^^。しかし、好き嫌いは置いておくとしても、これぞ最前線の缶コーヒーなんだなとしみじみ思いましたね。なんだかんだでそつなくまとまってるし、違和感だってあげつらって言う程は・・・、敏感に反応しすぎなのかもなと、少なくとも飲んでいる最中は思えますもんね。・・・って、いやいやいや、それは日和だな、だめじゃない、そんなんじゃ・・・^^;。(登録日 2017年1月24日) 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:185g
JANコード:4 514603 252712
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
WONDA 極 微糖 ボトル缶370g 2017年3月

WONDA 極 微糖 ボトル缶370g

再栓時は漏れないよう、しっかりお閉めください。この商品は加温器販売が出来ます。
WONDERFUL COFFEE
振らずに傾けないでお開けください。
開閉時の液だれや、キャップ切り口でのけがにご注意ください。
老舗の情熱
“深煎りの極み”
KIWAMI
創業 昭和九年 80余年のこだわり
丸福珈琲店 監修
モカブレンド
Asahi コーヒー
ワンダHP http://wonda.jp
国産
アルミ
あきかんはリサイクル
容器は投げ捨てないでください
ラベルをはがさずリサイクルできます
HOT & COLD この商品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
長年の研究でたどり着いた焙煎法「深煎りの極み」により実現した、コク深いながらも飲みやすい味わい。創業80年を超える老舗「丸福珈琲店」監修のコーヒーです。
・加温時はヤケドにご注意ください。
アレルゲン(27品目中)
(100g当り)
エネルギー 18kcal
たんぱく質 0.4〜0.8g
脂質 0g
炭水化物 3.2g
ー糖類 2.4g
食塩相当量 0.1g
すいません・・・、完全に私の怠惰でしかないのですが、事前に今作の発売がわかっていたのにもかかわらず、前作を用意しておらずの体たらく・・・。今回は、これまでを思い出しつつ、また新たな気持ちでの試飲でお許しいただければと思います。それでは・・・。若干あちら側よりになったような気はするものの、それでもまだまだ、こちら側からみた、ほぼ最高峰に位置する味わいを誇る人工甘味料入り微糖缶コーヒーの1本だと思います。しかもこの大容量はほかに比類するものがない、正にオンリーワンの1本と言ってもそれほど過言ではないでしょう。ただ・・・、毎回思うんですよ、これが正解なのかって・・・。あちら側の方々にとってこの、これまでの主流と明らかに違う味わいを是とするならば、今や缶コーヒー界の中心をなすまでに受け入れられた以前の味わいはなんだったってなりますから・・・。間違いなく良作に入る今作を腐すつもりは毛頭ないのですが、その辺でいつもモヤモヤするんです・・・。(登録日 2017年3月7日) 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、牛乳、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン/香料、乳化剤、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:370g
JANコード:4 514603 345117
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ

関連ページ

  • お探しの缶コーヒーはありましたか?。まだであれば、下記検索エンジンにて検索してみて下さい。缶コーヒーマニア内(ナナヒメドットネット内)のみ検索することが出来ます。
缶コーヒーマニア広告

スポンサーリンク

アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?

項目は3つ!。皆様の今までの人生において支持出来る缶コーヒーメーカーと、今年支持できる缶コーヒーメーカー、またはる缶コーヒー(単品)(単品部門は今年年10月頃から)です。それでは開幕いたしま~す!!。お気軽に、またふるってご投票ください^^。

2011年版の結果はこちら(メーカー部門単品部門

2010年版の結果はこちら!!

2009年版の結果はこちら!!

2008年版の結果はこちら!!

1・人生において支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

2・今年支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

3・今年支持できる缶コーヒー(単品)

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

ご投票ありがとうございました。

今年最高の缶コーヒーメーカーと缶コーヒーを決めるのはあなたです!!。

缶コーヒーマニア アサヒ飲料株式会社  /  /  /  /  /  /  /  /  /  / 10 / 11

PAGE TOP

缶コーヒーマニアTOP

缶コーヒーマニア下部広告

スポンサーリンク2

coffee_logo

 
QLOOKアクセス解析