トップ>缶コーヒーマニア トップ>株式会社日本サンガリアベバレッジカンパニー No.3

缶コーヒーマニア 株式会社日本サンガリアベバレッジカンパニー No.3

スマートフォンもしくは幅の狭いブラウザ用メニューはこちら

大阪市東住吉区中野4丁目2番13号

http://www.sangaria.co.jp/

※携帯電話でご覧の方は"モバイル版缶コーヒーマニアサンガリアベバレッジカンパニー"をどうぞご利用下さい。

やっとこさの3ページめ!!。

日本サンガリアベバレッジカンパニー缶コーヒーについて、全体の印象なんかをブログ"週刊?缶コーヒーマニア通信"にも書いています。

ただ今缶コーヒーマニア内にて、”アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”開催中です。当ページ下部からも投票出来ますので、皆さんふるってご投票ください。

“アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”、メーカー部門(“あたしにも、オレにも言わせろ!。やっぱり、今年はこの缶コーヒーメーカーが最高でしょ!”)の各年最終結果です。
国民投票第17位 国民投票第21位 国民投票第18位 国民投票第30位   国民投票第34位  
2016年
2015年
2014年
38票 / 0.5%
2013年
62票 / 1.4%
2012年
173票 / 2.6%
2011年
1票 / 0.0%
2010年
2009年
6票 / 0.2%
2008年
Crown Coffee カフェオレ 2018年3月

Crown Coffee カフェオレ

開栓前に振らないで!
SANGARIA
キャップ切り口でのケガにご注意!
伊賀の天然水コーヒー
クラウンコーヒー
芳醇な香りと深みのあるコク
CAFE AU LAIT
コーヒー飲料
味にこだわり、コーヒーのおいしさをそのまま詰め込みました。選び抜かれた素材を丁寧にブレンドし、豊かな香りとコクのある味わいです。伊賀の山々に磨かれた天然水を使用することで、おいしく仕上がっております。
はてしなく自然飲料を追求するサンガリア
国産
ステビアは植物由来の甘味料です。
品質保持のため窒素ガスを封入しています。内容液がふき出すことがありますので開ける前に振らないでください。
アルミ
あき缶はリサイクル
(100gあたり)
エネルギー 29kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0.4g
炭水化物 5.8g
食塩相当量 0.13g
遠路遙々関西まで・・・、すいません、嘘つきました^^;。Twitter等で大変お世話になっている「缶缶辞典さん」からいただいた情報を元に、早速、静岡県清水町の、これはショッピングモールになるのかな「サントムーン柿田川店」にて下記ブラックとともに押さえてまいりました!!。まずは缶缶辞典さん、本当にありがとうございます!!。それでは、おそらくサンガリア久々の純然たる新製品のうち、まずはより興味のあるカフェオレから始めましょう。・・・と、その前に、あの、これは真っ先にお伝えしておきたい・・・。これまで、何千本、もしかして何万本かもしれない飲んだ中で初めて見た気がする原材料に「水(鉱水)」、しかも筆頭!!。まあまあ、よくよく考えてみればそりゃそうだ、最も多いのは水だよねって話ではあるんですけれども、とにかく今回は機先を制された感じです^^;。では、本題に戻りましょう。そんな「水」の次にくるのが「糖類(砂糖、果糖ぶどう糖液糖)」・・・って、うん?、あらためて「果糖ぶどう糖液糖」って凄いよね、「糖」3つもあるもんね、字面だけでも相当甘そうだよ^^;。あらら、今回ちょくちょく話がずれますね・・・。二度、本題に戻ります。そんな糖類に、さらにもってけドロボーと「甘味料(ステビア)」まで加わる大盤振る舞いっぷりから想像できる通り、それはもう甘いのなんのって!!。そもそも現状甘さを売りにするものの総数が少ない悲しい状況故目立つんでしょと思うでしょ、いやいや甘い甘い、昔の製品を含めてもなお、群を抜いて最高峰に君臨する1本と言って過言じゃないと思います!!。いやもう、エネルギーなんか見るとそれほどでもないような感じはあるのですが、飲み始めの、それもかなり早い段階から飲み口がペトペトし始めどんどん蓄積されていくわ、それに比例するように口の中が甘さで支配されていくわで、正直1本目は「缶コーヒー」としての云々にてんで気が回らないくらい・・・。そんなこんな、気を取り直して2本目。自らに言い聞かせるように集中したせいか、いやいやどうして結構良さげなコーヒー感じゃないと思ったのも束の間・・・、あれよあれよと甘みが折り重なっていき、結局最終的には「ひたすら甘い」って感想と、過剰なまでの満腹感でした^^;。いやしかし、全飲料に範囲を広げても、これだけ甘い飲み物ってないんじゃないかな、本当に!!。と言うことで、諸々シンパシーを感じた方、必飲です^^。(登録日 2018年3月10日) 品名:コーヒー飲料
原材料名:水(鉱水)、糖類(砂糖、果糖ぶどう糖液糖)、コーヒー、脱脂粉乳、全粉乳、ココナッツオイル、デキストリン、食塩/カラメル色素、乳化剤、香料、ビタミンC、カゼインNa、甘味料(ステビア)
内容量:260g
製造所:株式会社 日本サンガリアビバレッジカンパニー 上野工場 三重県伊賀市依那具字柳原844−1
JANコード:4 902179 019813
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
Crown Coffee ブラック 260gボトル缶 2018年3月

Crown Coffee ブラック 260gボトル缶

開栓前に振らないで!
SANGARIA
キャップ切り口でのケガにご注意!
伊賀の天然水コーヒー
クラウンコーヒー
洗練されたキレのある味わい
BLACK
コーヒー
味にこだわり、コーヒーのおいしさをそのまま詰め込みました。選び抜かれた素材を使用し、豊かな香りとキレのある味わいです。伊賀の山々に磨かれた天然水を使用することで、おいしく仕上がっております。
はてしなく自然飲料を追求するサンガリア
国産
品質保持のため窒素ガスを封入しています。内容液がふき出すことがありますので開ける前に振らないでください。
アルミ
あき缶はリサイクル
(100gあたり)
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.7g
 糖類 0g
食塩相当量 0.053g
続いてブラック。上記カフェオレがあまりにも壮絶な爪痕を残したもんですから、しっかりうがいして挑みたいと思いますよ^^;。さて、すっかり慣れた原材料水(鉱水)+コーヒーに過剰な期待を乗せすぎたか、もしくは、嵐のような「カフェオレ」体験の直後故か、正直序盤は肩透かし感が否めなかったものの・・・。いやこう、なんかジワジワと良さが見えてくる感じと言うか、無香料でパッと頭に浮かぶ「あれ」とか「あれ」にけしてひけをとらないどころか、十二分に匹敵する。さらに言うと、部分部分では越えているかもしれないとても優れた1本だと感じました!!。まあ、考えてみれば「サンガリア」って相当な老舗ですもんね、このくらいできて当然って話だとは思うのだけど・・・。正直、東側の人間としては、「廉価版専門缶コーヒーメーカー」の印象が根強くあるのが拭いようのない事実であり、本来の実力以上に驚かされたと言うのが率直な感想です^^;。ちなみに今作・カフェオレともに税込84円。「挽きたて珈琲シリーズ」のように実質関西(大阪?)限定ではなく、静岡県東部まできたと言うことは関東進出も目前でしょうか?。もしそうなら、このCrown Coffeeシリーズは大げさではなく廉価版ゾーンに革命を起こすと思いますよ!!。(登録日 2018年3月10日) 品名:コーヒー
原材料名:水(鉱水)、コーヒー
内容量:260g
製造所:株式会社 日本サンガリアビバレッジカンパニー 上野工場 三重県伊賀市依那具字柳原844−1
JANコード:4 902179 019806
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ

関連ページ

  • お探しの缶コーヒーはありましたか?。まだであれば、下記検索エンジンにて検索してみて下さい。缶コーヒーマニア内(ナナヒメドットネット内)のみ検索することが出来ます。
缶コーヒーマニア広告

スポンサーリンク

アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?

項目は3つ!。皆様の今までの人生において支持出来る缶コーヒーメーカーと、今年支持できる缶コーヒーメーカー、またはる缶コーヒー(単品)(単品部門は今年年10月頃から)です。それでは開幕いたしま~す!!。お気軽に、またふるってご投票ください^^。

2011年版の結果はこちら(メーカー部門単品部門

2010年版の結果はこちら!!

2009年版の結果はこちら!!

2008年版の結果はこちら!!

1・人生において支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

2・今年支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

3・今年支持できる缶コーヒー(単品)

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

ご投票ありがとうございました。

今年最高の缶コーヒーメーカーと缶コーヒーを決めるのはあなたです!!。

缶コーヒーマニア 株式会社日本サンガリアビバレッジカンパニー  /  / 

PAGE TOP

缶コーヒーマニアTOP

缶コーヒーマニア下部広告

スポンサーリンク2

coffee_logo
 
QLOOKアクセス解析