トップ>缶コーヒーマニア トップ>ジェイティーフーズ株式会社

缶コーヒーマニア ジェイティーフーズ株式会社(ジェイティー飲料株式会社)

スマートフォンもしくは幅の狭いブラウザ用メニューはこちら

東京都品川区大井1-28-1

http://www.jti.co.jp/softdrink/

※携帯電話でご覧の方は"モバイル版缶コーヒーマニアジェイティーフーズ"をどうぞご利用下さい。

JTってタバコ屋さんデスヨネ?、そう言えばタバコの自動販売機の隣にはジュースの販売機も有りますしいい狙いですね、現在展開中の"Roots"ブランドは全体的にハズレがなくレベルが高いと思いますし、確かな"Roots"の味と言うのがある様に思います。(ナマイキいってスイマセン)

ジェイティーフーズの缶コーヒーについて、全体の印象なんかをブログ"週刊?缶コーヒーマニア通信"にも書いています。

ただ今缶コーヒーマニア内にて、”アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”開催中です。当ページ下部からも投票出来ますので、皆さんふるってご投票ください。

“アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”、メーカー部門(“あたしにも、オレにも言わせろ!。やっぱり、今年はこの缶コーヒーメーカーが最高でしょ!”)の各年最終結果です。
国民投票第1位 国民投票第6位 国民投票第6位 国民投票第8位 国民投票第11位 国民投票第9位 国民投票第3位 国民投票第1位
2016年
2015年
1,272票 / 18.8%
2014年
551票 / 7.8%
2013年
310票 / 6.8%
2012年
361票 / 5.5%
2011年
280票 / 4.3%
2010年
359票 / 4.3%
2009年
238票 / 7.3%
2008年
210票 / 13.5%
Rootsタンザニアンブルー

Roots タンザニアンブルー

キリマンジャロ豆100&の深い味わい

キリマンジェロ豆本来の深いコクと適度な酸味をそのままお楽しみいただける缶コーヒーです。
エネルギー 30kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0g
炭水化物 5.9g
ナトリウム 42.6mg
コレも豆の味がイイナ~、ホント"Roots"のシリーズは・・・「参りました!!」って感じです、キリマンジャロ豆のケッコウ強いですが丁度いい酸味、コク、後味の残り具合、甘みとかミルク感(これらはカナリ弱いです)それらの要素がモンクなく調和してます。
キリマンジャロの酸味はとても個性が強いですけど、その個性を消さずにここまでまとめ上げる、ん~脱帽デス。
好き嫌いは分かれると思いますけど・・・チョットそれを超えて「美味しい!!」と思わせる力があると思いマス。
名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、濃縮乳、脱脂粉乳、コーヒーオイル、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
Rootsデミタスベルベットタッチ

Roots デミタスベルベットタッチ

豊かなコク、滑らかな舌触り

・「深煎りコーヒー」と「クリーム」の味わいが絶妙に調和した、舌触り滑らかなデミタスです
・Rootsは「どんな場面でも本当においしいコーヒーを」を目指し、キーコーヒーとJTの技術とノウハウを集めて生まれた、コーヒーの共同展開ブランドです。
エネルギー 42kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 1.2g
炭水化物 7.0g
ナトリウム 39.4mg
美味しいですねコレ!!、豆の味香り、苦味、酸味、クリームの味、後味すべて高次元にバランスが取れていて、チョットモンクのつけようがナイです、ホントに強いて言えばナナヒメのような"ヘビードリンカー?"には(1日何本も・・・)少しキツイ位カナ。
ルーツのシリーズは豆の味が際立ってイイですね、何か秘密があるような・・・
名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、濃縮乳、クリーム、乳化剤(大豆由来)、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)
内容量:170g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
Rootsカスタムブレンド微糖

Roots カスタムブレンド微糖

豊かなコク キレのある後味
・コーヒー飲料等通常品(糖類7.5g/100ml)に比べ糖類を70%カット。
・本製品に使用している脂肪分は「中鎖脂肪酸」を含みます。
・「中鎖脂肪酸」は体内に蓄積されにくい脂質とされています。
エネルギー 18kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 3.9g
ナトリウム 39.0mg
糖類 2.0g
今まで微糖シリーズは好きではなかったんですけど、今回コレを飲んでみて思ったのは、「ケッコウ好きなのかも?」って事です(たんにこれが美味しかっただけかも?)。豆がいいですね、また甘さも丁度いいし後味もいいし、良いコーヒー感だけあるって感じです。Rootsのシリーズは結構ハズレ無くいいですね。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、脱脂乳化剤、還元澱粉糖化物、植物性油脂、香料、乳化剤(大豆由来)、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)、甘味料(アセスルファムK)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
Rootsダイヤモンドデックス

Roots ダイヤモンドデックス

コーヒー豆「本来の力」が輝く味わい
・コーヒー豆を丁寧に焙煎・抽出することで「香り」と「旨み」をたっぷり引き出しました。コーヒー豆本来の「力強いコーヒー感」が味わえる缶コーヒーです。
エネルギー 33kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.5g
炭水化物 6.4g
ナトリウム 40.3mg
やっぱりRootsはイイナ~、本当に豆の味がイイです、コレはおそらく普通の"ブレンドコーヒー"を狙ってるのカナ、他のシリーズほど際だってはいませんが、やはり他のブランドより頭一つ抜けてマス、飲んでいてとても落ち着きますし、ノドを通っていく感じもイイ美味しいです。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、濃縮乳、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
Rootsカリビアンバレー

Roots カリビアンバレー

コスタリカ豆100%
高地産コスタリカ豆の爽やかな珈琲感
・厳選した高地産コスタリカ豆を100%使用しました。上質なコクと酸味、口の中で広がる爽やかなコーヒー感をお楽しみいただけます。
エネルギー 29kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0g
炭水化物 5.9g
ナトリウム 39.5mg
豆の味、香りともにモンクナシです、へんな後味も残らず余韻の残り具合もいいです。贅沢を言えば豆以外の要素がアッサリしすぎているトコロ位カナ、まとまりすぎていてチョットカワイクないかも?(レベルが高いがゆえデスケド・・・) 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、濃縮乳、牛乳、香料、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
Rootsレッドサバンナ

Roots レッドサバンナ

エチオピアモカ豆100%
アロマ華やかモカ100%
・厳選したエチオピアモカ豆の「華やかな香り」と「柔らかな苦味」が楽しめる、風味豊かなコーヒーです。
エネルギー 30kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0g
炭水化物 6.1g
ナトリウム 38.9mg
ヤッパリ、"Roots"はスゴイです、モカの香りってチョット間違うと臭く、後味も悪いってなりがちな様な気がするんですケド、またもやモンクなくまとまっています、本当にRootsのシリーズは"豆"そのものの味を楽しめますねホントウに。
他とはチョットした違いなのかも知れませんが、その違いがおそらく大きいんダナ~、華のある苦味、ほのかな酸味、何か飲んでてウレシクなってきますよ、後味の残り具合も絶妙ですしネ。
名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、濃縮乳、牛乳、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
Rootsクリーミーカフェ

Roots クリーミーカフェ

まろやかな「ミルク」と広がる「コク」
・クリーミーでまろやかなミルクの味わいの中に心地よいコーヒーのコクが広がる、飲みごたえのある味わいの「カフェオレタイプ」の缶コーヒーです。
エネルギー 41kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 1.1g
炭水化物 7.0g
ナトリウム 43.6mg
生クリームがチョット強めな気はしますが、イヤナニオイや味がしないので大丈夫デス、コーヒーの味とクリームの味とのまとめ方がヤッパリうまいな~、ノド越しも後味も含めてとってもなめらかな味に仕上がっていると思いマス、甘さも違和感なく自然に溶け込んでいます。
こういったクリーミーなタイプはクドクなりがちなんですケド、コレにはそれがマッタク感じられず美味しいです。
名称:コーヒー飲料
原材料名:砂糖、全粉乳、コーヒー、加糖練乳、植物性油脂、デキストリン、乳化剤(大豆由来)、香料、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)
内容量:280g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
Rootsアロマブラック

Roots アロマブラック

香ばしいアロマ コクのあるブラック
Roots「アロマブラック」は、コーヒー本来の味わいを追求した、香り高い無糖ブラックコーヒーです。
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.6g
ナトリウム 12.6mg
糖類 0g
酸味がちょっと強めですが、香り・コク・苦味ともにイイですね、酸味が残り気味なのを除けばよりオイシク感じられるかな~、ブラックコーヒー好きの方にはコノ味がいいのかも知れませんけど・・・、個人的にどうしても"Roots"ブランドには過剰な期待をしてしまうのでアレですが・・・標準以上にオイシイと思いますよ。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
Rootsカスタムブレンド微糖

Roots カスタムブレンド微糖

豊かなコク キレのある後味
・コーヒー飲料等通常品(糖類7.5g/100ml)に比べ糖類を70%カット。
・本製品に使用している脂肪分は「中鎖脂肪酸」を含みます。
・「中鎖脂肪酸」は体内に蓄積されにくい脂質といわれています。
エネルギー 17kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 4.0g
ナトリウム 41.6mg
糖類 2.0g
微糖ですけどケッコウ豊かな味がしますね~、微糖の類は甘味料が独特の味がしちゃってちょっと・・・っていうタイプが多いんですけど、コレはまったくそんな事が無く自然で「ホントに微糖?」ってぐらいですね、コーヒー感は弱いんですけどちゃんと有り、ルーツらしいバランスの良さで一気に飲ませてしまう感じ、で飲み終わる頃には「やっぱりルーツはオイシイよね」って感覚です、ただコノページの上の方にある同じ種類(どちらが新しいか分かりませんが)と比べると、こちらの方が"豆"って感じとコーヒー感がちょっと弱いかな~。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、還元澱粉糖化物、脱脂濃縮乳、濃縮乳、植物性油脂、香料、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)、甘味料(アセスルファムK)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
Rootsインスピレーション(REALBREND)

Roots インスピレーション(REAL BREND)

コク。キレ。アロマ。ひらめく味わい。
エネルギー 31kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0g
炭水化物 6.2g
ナトリウム 38.2mg
豆の味が相変わらずイイですね、苦味が強めにあり、チョットミルク(クリーム?)がじゃまな感はありますケド、バランスはGOOD!!です、苦味がカナリ強く後味として残りますが、豆の味がイイので気になりません。
しかし、この缶凝ってますよ~、見る角度によってそのメタリックカラーが変わる、とてもキレイですね。(写真で分かるかな~?、店頭で一度見てみて下さいネ)
名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、濃縮乳、香料、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ラテ・ストレート(砂糖不使用)

ラテ・ストレート(砂糖不使用)

「深煎り」コーヒーと「まろやか」ミルク
エスプレッソローストの深煎りコーヒーとまろやかなミルクがおりなす、豊かなコクが楽しめる砂糖不使用ラテ。
エネルギー 23kcal
たんぱく質 1.2g
脂質 1.2g
炭水化物 1.8g
ナトリウム 45.9mg
ショ糖 0g
味は砂糖不使用"カフェオレ"ですね、一口目はミルクがきついかな~って思ったんですが、少し振ってみたら味がまとまりました(開栓前に振っちゃだめよと書いてあったから・・・)、やはり"乳飲料"って言うだけあってミルク感が強いですがベタベタする事無くサラッと飲めますね、コーヒー感はほとんど感じられないのですが、それでも使っている"豆"がイイかも?と思わせる所がありますよ、その少ないコーヒーに何か存在感がありますもん(気のせい?ブランド効果?・・・)。 種類別名称:乳飲料
無脂乳固形分:2.7%
乳脂肪分:1.1%
原材料名:濃縮乳、牛乳、コーヒー、全粉乳、乳化剤、香料、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)
内容量:275g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
Rootsクリーミーカフェアイス

Roots クリーミーカフェ アイス

たっぷり280g・クリーミー
まろやかな「ミルク」と広がる「コク」
Roots「クリーミーカフェアイス」は、まろやかなミルクの味わいの中に適度なコーヒー感が感じられる、飲み応えのある「カフェオレタイプ」の缶コーヒーです。
エネルギー 41kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 1.1g
炭水化物 7.0g
ナトリウム 43.6mg
すご~くなめらかですね、でもベタベタした所はまったく無く後味もスッキリ、少ないながらも味わい深いコーヒー感、またその残し具合絶妙ですね~、これだけクリーム感が強いとえてして"バタクサク"なったり"クドク"なったりするんですがコレにはまったく無いです、個人的感想で申し訳ありませんが、飲んだ時"ひんやり"位だったんですがもっと"キンキン"に冷やした方がもっとオイシイだろうな~と思いました。
しかし"Roots"の飛び抜けた調和の良さは何だろ~?脱帽ですね。
名称:コーヒー飲料
原材料名:砂糖、全粉乳、コーヒー、加糖練乳、植物性油脂、デキストリン、乳化剤(大豆由来)、香料、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)
内容量:280g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
Roots アロマブラック クラッシック(無糖)

Roots アロマブラック クラッシック(無糖)

香ばしいアロマ コクのあるブラック
Roots「アロマブラック」は、コーヒー本来の味わいを追求した、香り高い無糖ブラックコーヒーです。
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.5g
ナトリウム 13.4mg
糖類 0g
このブランドらしいバランスの良さはブラックコーヒーでも健在ですね、酸味・苦味・コクともに高バランスで後味の余韻もイイと思います、Rootsのシリーズは"豆"がイイな~と言うことを再認識できる仕上がりです。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、香料
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
Roots アロマブラック ウィズシュガー(微糖)

Roots アロマブラック ウィズシュガー(微糖)

コーヒー飲料等通常品(7.5g/100ml)に比べて糖類80%カット
エネルギー 9kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 2.1g
ナトリウム 12.5mg
糖類 1.4g
これはチョット・・・、"Roots"らしからぬバランスの悪さを感じちゃいます・・・、甘味料?香料?がスッゴク鼻についちゃうんですよね~・・・悪く言ってしまえば"邪魔"で"コーヒーが云々"どころじゃないです・・・残念だな~。大多数の人が美味しいと思うものを作るのは大変なことだとは思いますが、このブランドはそれが出来る力があると思っていますので、期待を込めて言わせていただきました、ゴメンナサイ・・・。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、香料、甘味料(アセスルファムK)
内容量:375g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
Rootsアロマブラックホットブレンドブラック無糖

Roots アロマブラック ホットブレンド ブラック無糖

エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.6g
ナトリウム 13.0mg
糖類 0g
コレは"ホット用"みたい、それを"アイス"で飲むという事で・・・感想は話半分でお願いします^^、苦味・酸味・コク・香りすべて良好ですし、"豆"の味も美味しくしっかり出てます、強めのコーヒー感は後味までシッカリ残すタイプですが、美味しい豆の味なのでまったく違和感ありません、"ホットブレンド"という事でおそらくホット用何でしょうけど(コンビニの"ホット"コーナーにだけありました)、ぜんぜんアイスでもいけます^^、って言うかブラック缶コーヒーのなかでもトップクラスかと・・・、ほ~んの少し後味に違和感のある酸味が残りますが(気になるほどではありませんけど)この辺がホットだと消えるのかな? 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、香料
内容量:275g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
Rootsアロマブラックオリジナル(無糖)

Roots アロマブラック オリジナル(無糖)

コールド専用容器
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.5g
ナトリウム 11.6mg
糖類 0g
ちょ~っと酸味が気になるかな~・・・、酸味が全体を覆っているって程では無いのですが、苦味とコクがかなり弱く感じにくいので、結果として酸味が気になると・・・、スッキリとはしてますけどね~、"コールド専用"のようですが、すぐ上の"ホット用"の方が美味しく感じるのはどうなのかな~? 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、香料
内容量:300g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
Roots マウンテンハイ70微糖(Custom Blend)

Roots マウンテンハイ70微糖(Custom Blend)

高地産豆使用
Roots「マウンテンハイ70」は、中米の高地産豆を70%使用した、すっきりとした飲み応えのあるコーヒーです。
コーヒー飲料等通常品(糖類7.5g/100ml)に比べ糖類を70%カット。
本製品に使用している脂肪分は「中鎖脂肪酸」を含みます。
「中鎖脂肪酸」は体内に蓄積されにくい脂質といわれています。
エネルギー 18kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0g
炭水化物 3.9g
ナトリウム 45.2mg
糖類 2.0g
Rootsらしい"豆"の味の良さは健在ですね、微糖の類はちょっと苦手ですが、コレはあまりそれを意識せずに飲めます、変なクセも無くちゃんと"豆"を味わえる仕上がりになっていると思います、全体的にスッキリとしてますしね、欲を言えば、もう少し苦味がホシイかな~。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、脱脂濃縮乳、還元澱粉糖化物、植物性油脂、香料、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)、甘味料(アセスルファムK)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
Roots アロマホワイト ラテ

Roots アロマホワイト ラテ

砂糖ゼロ
コールド専用
エネルギー 22kcal
たんぱく質 1.1g
脂質 1.1g
炭水化物 1.9g
ナトリウム 41.6mg
ショ類 0g
"乳飲料"とは言えもう少し"コーヒー感"があっても・・・、ちょ~っとさっぱりしすぎです~、"コーヒー"を飲んでいる感じもしないし、"コーヒー牛乳"を飲んでいる感じもしない・・・、ウス~イミルク・・・って感じしか残らないんです、キンキンに冷やしてゴクゴク飲むにはいいとは思いますけどね、そのジャンルはもっと他のオイシイ飲み物がありますもんね・・・。 種類別名称:乳飲料
無脂乳固形分:2.7%
乳脂肪分:1.0%
原材料名:濃縮乳、コーヒー、全粉乳、乳化剤、カゼインNa、香料、酸化防止剤(V.C、V.E)
内容量:275g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
インスピレーション

Roots インスピレーション(REAL BREND)

コク。キレ。アロマ。ひらめく味わい。
エネルギー 30kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0g
炭水化物 6.1g
ナトリウム 38.7mg
JT久々の登録でしたね~^^、以前も缶のデザインが非常にキレイだった"インスピレーション"のモデルチェンジです。今回のデザインも非常にキレイですよ~^^、他の缶コーヒーと一緒に置いてあっても一際目立ってました。肝心の味の方は、以前、ちょっと邪魔に思ったミルク感が減って、より"豆"の風味が楽しめる物に仕上がってますね、苦味がスッときて、サ~っと消えてく感じなんかスゴクいいです。ただ・・・他の缶コーヒーと比べると全然問題は無いんですが、他の"Roots"ブランド商品と比べると、若干苦味が突出してて調和に欠けるような気がするんですが、コレはあえてそうしてるのかな~?。何だかんだ言って美味しい事は間違いないですけどね^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、濃縮乳、香料、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
Rootsデミタスベルベットタッチ

Roots デミタスベルベットタッチ

豊かなコク 滑らかな舌触り

・「深煎りコーヒー」と「クリーム」の味わいが絶妙に調和した、舌触り滑らかなデミタスです
・Rootsは「どんな場面でも本当においしいコーヒーを」を目指し、キーコーヒーとJTの技術とノウハウを集めて生まれた、コーヒーの共同展開ブランドです。
エネルギー 42kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 1.2g
炭水化物 7.0g
ナトリウム 37.2mg
前のがメチャクチャ美味しかったので飲む前から期待しちゃいますけど、どうでしょうか^^。んんん?確かに引き続き高次元でバランス取れてるんだけど・・・ちょ~っと"豆"の風味が後退した気がしますね~?、滑らかさと強いコーヒー感のバランスが、もっとすごかった気がするんだけど・・・。コレは前のが凄すぎたのか、思い出は美化されるのかどちらかでしょうね?^^。色々言いましたけど、相変わらず美味しいことには変わりないのでご安心を^^。(個人的には、前のがあれば迷う事無くそっちを飲みますけどね^^) 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、濃縮乳、クリーム、蜂蜜、乳化剤(大豆由来)、カゼインNa、香料、酸化防止剤(V.C、V.E)
内容量:170g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
アロマブラックホットブレンド

Roots アロマブラック ホットブレンド ブラック無糖

エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.5g
ナトリウム 12.6mg
糖類 0g
前のとほとんど変わりませんね~^^、変わったのは"HOTBLEND"って所が以前は赤地に白だったってとこだけ?、まるで間違い探しですね^^。あ~肝心のお味ですが、これ相変わらず美味しいです、まず缶を開けた瞬間の香りが最高です、ブラックで"香料"って言うのがちょっと気になるところではありますけど、そんなのどうでも良くなるくらいイイ香り^^、強めの苦味と酸味のバランスも個人的にはベストです、ん~しいて言えば、前のでも感じたんですが、後味がダラダラと残る所がちょっと・・・ってぐらいかな。でも、逆にそれがこのコーヒーの個性かもしれませんね、なんか「コーヒーを飲んだ~!」って高い満足感が得られますもん^^、ま~コレを続けて2本3本って飲むのはちょっと勘弁してくださいって感じですけど^^。・・・って色々書きましたけど、これ名前の通りホット用です、勝手に決めてますけど、"缶コーヒーマニア"はアイスで飲むのが基本ですので^^冷やして飲みましたが、ホットで飲むとまた違った印象になるのかも知れませんよ。余談ですが、これアイスでも十二分に美味しいので、出来れば冷蔵庫のほうにも置いてホシイな~、って言うのはわがままでしょうか?^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、香料
内容量:275g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ホワイトブラジル

Roots ホワイトブラジル

ブラジル豆100%
厳選したブラジル豆100%
ミルクの味わいと深煎りしたコーヒーの飲み応えをお楽しみください。
エネルギー 33kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0.7g
炭水化物 5.9g
ナトリウム 43.2mg
Rootsらしい、しっかりした"豆"の味とミルクの風味が、共にしっかり立ってますね~^^、甘すぎる事も無いし、・・・でも、ちょっと調和感に欠ける気がします、ばらばらに美味しさを主張しちゃてる感じで・・・。それぞれの味はイイんだけど、なんか"Roots"らしくないんだな~・・・。ま~、他の"Roots"のレベルが高いから、期待し過ぎちゃってるって言う感じなんでしょうね^^、けっして不味いわけではゼンゼン無い、って言うかむしろ缶コーヒー全体の中では美味しい部類に入ると思いますもん^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、濃縮乳、砂糖、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
アロマブラックウィズシュガー

Roots アロマブラック ウィズシュガー(微糖)

コーヒー飲料等通常品(7.5g/100ml)に比べて糖類80%カット
エネルギー 9kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 2.0g
ナトリウム 13.8mg
糖類 1.4g
上の"Roots アロマブラック ウィズシュガー(微糖)"の通常サイズ?版ですね、ほとんど同じかと思いますけど、栄養成分が若干違うのが気にはなります、上のが今一つだっただけに・・・ね^^。・・・残念、印象は同じです・・・、コーヒー感がほんの少し良くなってる気はしますけど、やっぱり砂糖そのもの!って感じの甘さが気になっちゃってダメだな~・・・。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、香料、甘味料(アセスルファムK)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
マウンテンハイ70

Roots マウンテンハイ70微糖

高地産豆使用
Custom Blend
豊かなコク キレのある後味
中米の高地産豆を70%使用した、すっきりとした飲み応えのあるコーヒーです。
コーヒー飲料等通常品(糖類7.5g/100ml)に比べ糖類を70%カット。
本製品に使用している脂肪分は「中鎖脂肪酸」を含みます。
「中鎖脂肪酸」は体内に蓄積されにくい脂質といわれています。
エネルギー 18kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0g
炭水化物 3.8g
ナトリウム 47.7mg
糖類 2.0g
原材料名を見るとちょっと凄いことになってて^^、これらが混ざるとどうなっちゃうんだろう?なんて思っちゃうんですけど・・・、お味の方はいたってまともです^^。豆の風味もよく出てるし、ちょっと後味がうそ臭い感はあるけど苦味もイイ感じ、微糖臭さも無い、甘さも自然・・・、でもね~、コレはコレで良く出来てるとは思うんだけど、以前のちょっと神がかった感じからするとザンネンに思っちゃうのが正直なとこ・・・。比べちゃうと全体的に気になっちゃうんだ~、少しずつ"コーヒー"から離れてっちゃう感じや、調和感が薄れていくのが凄く気になる、前のマウンテンハイ70からも後退してる感じだし・・・。ま~偉大な先祖を持つと大変かと思うけど、踏み止まって盛り返してホシイな~・・・、まだまだ期待してますから・・・。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、脱脂濃縮乳、還元麦芽糖水飴、還元澱粉糖化物、水飴、脱脂粉乳、植物性油脂、香料、カゼインNa、乳化剤、酸化防止剤(V.C、V.E)、甘味料(アセスルファムK)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ザ・メキシカン

Roots THE MEXICAN(ザ・メキシカン)

ROAST ONE
メキシコ豆100%
アルツーラ使用
メキシコアルツーラ豆の優しい口当たりとすっきり明るい珈琲感がお楽しみいただけます。
メキシコ豆100%
明るい珈琲感
エネルギー 28kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0g
炭水化物 5.9g
ナトリウム 43.0mg
もう、缶のデザインからして滅茶苦茶メキシカンって感じですね^^、陽気な感じがとっても良いです。お味の方は"明るい珈琲感"って言うのはちょっと判りませんでしたけど、スッキリとした苦味を伴うしっかりとしたコーヒー感、適度かつ滑らかなミルク感、控えめな甘さ、抜群の調和感どこをとっても素晴らしい仕上がりですよこれは!!^^、久々に"Roots"ブランドらしい美味しさ全開です!!。実はね、最近ちょっと"Roots"ブランド缶コーヒーのレベルが落ち気味かな~って心配だったんですよ・・・、でもこれは、ちょっと前の神がかった美味しさに戻ってくれて一安心^^、この調子でドンドン楽しませてホシイな~って思いましたよ、ホントに良かった^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、濃縮乳、牛乳、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
クリーミーカフェアイス

Roots クリーミーカフェ アイス

まろやかな「ミルク」と広がる「コク」
クリーミーでまろやかなミルクの味わいの中に心地よいコーヒーのコクが広がる、飲みごたえある味わいの「カフェオレタイプ」の缶コーヒーです。
エネルギー 41kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 1.1g
炭水化物 7.0g
ナトリウム 43.6mg
少しもしつこさやクドさを感じさせずに、この滑らかで濃厚なミルク感を出す、この一見相反するような要素を見事に成立させてます、Rootsは豆の風味ももちろん良いんだけど、この良質なミルク感も美味しさの一つの要素ですね間違いなく^^、こういうミルク感が強い缶コーヒーを飲むとその辺りがよく判る気がするな~。ちょっとRoots全般の感想になっちゃったので元に戻ります、印象的に前のとさほど変わらない気がしますが、コレの良さ、少ないながらも確実に存在する良質なコーヒー感、当然前出の濃厚なのにサラッとしたミルク感、適度な甘さ、そう言った要素が飛び抜けてうまく調和している所は健在で、コーヒー牛乳になりがちな風味を見事にカフェオレにまとめてる所がやっぱり素晴らしいですね^^。これはコーヒー飲料なんですけど、Rootsの良さが存分に味わえる仕上がりだと思いました^^。 名称:コーヒー飲料
原材料名:砂糖、全粉乳、コーヒー、加糖練乳、植物性油脂、デキストリン、乳化剤(大豆由来)、香料、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)
内容量:280g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
アロマホワイトラテ

Roots アロマホワイト ラテ

砂糖ゼロ
甘くないラテ。砂糖ゼロ。
コールド専用容器
エネルギー 21kcal
たんぱく質 1.1g
脂質 1.0g
炭水化物 1.8g
ナトリウム 41.0mg
ショ糖 0g
以前のでも感じたんですが、相変わらずコーヒー感なさすぎ・・・、薄いミルクって感じしか残らないんだよね、ま~乳飲料に言う文句では無いかも知れないんだけど、それにしても・・・。キンキンに冷やしてゴクゴク飲むと美味しく感じると思うけど、アイスコーヒーとしての美味しさとはちょっと違うんだな~。不快な味が一つも無いとこなんかはイイとは思うんだけどね・・・。 種類別名称:乳飲料
無脂乳固形分:2.6%
乳脂肪分:1.0%
原材料名:濃縮乳、コーヒー、全粉乳、香料、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)
内容量:275g
製造者所在地:神奈川県足柄上郡山北町岸716
製造者:神奈川柑橘果工株式会社
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
アロマブラックオリジナル

Roots アロマブラック オリジナル(無糖)

コールド専用容器
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.5g
ナトリウム 11.7mg
糖類 0g
缶を開けた瞬間の香りがとてもイイですね^^、肝心のお味の方も以前のではチョット酸味だけって感じが気になったんですが、今回のはだいぶ苦味やコクも感じられるようになりました。雑味等の不快な味は無いし、キレとは無縁でかなり後まで苦味だけ引っ張るとこなんか、個人的には大好きです^^、しいて言えば調和感に欠けるところと、若干の水っぽさを感じるところがあるんだけど、それほど気になる物では無いので問題なしです^^、全体的にRootsらしい美味しさに仕上がってると思いました。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、香料
内容量:300g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
Rootsシンバウィンド

Roots シンバウィンド

王者の香り
力強いコク、後味のキレに加え、豊かなアロマを追求。2種の熱風焙煎と、ルーツ独自の「HTST(高温短時間)製法」によって生まれた爽快なコーヒーアロマをお楽しみください。
エネルギー 30kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0g
炭水化物 6.1g
ナトリウム 44.1mg
一時期「どうしちゃったの?」って感じだったんだけど・・・、美味しいRootsブランドが完全に戻ってきましたね^^。とにかく調和感が完璧で、そこにそれぞれのコーヒー豆の風味が加わる感じ、余計な味を感じさせず、それぞれの豆の個性で味合わせてくれるって言うRootsブランドの良さがコレにはしっかり在りますもん^^。あっいけない、あんまり嬉しくってRootsブランド全体の感想になっちゃってる・・・^^、シンバウィンドの感想に戻らなきゃ、これはね~、突出した風味はなく全体的にはすごく穏やかな感じなんだけど、一口飲むたびにクッてわずかに来る苦味が凄くいい、そこに旨味が詰まってる感じでね、全体の穏やかに対して素晴らしいアクセントになってます、しかもその一口一口の苦味が強すぎず弱すぎず1本飲んで丁度いいバランスになってるとこなんかホント凄いと思うな~^^、ごちそうさまでした。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、濃縮乳、香料、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
アロマブラッククラッシック

Roots アロマブラック クラッシック(ブラック無糖)

香ばしいアロマ コクのあるブラック
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.5g
ナトリウム 13.0mg
糖類 0g
さりげなくクラッシックもモデルチェンジ、ロゴのフォントとデザインがほんのちょっと変わっただけなので、これも気付きにくかったです^^。お味の方はクラッシックの名の通り、酸味強めのブラック缶コーヒーで個人的には苦手なタイプ・・・。でも、良く味わってみると決して酸味一辺倒では無く、隠し味的ですが苦みもちゃんとあるし、酸味も爽やかな感じで、う~飲めません・・・とはならないですよ^^。でもね、一つだけ残念なところがあるんだな~・・・、言葉悪いんだけど、苦味がね~、何となく嘘っぽくって、後味にいたるまで違和感があるのよね~、何て言うかコーヒーキャンディーっぽい、ま~苦味自体そんなにあるわけでは無いから、気になっちゃってダメってほどではないけどね・・・。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、香料
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
Rootsアロマブラック微糖

Roots アロマブラック 微糖

糖類55%カット
かるい甘さ。深煎りブラック。
コーヒー飲料等通常品
(7.5g/100ml)に比べ糖類55%カット。
コールド専用容器
エネルギー 16kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 3.7g
ナトリウム 12.5mg
糖類 3.1g
栓を開けた瞬間の香りなんかかなり良い感じだし、不自然な微糖臭さが無いのはいいんだけど・・・、上の"Roots アロマブラック クラッシック"でも感じた嘘っぽいコーヒー風味がコレにもあるんだよね~・・・、たぶん香料だと思うんだけど必要なのかな~?、何か邪魔なだけな気がしちゃう、後味も違和感あるしね。んん~正直言っちゃうと、コーヒーを飲んだ気がしないのよ、残念ながら・・・。個人的にRootsのブラックは一部を除いてちょっと鬼門だな~、完全に・・・。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、糖類(グラニュー糖、三温糖)、香料
内容量:275g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
Rootsビットスタイル微糖

Roots ビットスタイル 微糖

CUSTOM BLEND
エネルギー 18kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0g
炭水化物 3.6g
ナトリウム 49.6mg
糖類 1.5g
んんん~・・・、悪くは無いんですけどね・・・、どうもココ何点かで感じてる嘘くささ?が増しちゃってるような気がするのが、なんとも残念・・・。ホント悪くはないんですよ~、微糖臭さはほとんど感じられないし、コーヒーらしい苦味やコクは感じる事が出来るんだけど、やっぱちょっと違うのよね、"コーヒー味"もしくは"コーヒー風味"って感じでさ・・・。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、脱脂濃縮乳、脱脂粉乳、還元麦芽糖水飴、還元澱粉糖化物、水飴、植物性油脂、アラビノース含有甜菜エキス、香料、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)、甘味料(アセスルファムK)
内容量:165g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
コロンビアアドゥルト

Roots コロンビアアドゥルト

コロンビアスプレモ豆100%
大人の珈琲感
エネルギー 29kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0g
炭水化物 5.8g
ナトリウム 50.0mg
穏やかで落ち着いた感じながら存在感のある苦味が、芯としてしっかりとあるコーヒー感、控えめな甘味やミルク感、それらが上手く調和していて、やっぱりRootsはこうでなくっちゃって感じです^^。そんな中でも特に感心したのは、上手く言えないんだけど、1本の缶コーヒーとしてのバランスの良さ?、物足りなさも無く多すぎる事もなく、1本飲み干して丁度いい満足感が残るんだよね~^^。ホント素晴らしい仕上がりで、一朝一夕では出来ないJtの実力が見えた気がしました。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、濃縮乳、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ディープハーモニー

Roots ディープハーモニー

デミタス
華やかな香りと豊潤な味わい
コク深く香り高いコーヒーにクリームのやわらかさが調和した豊潤な味わいのデミタスです。
エネルギー 42kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 1.2g
炭水化物 7.1g
ナトリウム 42.6mg
濃厚かつ滑らかなクリーム感と、コク深いコーヒー感、ともすると反発しあっちゃって全然まとまりそうに無い2つの要素を、見事に調和させ、その名の通りの"ディープハーモニー"を実現してますよ^^。やっぱり、こう主張が強い風味を違和感なくまとめあげ、濃厚な旨味を醸し出すのが"Roots"流の真骨頂!!、外では味わえない個性だと思うんだよね、これはまさに会心の一本、本当に素晴らしいです^^。反面、その濃厚さ故の満腹感が、缶コーヒーとしてどうなの?って言うのはあるんだけど・・・、この美味しさの前では何の問題でもないや^^。最後に余談ですけど、原材料の"バターミルク"って凄くないですか~?^^、最初それを見て、かなりクドいんじゃないかって身構えちゃったんだけど、実際は全くそんな事無く一安心でした^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、濃縮乳、クリーム、バターミルク、乳化剤(大豆由来)、カゼインNa、香料、酸化防止剤(V.C、V.E)
内容量:170g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
アロマブラックホットブレンド

Roots アロマブラック ホットブレンド ブラック無糖

ヤケドにご注意ください。
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.7g
ナトリウム 12.8mg
糖類 0g
"ホットブレンド"なので、当然ホット用なんですが、密かにアイスでも美味しいこのシリーズ^^、今回はどうでしょうか?。んんん~、やっぱり美味しいわ~^^、基本的な感じは前のと同じ?、強めの苦味と酸味のバランスが良く、香りも良好、水っぽいところも全く無い、Rootsのブラックコーヒーの中で、個人的ベストと言っちゃっていい仕上がりです^^。惜しむらくは、後味として香料のせい?だと思われる不自然な風味が、ほんの僅かだけど残っていくとこかな~・・・、でも大勢に影響があるほどでは全く無いから問題なしです^^。ん~、やっぱり冷蔵庫にも置いて欲しいな~、無理でしょうね~・・・、"ホット"ブレンドだもんね・・・^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、香料
内容量:275g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
クリーミーカフェオリジナル

excellent

Roots クリーミーカフェ オリジナル

まろやかな「ミルク」と広がる「コク」
・クリーミーでまろやかなミルクの味わいの中に心地よいコーヒーのコクが広がる、飲みごたえのある味わいの「カフェオレタイプ」の缶コーヒーです。
エネルギー 41kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 1.1g
炭水化物 7.0g
ナトリウム 43.6mg
原材料、栄養成分、能書き、全て前のと同じですね、基本的な感じは同じなのかな~?、名前にも"オリジナル"って付いてるしね^^。結構前なので記憶が曖昧な部分もあるかと思いますが、クリーム感が多少弱まったかな?って気はするものの、滑らかな味わいのカフェオレって言う点においての印象は、やはり同じ、でも、クリーム感が若干弱まった為か調和感が増し、さらに美味しくなってる気がしますよ^^。滑らかながら、クドかったりベタついたりする感じが無いクリーム、サラッとした甘味、弱いながらもしっかりと存在するコーヒー感、それらが何の違和感もなく整然と調和されてる様が、大げさかも知れないけど快感^^、どちらかというと濃厚な風味を持ちながら、何時までも飲んでいられそうな喉越し、まとめ方が、本当に素晴らしいと思いました^^。 名称:コーヒー飲料
原材料名:砂糖、全粉乳、コーヒー、加糖練乳、植物性油脂、デキストリン、乳化剤(大豆由来)、香料、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)
内容量:280g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ROOTSプロダクト

Roots プロダクト 1

HTST PROCESS
REAL BLEND
AROMATIC COFFEE BEANS.
FINE QUALITY
FACT1/6:キーコーヒー
[ルーツ]リアルブレンドプロダクトは、老舗ロースター「キーコーヒー」が厳選した良質なコーヒー豆のみを使用。アラビカ豆100%のブレンドが織り成す「コク・キレ・アロマ」の味わいをお楽しみください。
FACT2/6:新じっくり焙煎
[ルーツ]リアルブレンドプロダクトは、「新じっくり焙煎」を使用。はじめに高温熱風で香りを閉じ込めた後、低温熱風でじっくりと焙煎し、コーヒー本来の香りを存分に引き出しています。
FACT3/6:ラクトJ
[ルーツ]リアルブレンドプロダクトは、[ルーツ]独自の乳原料「ラクトJ」を使用。熱に強い「ラクトJ」を使用することで、加熱殺菌や加温販売における香味劣化を低減し、爽やかな乳感を実現しています。
FACT4/6:HTST製法
[ルーツ]リアルブレンドプロダクトは、[ルーツ]独自の「HTST(高温短時間)製法」を使用。加熱殺菌時間を大きく短縮することで実現した、淹れたての香りと味わいをお楽しみください。
FACT5/6:ウエストウェーブ缶
[ルーツ]リアルブレンドプロダクトは、[ウエストウェーブ缶]を使用。「HTST(高温短時間)製法」の熱効率を高め、淹れたての香りと味を守る、[ルーツ]だけのおいしさのカタチです。
FACT6/6:広口フタ
[ルーツ]リアルブレンドプロダクトは、香りの実感を高める「広口フタ」を使用。従来よりも33%広くなった飲み口で、さらに豊かに広がるアロマをお楽しみください。
エネルギー 30kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0g
炭水化物 6.1g
ナトリウム 43.6mg
"Roots"にとしては珍しく?凄くシンプルですね、コーヒー+ミルク+砂糖だけで、まさに缶コーヒーの基本って感じ^^。でもね、パッと飲んだ感じは極々普通のブレンドコーヒーで、とりたててココがってとこも無いんだけど、これはそう簡単に出来上がるものじゃないと思いますよ~。それぞれの原料を吟味し、配合にも気を遣わないと、これだけの調和感を持ち雑味無く仕上げることは無理だって気がするもん^^。今後"Roots"の定番として長く販売し続けて欲しいな~って強く感じました^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、濃縮乳、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ブラジリアンカフェオレ

Roots ブラジリアン カフェ・オレ

ブラジル豆100%
北海道産乳原料使用
ROAST ONE
ブラジル豆100%と北海道産の乳原料で仕立てたカフェ・オレです。
エネルギー 37kcal
たんぱく質 0.9g
脂質 0.8g
炭水化物 6.5g
ナトリウム 43.5mg
よく考えてみると"Roots"のカフェオレって、あんまり記憶にないですね、このページを読み返してみても無いですし、濃厚なコクを持つミルク感が特徴の"クリーミーカフェ"シリーズがジャンルとして近いと思うんだけど、これはちょっと趣が違いますね、サラッとした牛乳に近いミルク感がとても素朴で優しい味わいです。また、コーヒー感も脇役ながら単にそれだけにとどまらず、しっかり土台を固めるとともに1本芯を通してて、この缶コーヒーの魅力として十二分に機能しています^^。"Roots"らしい調和の良さも健在で、ホッ落ち着いた気持ちになれる1本だと思いました^^。 名称:コーヒー
原材料名:濃縮乳、砂糖、コーヒー、全粉乳、水飴、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
プライムエッジ

Roots プライムエッジ

CUSTOM BLEND
微糖
ROOT79
サンドライ豆のブレンドと隠し味に僅かな海洋深層水で、豊かな香りとコク。コーヒー飲料等通常品(7.5g/100ml)に比べ糖類79%カット。
エネルギー 16kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 3.5g
ナトリウム 45.7mg
糖類 1.1g
マウンテンハイ70ビットスタイルと続くルーツの微糖シリーズ新製品ですね、正直に言っちゃうと、ルーツの微糖には余り良い印象が無いんだけど・・・。んん~、やはり印象は同じかな~・・・、悪くはないんだけど、少しずつコーヒーの美味しさというのからずれちゃってる気がするんだよね。確かに苦味はあるものの、どうもコーヒーのそれとはちょっと違う気がするところや、甘みは当然として、飲み進めていくうちに口の中に蓄積されていく渋味の様な違和感がね・・・、どうも馴染めません。原材料を見ると、相変わらずもの凄い苦労の後がうかがえるんだけど、普通のコーヒーじゃダメなんでしょうか?って思っちゃうんだよね・・・。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、濃縮乳、砂糖、還元麦芽糖水飴、還元澱粉糖化物、脱脂粉乳、水飴、脱塩海洋深層水、アラビノース含有甜菜エキス、香料、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)、甘味料(アセスルファムK)
内容量:165g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
rootsクリーミーカフェアイス

Roots クリーミーカフェ アイス

Creamy Cafe
The Waist-wave Can Provides Optimum Heat Control Combined With The HTST PROCESS In The Pursuit Of The Authentic Coffee Flavor.
・ごくごく楽しむカフェオレ・
クリーミーなミルクの味わいとやさしい甘さの中に、コーヒーの味わいがアクセントの、たっぷり楽しめる「カフェオレタイプ」の缶コーヒーです。
エネルギー 38kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.8g
炭水化物 7.0g
ナトリウム 39.1mg
リニューアルといえども、栄養成分表や原材料を見てみると、相当変わっているようです。前のと比べると、クリーミーさが多少薄れた気がしますね、なんかスッキリとしたミルク感になってしまったように思えます。アイスで飲むには、この位スッキリしていた方が望ましいという考えなんでしょうけど、クリーミーカフェとしての個性が失われてしまっている気がするんだよね・・・。また、それと共に、コーヒーキャンディー風の香料?が浮かび上がり、目立って来ちゃった感じも・・・、おそらく、前のはその圧倒的濃厚なクリーミーさで隠れちゃってたんでしょうね。まだまだ美味しい部類には入ると思うけど、何か少しずつ好ましくない方を目指してる気がして心配だな~・・・。 名称:コーヒー飲料
原材料名:砂糖、全粉乳、コーヒー、濃縮乳、水飴、デキストリン、クリーム、乳化剤、香料、酸化防止剤(V.C、V.E)
内容量:280g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ファインビート微糖

Roots ファインビート微糖

FINE BEAT
(糖類53%カット)
キリマンジェロ豆100%
ROAST ONE
甘みをシンプルに砂糖だけで仕上げた微糖仕立てです。こだわりの2焙煎機&3焙煎深度で引き出した、キリマンジェロ豆の魅力を存分にお楽しみ下さい。
※コーヒー飲料等通常品(7.5g/100ml)に比べ糖類53%カット
TANZANIA
エネルギー 22kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0g
炭水化物 4.1g
ナトリウム 52.8mg
糖類 3.3g
また微糖ですか~・・・、なんて最初は思っていたんだけど、原材料を見て俄然期待が湧いてきましたよ!^^。今までのRootsの微糖って言うと、訳の判らない甘味料がたくさん含まれていて、見るだけでため息が出ちゃうような感じだったんだけど、今回はシンプルに砂糖だけだもんね、では早速飲んでみましょう!!。う~ん・・・、良く言えばスッキリ、悪く言っちゃうと薄いって感じかな~?。喉を通る頃にフッと立ち上がるコーヒー感で、キリマンジャロ(JT風に言うとキリマンジェロ^^)の素直な風味が味わえるのは判るんですけど、なんか絶えず薄いベールに包まれてしまっているような感覚があるのが凄くもどかしいんですよね・・・。でも、甘味料無しで微糖缶コーヒーを仕上げたことは素直に素晴らしいと思うし、なにより餃子問題?なんかで、一時は缶コーヒーにも影響があるんじゃないかって言う心配が払拭されただけでも、今回は十分ですよ^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、濃縮乳、カゼインNa、乳化剤、酸化防止剤(V.C、V.E)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
アロマホワイトホットラテ

Roots アロマホワイトホットラテ

AROMA WHITE HOT LATTE
北海道産乳原料使用
砂糖ゼロ
甘くないラテ。砂糖ゼロ。
振らずにお開けください。内容液が飛散することがあります。
おいしさを保つために窒素充填しています。
開栓時に内容液がたれることがありますので、ご注意ください。
エネルギー 24kcal
たんぱく質 1.1g
脂質 1.3g
炭水化物 1.9g
ナトリウム 45.2mg
ショ類 0g
こちらのホット専用バージョンだと思います。以前からジェイティーフーズのホームページ上では掲載されていてその存在は知っていたものの、全く発見することが出来ず、諦めかけていた1本をついに発見することが出来ましたよ!!^^。あっ、最初にあらためてお断りしておかないといけませんね、缶コーヒーマニアでは全ての缶コーヒーをアイスにて試飲しています。今回のコレはホット専用ですのでその辺りを差し引いてお読み下さいね。それでは早速飲んでみることにしましょう。コールド専用と比べると、若干ミルク感が強い感じがしますね、他のルーツとは違い濃厚なクリーミーさでは無く、牛乳っぽいサラッとしたミルク感、これはこれで舌触りが良くイイ感じではあるんだけど・・・、やはりこれもコーヒー感なさ過ぎだな~・・・、何かひたすらミルクを飲んでいる感じなんだよね。指示通りホットで飲むと、ホットミルクみたいになるのかな?、どちらにしろ、コーヒーを期待しないでお飲みになることを強くお勧めしておきます・・・。 種類別名称:乳飲料
無脂乳固形分:2.4%
乳脂肪分:0.8%
植物性油脂分:0.4%
原材料名:濃縮乳、コーヒー、全粉乳、植物性油脂、香料、カゼインNa、乳化剤(大豆由来)、酸化防止剤(V.C、V.E)
内容量:275g
製造者所在地:神奈川県足柄上郡山北町岸716
製造者:神奈川柑橘果工株式会社
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
豪快でかっミルクコーヒー

豪快でかっミルクコーヒー

旨っ・・・時々ほろ苦
エネルギー 34kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.7g
炭水化物 6.3g
ナトリウム 35.6mg
雰囲気や立ち位置はサッポロ飲料のがぶ飲みミルクコーヒーみたいな感じかな?、でもこれはコーヒー入り清涼飲料水と言うことで、さらにコーヒー感が薄いと思われます。ま~前置きはさておき早速飲んでみましょう^^。う~ん、想像よりはキツさはなく、むしろス~っと溶けて無くなるような涼しげな甘味、ミルク感もあくまで牛乳っぽく、これまたサラッとしていてクドさが無く、ここまでは豪快に飲むのに丁度良く、好感が持てる仕上がりなんですが・・・。ま~、コレにコーヒー感を求めるのも何なのは十二分に判ってるんですけどね、それでも、時々顔を覗かせるコーヒーキャンディーを牛乳に溶かしたかのような風味が決定的にダメ・・・、ついに最後までなじむことが出来ませんでした。これならいっその事、このコーヒー風味無くしちゃった方がゴクゴクと美味しく飲めて、コレには合ってるような気がするんだけどな~、どうでしょう?。 名称:コーヒー入り清涼飲料
原材料名:牛乳、砂糖、水飴、コーヒー、脱脂粉乳、植物性油脂、全粉乳、デキストリン、香料、乳化剤(大豆由来)、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)
内容量:340g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
プレーンラテ

Roots プレーンラテ

PLAIN LATTE Coffee
砂糖ゼロ0
甘くないラテ。砂糖ゼロ。
コールド専用容器
振らずにお開けください。内容液が飛散することがあります。
おいしさを保つために窒素充填しています。
エネルギー 23kcal
たんぱく質 1.1g
脂質 1.2g
炭水化物 1.9g
ナトリウム 38.4mg
ショ糖 0g
ちょっと薄いかな~?、何となく全ての風味がぼんやりとしてる印象ですが、なかなかどうして全然悪くないですよ^^。根底にはルーツらしい濃厚さを感じるものの、サラッとした口当たりのミルク感、ときたま存在感を示すほのかな苦味、ともに違和感なく調和していて、とても好感の持てる仕上がりです^^。このシンプルさは、たぶんキンキンに冷やしてゴクゴク飲むようなシーンを想定してるのかな?。そういうときって濃厚なコーヒー感や甘みはふさわしくなく、だからといって水っぽいのはもってのほかといった感じで、結構難しい条件なんだけど、コレは何事もなかったかのようにサラッとこなしてくれると思います^^。何より甘味料が入ってないのが良いですね~、やはりあれは、缶コーヒーに必要ないものなんだな~って思いを新たにさせてくれましたよ^^。コーヒーとミルクだけ砂糖なしって、すごい可能性を秘めてるような気がするんだけど、ほとんど出てこないですね、あんまり売れないのかな~、美味しいのに・・・。 種類別名称:乳飲料
無脂乳固形分:2.8%
乳脂肪分:0.9%
原材料名:濃縮乳、コーヒー、全粉乳、クリーム、 香料、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)
内容量:275g
製造者所在地:神奈川県足柄上郡山北町岸716
製造者:神奈川柑橘果工株式会社
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
アロマブラックオリジナル

Roots アロマブラック オリジナル

AROMA BLACK ORIGINAL
ブラック 無糖
コールド専用容器
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0g
ナトリウム 11.6mg
糖類 0g
こちらのモデルチェンジ版ですね、今回も前のと間違えてしまい新旧2本揃っちゃいました^^。それでは早速飲み比べてみましょう。う~ん、最近の傾向通り?、確実に薄く、水っぽくなってしまってるように思います・・・。でもね、正直言っちゃうと、Rootsのブラックって癖が強くて苦手だったんですよね。そんなんで今回のは飲みやすく感じましたよ、根本的に美味しくなったわけではないけどね・・・。しかし、どうもブラックコーヒーに香料って馴染めないな~、量は半分で良いから、コーヒーだけにして欲しいな~と切に思っちゃいます・・・。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、香料
内容量:300g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
イノセントブリュー

Roots イノセントブリュー

innocent brew
深く、澄んだ、薫り
・純水(硬度1以下)で抽出・
REAL BLEND
Real technology brings you an aromatic coffee break and a life.
生まれたのは、深く、澄んだ、薫り
豆 中煎り~深煎りに焙煎した粗挽きアラビカ豆
水 雑味の元となるミネラル類を除去した硬度1以下の純水
深いコク、澄んだキレ、豊かな薫り
エネルギー 30kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0g
炭水化物 6.0g
ナトリウム 41.5mg
JT待望のリアルブレンド新製品!、今後プロダクトと徐々に入れ替わりRootsの中核を担うであろう1本だと思います。個人的にこのリアルブレンドシリーズと、クリーミーカフェシリーズには絶大な信頼があるんですよね~、よもや大きく外してくれることは無いと思いつつ、早速いただいてみましょう^^。
もはやそんなに驚くことは無いけど、この安定感と安心感はさすがとしか言いようが無いです^^。とりたてて、ココが凄いとかは無いんですが、それぞれの素材が良く、またそれらの分量が絶妙、当然のように雑味も皆無で、全く持って最後まで破綻が無いからこそ実現出来る1本、まさに缶コーヒーRootsにおける黄金比といった感じで、一つの完成系だと思います!。あえて言うなら、絶対に外さないことに神経を砕きすぎて、面白味に欠けるって事でしょうけど、やはり中核を担う商品としてはこれで良いんでしょう、むしろあまり冒険されても困るしね、やはり文句ない逸品で、これから間違いなく消費量が増えそうです^^。
最後にあえて付け加えます・・・、毒入り餃子事件はどうなっちゃったんでしょう?。今や国際問題の様相を呈して来ちゃってなかなか難しいんでしょうけど、未だJTから明確な見解の公表は無く、日本人の悪いクセで、このままうやむやになるのを待っているような気さえして来ちゃいますよ・・・。缶コーヒーマニアとしてルーツは無くてはならない存在だからこそ一刻も早く解決して、すっきりとルーツ復活~!!となってくれることを切に望みます。
名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、濃縮乳、香料、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ケニアブラック

Roots ケニアブラック

ケニア・アラビカ100%
KENYA BLACK
ROAST ONE
QUALTY COFFEE
ブラック無糖
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.6g
ナトリウム 15.2mg
糖類 0g
Rootsのブラックって言うとほぼ全て香料入りで、一口で分かるような独特の風味があるんだけど、今回はなんと香料無し!、一瞬目を疑いましたが何度見ても無し、非常に珍しいですよね?、少なくとも缶コーヒーマニアにおいては、初期の頃登録した"Roots アロマブラック"以来、個人的には冗談抜きで快挙!だと思うとともに、これからもこの調子で行って欲しいと思いましたよ、まだいただいてないのに^^。それでは、JTのコーヒーそのものの実力が垣間見えそうで興味深い1本、早速いただいてみましょう!。ここの所、コーヒー感が薄めの缶コーヒーが多いからかもしれませんが、JTの宣伝文句通りかなりの濃さを感じる事が出来ますね^^。で、気になるコーヒー感は、どちらかというと酸味が勝るかな~?、でも、負けず劣らすしっかりとした苦味もあり、適度なコクも良い感じ、またそれらのバランスも良好、そして何より、"スッキリキレ味"とは正反対を行く、濃厚な苦味をかなりの間残し続ける後味!、これが特に素晴らしいと思うな~、スッキリは結構あるんだけど、こういうの感じのは最近なかなか無いもんね^^。当然、トータルで見ても非常に高い満足感を得ることが出来たし、ちょっと不満は見当たりません。しかしこの、全く持って従来のルーツのブラックとは一線を画す仕上がりはにわかに信じがたいですね~^^;、本当にアロマブラックシリーズと同じ会社が作ったの?って、どうしても思っちゃう^^。最後にもう一度だめ押しを^^;、今後ルーツのブラックはこの路線で行ってくれる事を切に願ってます。300gも無くて全然OKですから、ね~JTさん、お願いします!^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
アロマブラック400g缶

Roots アロマブラック 400gボトル缶

AROMA BLACK MIDDLE
ブラック 無糖
SEASONAL EDITION
ー期間限定ー
香ばしいアロマ コクのあるブラック
開栓する際に内容液がたれることがありますので、ご注意ください。
コールド専用容器
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0g
ナトリウム 11.6mg
糖類 0g
アロマブラックオリジナルの400g版ですね、日頃のご愛顧にお応えして大盛りでって感じかな^^。中身の印象については、全く同じでしたので割愛させていただきます。ちなみにコレはコンビニ限定販売だそうです。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、香料
内容量:400g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
アロマブラッククラッシック

Roots アロマブラック クラッシック

AROMA BLACK CLASSIC
ブラック 無糖
HTST PROCESS
The Waist-Wave Can provides optimum heat control combined with the HTST PROCESS in the pursuit of the authentic coffee flavor.
香ばしいアロマ コクのあるブラック
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.6g
ナトリウム 13.6mg
糖類 0g
こちらは、コレのモデルチェンジ版ですね、マイナーチェンジってとこでしょう。今回、最初に買った自動販売機で見本は新しいものだったにもかかわらず前のが出てきて、図らずも比べる機会が出来たので、飲み比べてみることにします^^。
元々酸味が強めなアロマブラックシリーズですが、今回のモデルチェンジでは、刃物のように切れ味が鋭くなり、さらに強調されているようです。また、その影響か、従来のもので違和感(嘘くささ)があった苦味が影を潜め、コーヒーとしてのリアルさが増したように感じられる様になってると思います。・・・とは言うものの、まだ微かに不自然な苦味が時折見え隠れするのが非常に惜しいな~、いっそのこと無くしちゃえばいいのにって思う・・・。ケニヤブラックにおいて、無香料でも美味しいのが出来るって証明出来た後だからね、なおさらそう感じちゃうんだと思います・・・。
と言うことで、中身についてはこんなとこですが、良いな~と思った変更点が一つ、それは飲み口が広くなったこと。非常に飲みやすくなっていて感心しちゃいました。風味には直接関係ないんだけど、こういう細やかな配慮は嬉しいですね^^。
名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、香料
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ウエウエテナンゴ

Roots ウエウエテナンゴ

HUEHUETENANGO
ROAST ONE
グァテマラウエウエテナンゴ豆100%
豊かな芳香、高地ウエウエテナンゴが育んだ。
エネルギー 28kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0g
炭水化物 5.9g
ナトリウム 51.9mg
いきなりなんですが、アロマブラックを除くRootsの新製品、特にROAST ONEの新商品には、買う前から、もはや美味しくないわけが無い!って言う絶大な信頼があるんです。そんな期待に違わず、毎回安定して素晴らしい缶コーヒーを連発してくれるんだよね~、本当に感心すると共に、この場を借りて深く御礼申し上げちゃいます^^。で、今回のウエウエテナンゴ、そんなRootsの中では普通ってところなんだけど、やはり他とは一段も二段も、その”普通”に差があると思わせられる雰囲気を持ってます。若干のフルーティーさを醸すコーヒー感を中心として、控えめと濃厚さを併せ持つ不思議なミルク感、必要最小限の甘み、また、後味としてのコーヒー感の残し具合と消え方、あくまでコーヒーをメインとして渾然一体と調和してるのが、ホント凄いとしか言いようがありません!!。缶を開けてから飲み干すまで、何ら淀みなく、また一点の曇り無く流れ、不満のふの字も見当たりませんよ、まさに横綱相撲、向かうところ敵無しって感じですね^^。末永く販売し続けて欲しいと切に願います^^。ちなみにこれ、コンビニのミニストップで発見、写真を大胆に使った缶のデザインが今までのRootsには無いもので、一瞬判りませんでした。何で果汁飲料が缶コーヒーのところにあるんだろう?って感じで^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、濃縮乳、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(V.C、V.E)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ

関連ページ

  • お探しの缶コーヒーはありましたか?。まだであれば、下記検索エンジンにて検索してみて下さい。缶コーヒーマニア内(ナナヒメドットネット内)のみ検索することが出来ます。
缶コーヒーマニア広告

スポンサーリンク

アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?

項目は3つ!。皆様の今までの人生において支持出来る缶コーヒーメーカーと、今年支持できる缶コーヒーメーカー、またはる缶コーヒー(単品)(単品部門は今年年10月頃から)です。それでは開幕いたしま~す!!。お気軽に、またふるってご投票ください^^。

2011年版の結果はこちら(メーカー部門単品部門

2010年版の結果はこちら!!

2009年版の結果はこちら!!

2008年版の結果はこちら!!

1・人生において支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

2・今年支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

3・今年支持できる缶コーヒー(単品)

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

ご投票ありがとうございました。

今年最高の缶コーヒーメーカーと缶コーヒーを決めるのはあなたです!!。

缶コーヒーマニア ジェイティーフーズ株式会社  /  /  /  /  / 

PAGE TOP

缶コーヒーマニアTOP

缶コーヒーマニア下部広告

スポンサーリンク2

coffee_logo

 
QLOOKアクセス解析