トップ>缶コーヒーマニア トップ>山崎製パン株式会社

缶コーヒーマニア 山崎製パン株式会社

スマートフォンもしくは幅の狭いブラウザ用メニューはこちら

東京都千代田区岩本町3-10-1

http://www.yamazakipan.co.jp/

※携帯電話でご覧の方は"モバイル版缶コーヒーマニア山崎製パン"をどうぞご利用下さい。

"ヤマザキパン"の缶コーヒーです、当然のように"ヤマザキデイリーストア"にタクサンありますネ。自動販売機も良く見てみると結構あったりしますね~。今の所入手出来たモノを見てみると、”炭焼”に凄くこだわっているんですね、少なくとも缶の”炭焼”って文字は結構目立ちますし、オリジナリティーを感じていいと思います^^。

山崎製パン缶コーヒーについて、全体の印象なんかをブログ"週刊?缶コーヒーマニア通信"にも書いています。

ただ今缶コーヒーマニア内にて、”アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”開催中です。当ページ下部からも投票出来ますので、皆さんふるってご投票ください。

“アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”、メーカー部門(“あたしにも、オレにも言わせろ!。やっぱり、今年はこの缶コーヒーメーカーが最高でしょ!”)の各年最終結果です。
国民投票第11位 国民投票第10位 国民投票第5位 国民投票第11位 国民投票第7位 国民投票第15位 国民投票第8位 国民投票第11位
2016年
2015年
253票 / 3.7%
2014年
173票 / 2.4%
2013年
316票 / 6.9%
2012年
282票 / 4.3%
2011年
348票 / 5.3%
2010年
350票 / 4.2%
2009年
144票 / 4.4%
2008年
47票 / 3.0%
ヤマザキ炭焼ブルーマウンテンブレンド

炭焼ブルーマウンテンブレンド

グルメコーヒーとして名高い"ブルーマウンテン"をブレンド・炭焼焙煎し贅沢に仕上げました。炭焼特有の香ばしさとバランスのとれた味わいをお楽しみください。
未公表
ん~確かに炭焼の香ばしさは有りますけど・・・、なんか"コーヒー"っぽく無いんですよね~・・・、何でかな~?コーヒーらしい苦味とか酸味とかが無いからかな~?、ん~バランスも確かにイイんですが"コーヒー"としてのバランスじゃ無いような・・・何か"コーヒー"らしい何かが足り無い気がするんですよね・・・。 品名:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、乳化剤、カゼインNa、安定剤(カラギナン)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ヤマザキ炭焼ブラック(無糖珈琲)

炭焼ブラック(無糖珈琲)

エネルギー 4kcal
たんぱく質 0.3g
脂質 0g
炭水化物 0.6g
ナトリウム 22mg
糖類 0g
"豆"が・・・なのかな~、それともウスイのかな~・・・"ブラックコーヒー"らしい何かが足りないような・・・、多分両方かな~?、炭焼っぽい味・苦味や酸味あるにはあるんですが・・・変な表現ですがそれらが"遠くにある"感じがするんですよね~、それにしては後味としてチョットあれな苦味がノドに残っているって言う・・・。 品名:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ヤマザキ炭焼カフェオレ

炭焼カフェオレ

牛乳130・生クリーム入り
未公表
極々普通の"カフェオレ"です、クリーム感も有るしコーヒー感も有るし、甘さも丁度イイとは思いますが・・・、それぞれの味がバラバラかつあんまりパッとしないんですよね~コクも足りないし・・・、"炭焼"っぽい味も確かに感じはするんですけどね・・・。 品名:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、クリーム、乳化剤、カゼインNa
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ヤマザキ炭焼ブレンドコーヒー

炭焼ブレンドコーヒー

未公表
かなり甘いカナ、"炭焼"って感じはかすかにしかない気がするんですが・・・、コーヒー感はかなり弱くミルク感がほとんどってかんじです。個人的にダメではないんですけど、500mlペットボトルのミルクコーヒーだったら納得かも? 品名:コーヒー
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、乳化剤
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ヤマザキ炭焼キリマンジャロコーヒー

炭焼キリマンジャロコーヒー

深煎りタイプの豆を使用し、酸味を抑えてすっきりとした味わいに仕上げました。
未公表
ちょ~と薄いですね~、"キリマンジャロ"の風味を感じるまで行っていない様な気がします、甘みもミルク感も少なくてイイんですが、単に薄いからだけかも・・・、後味として甘みがケッコウ口の中に残るので甘みはかなり強いかもしれません・・・。 品名:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、クリーム、乳化剤、香料、安定剤(カラギナン)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ヤマザキ炭焼モカコーヒー

炭焼モカコーヒー

エチオピア産コーヒー豆の中でも良質なウォッシュドシダモを使用しました。備長炭焙煎により炭焼特有の香ばしさと、モカのフルーティーな香りでコクのある深い味わいに仕上げました。
未公表
"炭焼"って感じはあまりありませんが"モカ"っぽい味はかすかにします、甘さもミルク感もちょうどイイです・・・でも何か足りなくて"オイシイ"って感じがしないんですよね~・・・、"コーヒー豆"をあまり感じないんです何か"コーヒー風味"みたいな・・・、味覚がおかしくなったのかな~?、全体の調和も今一つな気がするし・・・、けっして悪くないんですけどね~・・・。 品名:コーヒー
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、乳化剤
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ヤマザキマイルドブレンドコーヒー

マイルドブレンドコーヒー

コクと香りの缶コーヒー
コロンビア豆を中心に厳選されたアラビカ種のコーヒーのみをブレンドし、コーヒーの豊かな香りはそのままに、牛乳(ミルク)でマイルドに仕上げました。
未公表
コノタイプに(250ml缶)によくある"イヤ~ナ"感じの味はまったくありません・・・がイイ味も無い・・・って言うか薄すぎです~!!、かすかに"コーヒー風味"はあるにはあるって感じで、基本的に何を飲んでるのか分りませんでした・・・、"コクと香りの缶コーヒー"って・・・? 品名:コーヒー
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:250g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
アイス用コーヒーコールド専用ゴールド

アイス用コーヒー(コールド専用)ゴールド

Mild taste and fragrance you can enjoy anytime and anywere
未公表
またスゴイのを見つけちゃいました^^、これアイス用コーヒーで原材料はコーヒーと砂糖と香料だけなんですが”コーヒー飲料”なんですね~・・・?、って事はほとんどお水・・・??^^、。で~味のほうですけど、”アイス用コーヒー”に良くある古くなっちゃった感じの嫌な酸味はほとんど感じないのはイイんですが、コーヒー感も感じないんですよね~、コーヒー風味ではあるけど・・・って感じ、このあたりがおそらく”香料”の力なんでしょうか・・・?。ま~このサイズを飲ませるにはこの位の味が丁度いいんでしょうね。ゴクゴク飲めますけど、コーヒーを飲んでる感じもあまりしないです・・・。 品名:コーヒー飲料
原材料名:コーヒー、砂糖、香料
内容量:480g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
炭焼キリマンジャロ

炭焼キリマンジャロ

深いコクと香り
エネルギー 34kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.6g
炭水化物 6.6g
ナトリウム 42mg
上の"炭焼キリマンジャロコーヒー"のモデルチェンジですねきっと?、これから他のもこのデザインに変わって行くのかな?。前の?と比べて結構コーヒー感が増したかな~?(相変わらず"炭焼"って感じは弱いですけど)。・・・でも、何か味がばらばらな感じがしちゃう・・・、"コーヒー"・"甘さ"・"クリーム"って順番に味が来る感じ、それぞれの味はそんなに問題は無いので、ちょっと残念な気がしちゃいます、この辺りにもうちょっと調和感があれば、だいぶ印象が変わってくると思うんだけど・・・。 品名:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、クリーム、乳化剤、香料、安定剤(カラギナン)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
炭焼ブレンド

炭焼ブレンド

深いコクと香り
エネルギー 33kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.4g
炭水化物 6.6g
ナトリウム 41mg
これも上の"炭焼ブレンドコーヒー"のモデルチェンジですね。お味の方は引き続き甘いな~・・・、それと変な言い方ですけど、薄いミルクがたくさん入ってるって感じ・・・?、残念ながら、"炭焼"コーヒーって感じはしないでもないかな?・・・ってくらいだし、あんまりコーヒーを飲んでいる気分にはなりませんでした・・・。あ~そうそう、前の缶のデザインはパッと見、って言うか良く見ても"ブラックコーヒー"と間違っちゃうような感じでしたけど、今回は分かり易くなりましたね^^、私の目が悪いからだけかもしれませんけど・・・^^。 品名:コーヒー
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、乳化剤
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
炭焼ブラック

炭焼ブラック

深いコクと香り
エネルギー 4kcal
たんぱく質 0.3g
脂質 0g
炭水化物 0.6g
ナトリウム 22mg
糖類 0g
これはね~、前のに比べてだいぶ良くなった気がします^^、よく言えばスッキリ悪く言えば薄いって感じは若干残ってはいますし、コーヒーらしい風味に多少欠ける気はしちゃいますけど、全体的に飲みやすく変な味もまったく無いとこなんかね、なんて言うのかな~潔さがあって?とっても好感が持てました^^。欲を言わせてもらっちゃえば、名前通りの"炭焼"らしい風味がもうちょっとあればイイと思うんだけど・・・、バランス崩れちゃうかな~?。 品名:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
炭焼モカ

炭焼モカ

微糖
深いコクと香り
エネルギー 21kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0.4g
炭水化物 3.4g
ナトリウム 38.3mg
糖類 2.4g
これも"炭焼モカコーヒー"のモデルチェンジですね、あっ今度は微糖になってます、で次はカフェオレかな?。コレはね~前のと印象はほぼ同じかな~・・・、っていうかなんて言うのかな~?ちょと前の微糖缶コーヒーって感じで、微妙な味の甘みに凄く違和感がありますし、後味として喉に残っていくのが凄く気になっちゃう・・・、申し訳ないんですけど、前のより悪くなっちゃった感さえ・・・。ちょっと前なら、「微糖缶コーヒーってこんなもんかな~?」って思ったでしょうけど、今時の微糖は美味しいのがいくつも出てきちゃったから・・・。 品名:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、乳化剤、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
炭焼カフェオレ

炭焼カフェオレ

深いコクと香り
エネルギー 45kcal
たんぱく質 1.1g
脂質 0.9g
炭水化物 8.2g
ナトリウム 48mg
記念すべき?400本目です^^。申し訳ないんですが、こちらの"炭焼"シリーズにはあまりパッとした印象は無かったんですけど・・・、これはかなりイイですよ~、けっこう砂糖が入ってる気配はあるんだけど、そんなに気にならず、あっさりとしてベタつく感じが無いミルク感も適度、で隠し味的に炭焼感があって、それらのバランスもイイ感じ、個人的にはもうちょっとミルクにコクがあると嬉しいんだけど、前のと比べて格段に進歩してると思います、って言うか山崎製パンの缶コーヒーの中では今の所これかなって感じ、もっと言っちゃうと^^他メーカのも含めて、"カフェオレ"の中ではかなり上のレベルの美味しさじゃないかとさえ思いました^^。しかし、炭焼シリーズの中でこれが一番炭焼って感じがするのはどうなんでしょう?、あんまり"炭焼"感を期待してなかったからかも知れませんけど^^。 品名:コーヒー
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、クリーム、乳化剤、カゼインNa
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
99珈琲微糖

99珈琲 微糖

DairyYAMAZAKI
香り豊かに、後味すっきり
糖類50%減
デイリーヤマザキ 販売価格99円(税込み)
エネルギー 24kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0.3g
炭水化物 4.9g
ナトリウム 37mg
糖類 3.3g
コーヒー飲料等通常品(7.5g/100ml)に比べ糖類50%減
デイリーヤマザキ専用の缶コーヒーってあったんですね~、初めて見ました。肝心のお味の方はですね~、微糖なのにかなり甘みを感じるのが凄く不思議な感じ、甘いな~って思う位ですもん^^。でもね、その甘みに違和感があるんですよ・・・、だいぶ良くなったとは思うんだけど、やっぱり一昔前の微糖の風味に近い感じ、コーヒー感も弱めで判り難いのと併せて、コーヒー飲んでるって気ががしてこないのが残念なところです・・・、もうちょっとなんだけどね・・・。 品名:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、還元澱粉糖化物、乳化剤、甘味料(アセスルファムカリウム、ステビア)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
99珈琲ブレンド

99珈琲 ブレンド

DairyYAMAZAKI
香り豊かに、深い味わい
デイリーヤマザキ 販売価格99円(税込み)
エネルギー 34kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0.3g
炭水化物 7.2g
ナトリウム 37mg
デイリーヤマザキ専用と思われる99珈琲の2種類目をやっと発見、デイリーヤマザキならどこでも売ってるって訳では無さそうなので、探すの苦労しちゃいました^^。って事で肝心のお味の方へ行きます、原材料から想像される通り、とってもシンプルかつ嫌味の無い仕上がりです、素朴なミルク感、自然な甘味とココまでは素晴らしいって言っちゃっていいんだけど・・・、一番大事なコーヒー感があまりにも無さ過ぎ~・・・!!、缶"コーヒー"を飲んでる気がしません、仮にコレがカフェオレだったとしても、やっぱり納得いかないんじゃないかな~?って思うよ、終始甘い牛乳飲んでる感じだもん・・・。 品名:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、乳化剤
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ヤマザキ炭焼カフェオレ

炭焼カフェオレ

CAFE' AU LAIT
甘さ控えめ コーヒー
AROMATIC & GRACIOUS
エネルギー 39kcal
たんぱく質 0.9g
脂質 0.9g
炭水化物 6.9g
ナトリウム 53mg
さりげなくモデルチェンジ?^^、でもアイスの方は以前のものだったから、これから徐々に変わっていくのかな?。それはさておき中味の方は、前のと比べればってレベルですが、炭焼感が若干後退すると共に、スッキリさが増した感じ、でも、気になるほど大きな変化ではなく、以前と同じように美味しくいただけました^^。とにかく、コレの良さはカフェオレらしいミルク感の中に、さりげなくピリッと香ばしい苦味が漂うところ、露骨に"炭焼"は主張せずあくまで風味付けと言った程度、この辺りの塩梅がホント絶妙なんだよね^^、全体に何てことない雰囲気を漂わせちゃってるもんだから、当たり前のように感じてしまいがちですが、よく考えると、何時までも飲み続けていられそうな安定した美味しさである事に気付きます。そんな少しずつジワジワ良さがこみ上げてくるような感覚が心憎いばかり^^、隠れたって言うと怒られちゃうかもしれませんが、間違いなく名品だと思います^^。余談ですが、個人的に、あまり炭焼的な香ばしさがプンプンしてるのって、何か焦げ臭く感じちゃって苦手・・・。と言うことで、あのむせかえるような香ばしさがお好みの方は、炭焼の名前から受ける印象と共に、ガッカリすること間違いないと思いますので、お気を付け下さいね。 品名:コーヒー
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、クリーム、乳化剤、カゼインNa
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
炭焼キリマンジャロ

炭焼キリマンジャロ

KIRIMANJARO
甘さ控えめ コーヒー
AROMATIC & GRACIOUS
エネルギー 32kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0.5g
炭水化物 6.3g
ナトリウム 33mg
以前のものと比べ風味の構成がシンプルになり、コーヒー感を中心に見晴らしが良くなった感じがします。でも、肝心のコーヒー感が、個人的にちょっと?なんですね、苦味・酸味がどちらもグッと来ない、いがらっぽさは喉の奥に微かに残り続ける、等々・・・、コーヒーをいただいてる感覚とは、何かちょっとずつ違う気がしてしょうがない・・・。全体の雰囲気は、非常に落ち着いていて良い感じ、ホント、後はコーヒーさえ良ければってとこなんだけどね。当たり前の事ながら、缶コーヒーにとってのメインはコーヒーだから・・・。 品名:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、乳化剤、香料、安定剤(カラギナン)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
炭焼糖類ゼロコロンビアブレンド

炭焼 糖類ゼロ コロンビアブレンド

COLOMBIA BLEND
AROMATIC & GRACIOUS
エネルギー 9kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.2g
炭水化物 1.2g
ナトリウム 58mg
糖類 0g
ヤマザキも糖類ゼロ缶コーヒー戦線に参戦!!、気になる中味は・・・。一口目を飲んだ直後は、強めな甘味が気にはなったものの、良質そうなコーヒー感も見えて、瞬間ものすごい期待が高まったんだけど・・・、その後直ぐにモワッと立ち上がってくる甘味料の違和感で、儚くもたちどころに期待はかき消され・・・、結局最後まで甘味料の違和感だけが残り終了・・・。う~ん、いくら糖類ゼロだからって入れすぎじゃない?って思うな~・・・、正直キツかったです。 品名:コーヒー
原材料名:コーヒー、牛乳、脱脂濃縮乳、クリーム、カゼインNa、乳化剤、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ヤマザキブラック無糖コーヒー

ブラック無糖コーヒー

備長炭
焙煎豆使用
BLACK
コスタリカ豆使用
コールド専用
缶を振らずに開栓してください。内容液がふきだすことがあります。
熱量 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.6g
ナトリウム 14mg
糖類 0g
炭焼ブランドが、徐々に新デザインに入れ替え中なのは、デイリーストアや自販機に貼ってあった広告写真で知っていたものの、これは全くノーマークでした^^;。コールド専用って書いてあるので、夏前から売られていたのかもしれませんね。それでは前置きはこの位にして、早速いただいてみましょう。おおお~!、強めの苦味、炭焼らしい適度な香ばしさ、ほどよいコク深さ、なかなか魅力的なコーヒー感ですね~^^。またさらに、お口の中にフワッとその良質なコーヒー感が広がり、僅かな苦味を残しつつ、喉を通りすぎながら徐々に消えスッキリに変わっていく、そんな一連の流れも非常に心地よく、あれよあれよという間に一気に飲み干しちゃってましたよ!。ま~、冷静に思い返してみれば、洗練されているわけでも、絶妙な調和を見せてくれるわけでもなく、荒削りなとこが目立つんだけどね。それでも、何かずっと飲み続けていたくなるような不思議な魅力があるんだな~、これが^^。・・・う~ん、正直凄く意外、こう言うのも出来るんだ~って思っちゃいました^^;。でも、こういう嬉しい不意打ちは何時でも大歓迎ですよ~!!。 品名:コーヒー
原材料名:コーヒー(コスタリカ51%)
内容量:300g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ヤマザキ炭焼微糖ブレンド

炭焼 微糖ブレンド

BLEND COFFEE
AROMATIC & GRACIOUS
熱量 18kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0g
炭水化物 2.9g
ナトリウム 44mg
糖類 1.7g
微糖って聞くとどうしても身構えちゃうんだけど^^;、割と素直なコーヒー感で、意外に良い感じですよ~・・・、飲み始めはね^^;。ま~、少ない方かとは思うけど、徐々に違和感が首を擡げ始め、気が付くといつもの微糖ワールドになってる・・・、言うなれば、スタンダードな微糖缶コーヒーって感じですね。ま~でも正直、これだけ飲み続けてるせいか慣れてきちゃったよ、あんまり嬉しくないけどさ~^^;。 品名:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、乳化剤、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
炭焼ブレンドコーヒー

炭焼 ブレンドコーヒー

BLEND COFFEE
AROMATIC & GRACIOUS
熱量 33kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0g
炭水化物 6.9g
ナトリウム 38mg
前のと比べると、甘みが弱くなって、若干炭焼らしい香ばしさが見えてきたな~って感じ、とは言え、相変わらずコーヒーを飲んでるって感覚は薄いです。でも、一昔前の良くできた缶コーヒーってこんな感じだったような気もするんだよね、何だか改めて缶コーヒーの急速な進化を実感するとともに、妙に懐かしさが込み上げてきましたよ~^^。・・・とは言え、、あまりにも引っかかりが無さ過ぎだな~・・・、う~ん、強引にまとめちゃえば、強烈な支持を受けることは無さそうですけど、嫌悪感を抱かれることも無いって感じかな?、少なくとも、これだけ数多ある缶コーヒーの中において、印象を残すのは難しそうって気はしました。 品名:コーヒー
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、乳化剤
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
炭焼無糖ブラックコーヒー

炭焼 無糖 ブラックコーヒー

BLACK COFFEE
AROMATIC & GRACIOUS
熱量 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.8g
ナトリウム 16mg
糖類 0g
非常にゆっくりとしたペースで商品入れ替え中といった感じの“炭焼”シリーズ、ブラックもや~っと新しいものにを拝ませていただくことが出来ました^^。多少の水っぽさやコーヒー感の弱さを感じた前作と比べて、水っぽさはまだまだ残ってるものの、少しコーヒーらしさが見えてきたかな~?って感じ。でもこれ、一見前作からの進化みたいに思えるんだけど、個人的には正直むしろ逆・・・。なんて言うか、コーヒーとお水を別々に飲んでる感じ、すっきりと濃厚両方狙ったんだけど、結果どっちも得られて無いのでは?って思っちゃったんだよね・・・。う~ん、なかなか難しいもんです・・・。 品名:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
炭焼プレミアムコーヒー

炭焼 プレミアムコーヒー

Yamazaki
AROMATIC & GRACIOUS
PREMIUM COFFEE
高級豆をブレンドし備長炭焙煎しました
香り豊かでコクのある贅沢な味わい
マンデリンブレンド:コーヒー
エネルギー 32kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0.2g
炭水化物 6.7g
ナトリウム 54mg
何気なく見たヤマザキの自販機で発見!、炭焼シリーズの頂点を思わせるネーミングが期待を持たせてくれますね~^^、それでは早速いただきま~す。おおお、炭焼きの名は伊達じゃない、香ばしく苦みの効いたコーヒー感がドカッと中心に座り、素朴な風味の牛乳と砂糖が陰ながらもしっかりと支えている感じ。飾り気の全くない究極のシンプルさ、奇をてらわず、“ザ・スタンダード缶コーヒー”をただただ愚直に目指したように思える仕上がりにはもの凄く好感が持てます^^。でも、正直に告白しちゃうと・・・、ある意味一つの到達点、これ以上何が必要?、缶コーヒーマニアもそろそろ・・・、なんて自問自答しちゃったりして、嬉しいんだか悲しいんだか複雑な気分でもあるんですよ・・・。とか言いながらも、缶コーヒーが此の世にあり続ける限り、もしくは自身の体を壊さない限り、まだまだ続ける所存ですので、皆様今後ともよろしくお願いいたします^^;。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、カゼインNa、乳化剤
内容量:170g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
炭焼カフェオレ

炭焼 カフェオレ

Yamazaki
AROMATIC & GRACIOUS
甘さ控えめ
CAFÉ AU LAIT
エネルギー 39kcal
たんぱく質 0.9g
脂質 0.9g
炭水化物 6.9g
ナトリウム 53mg
これまた微妙に、こちらと缶のデザインが変わっていたんですね~。上の“炭焼 プレミアムコーヒー”を買ったときは分からず、登録完了時に見直していて始めて気付いたと言う、全く以てお恥ずかしい次第・・・、慌てて買いに走りました^^;。・・・で、中味はと言うと、相変わらず美味しいですね~。非常にシンプルながら、飽きることなく日常生活に溶け込んでくれそうな存在で、まさにカフェオレの王道だと思います^^。・・・と言うかコレ、中味は変わってないよね~?、缶のデザインだけ変更かな?。ま~それにしても微妙な変更、前のに何か問題でもあったのかな~?なんて余計な心配までしちゃったり・・・^^;。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、クリーム、乳化剤、カゼインNa
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
炭焼キリマンジャロ

炭焼 キリマンジャロ

Yamazaki
AROMATIC & GRACIOUS
甘さ控えめ
KILIMANJARO
エネルギー 32kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0.5g
炭水化物 6.3g
ナトリウム 33mg
上の“炭焼 カフェオレ”と同じ理由、こちらも全くこちらからの変化に気付きませんでした^^。思い込みはいけませんね~、どこが缶コーヒーマニアなんだか・・・、深く反省してます^^;。・・・と言うことで早くも気を取り直して、中味へ行ってみましょう!。え~と、前のは肝心のコーヒー感に、違和感とは言わないまでも、若干なんだか微妙な感覚があったりするのが気になってしょうがなかったんだけど・・・、普通に戻っていてくれていて、まずはホッと一安心^^。ミルクや砂糖が上手く脇役に徹していて、コーヒーが引き立っている見晴らしの良さ、後味を含む香料臭さの無さ、控えめかつ自然な甘さ、雑味の少なさと言った従来品の良さはそのまま引き継がれていて、ちょっと言い過ぎな気はするものの・・・、安心して飲めるものにやっと仕上がりましたね~!って言うのが素直な感想です^^。 名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、クリーム、乳化剤、香料、安定剤(カラギナン)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ヤマザキ マイルドブレンドコーヒー

マイルドブレンドコーヒー

YAMAZAKI
MILD BLEND COFFEE
懐かしいコクと香り
コロンビア豆を中心に厳選されたアラビカ種のコーヒーのみをブレンドし、コーヒーの豊かな香りはそのままに、牛乳(ミルク)でマイルドに仕上げました。
未公表
こちらからかな?、いつの間にやらモデルチェンジしていたようです。何せホームページにほとんど情報が無いもので・・・、ごめんなさい、詳細は不明です・・・。う~ん、ま~気を取り直して、前作?を思い出しつつ、いただいてみることにしましょう^^;。え~と、昔からこのタイプ(250gロング缶)で連想される、ミルク感・甘み共にたっぷりといったものとは、相変わらず一線を画す仕上がり、肩透かしを食らうこと請合いの1本ですね~。水っぽさは感じないものの、どこまでも存在感の薄い”コーヒー風味”、入っているんだか無いんだか分からなくなってくるミルクと甘み・・・。ま~、この空しささえ感じてしまうスッキリさが最大かつ唯一の美点だとは思うんですけどね~・・・、一体全体どの層を対象にされているのか、正直私には分かりません・・・。 品名:コーヒー
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:250g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
炭焼 微糖 エスプレッソ

炭焼 微糖 エスプレッソ

Yamazaki
ESPRESSO
AROMATIC & GRACIOUS
糖類34%減
コーヒー飲料等通常品(7.5g/100ml)と比較
エネルギー 30kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.4g
炭水化物 5.8g
ナトリウム 48mg
糖類 4.5g
エスプレッソらしい濃いめの苦味、渋みやエグ味含めて荒々しいコーヒー感、好みの差は激しく出そうですが、しっかりと“コーヒー”で勝負しているところは非常に好感が持てます^^。ただ、残念とまではいかないものの、ちょっと惜しいのがミルク感ですね。何て言うのかな~?、平板なのにやたらに出しゃばるというか、悪く言っちゃうと、何だか目立たないけどいちいち鼻に付く感じなんです・・・。とは言え、ま~このくらい、愛嬌愛嬌!、あえて挙げるならって程度^^;。控えめかつ甘味料を使ってないため違和感の無い甘み、あくまでコーヒー中心に置く全体の組立、さり気なくも相当考えられた、完成度の高い1本だと思いました^^。うん?、そう言えばここ最近の・・・、と言っても正式な発売日が分からないので何ですが、少なくとも上記“炭焼 プレミアムコーヒー”以降(除くマイルドブレンドコーヒー^^;)登録出来たラインアップには目を見張るものがありますね~!。全く侮れないですよ。確実に入手出来る場所(デイリーヤマザキ)もあるしね~、私の中では、存在感をグングン増し、いつの間にか目を離せない要注目メーカーになってきています^^。 品名:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、調整クリーム、乳化剤、カゼインNa、セルロース
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
アイス用コーヒー[コールド専用]

アイス用コーヒー[コールド専用]

Yamazaki
ICE COFFEE
Mild taste and aroma you can enjoy anytime and anywhere.
●おいしさを保つ為に窒素充填しております。かるくふってお飲み下さい。
エネルギー 7kcal
たんぱく質 0.3g
脂質 0g
炭水化物 1.4g
ナトリウム 16mg
糖類 1.0g
こちらからのモデルチェンジ版でしょうかね~?。コーヒー飲料からコーヒーに、香料を抜いて甘味料を加える・・・、う~ん、何だかどう変わったのか想像が付きませんが、取り敢えずいただいてみる事にしましょう^^。え~と・・・、とにかく水っぽいですね~・・・、そこにうっすらと漂う甘味料とコーヒー、ちっともコーヒーを飲んでいる気がしないどころか、何だか水薬でも飲んでるような感覚が終始続きます・・・。ま~、基本ほとんどお水ですから飲みきれない程の嫌悪感は無いんだけど・・・、むしろそれだけに罪深いかも・・・、ごめんなさい、言い過ぎました。・・・でもね~、やはりこれはちょっと・・・酷いよ・・・。 品名:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、甘味料(アセスルファムK)
内容量:480g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
炭焼 微糖 アイスコーヒー

炭焼 微糖 アイスコーヒー

Yamazaki
AROMATIC & GRACIOUS
アイス用 / コーヒー
糖類50%減
コーヒー飲料等通常品(7.5g/100ml)と比べ糖類50%減
エネルギー 18kcal
たんぱく質 0.3g
脂質 0g
炭水化物 4.3g
ナトリウム 48mg
糖類 3.6g
ここのところ、さり気なくも高レベル缶コーヒー連発中のヤマザキ炭焼シリーズ最新作が発売されていました!。そんな炭焼シリーズ、おそらく初じゃないかな〜?、最もシンプルなコーヒー+砂糖のアイスコーヒーであり、さらに上記“アイス用コーヒー”なんかとは違い甘味料使用では無い微糖と言うことで、もう美味しくないわけがない!ってくらい、弥が上にも期待が高まってしまいますよ^^。それでは、ちょっと落ち着いてと・・・、いただいてみましょう!。え〜と、はい、やはり正にシンプルイズベスト!、すっきりさっぱりとしたコーヒー感と、控えめかつ自然な甘みの組み合わせ。単純だからこそ落し所はむしろ難しいと思われるんですけど、一切の破綻無く、またきっちり手堅くまとめられていると思います。・・・ただ、アイスコーヒーだから、スッキリゴクゴク感を意識してと言う事なのかもしれませんが、あくまで他の炭焼シリーズと比べてではあるものの、風味・コク含め何とも頼り無さげなコーヒー感に一言・・・とか正直思ったりしたんですけど・・・、なんだか文句のための文句になってしまいそうなので止めておきます^^。・・・でも、このジャンル、ここに来て密かに激戦区ですからね〜・・・、上手く印象を残せるのか、乞う御期待ですね^^。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖
内容量:280g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
アイスコーヒー

アイスコーヒー

Yamazaki
ICE COFFEE
アイス用 / コーヒー
【コールド専用】
●おいしさを保つ為に窒素充填しております。かるくふってお飲み下さい。
エネルギー 7kcal
たんぱく質 0.3g
脂質 0g
炭水化物 1.4g
ナトリウム 16mg
糖類 1.0g
こちらからのモデルチェンジ版だと思いますが、飲んでみた限り中味は変わらないような気がします。これで100円、価格容量比でいくと相変わらずトップクラスのもの凄さですが・・・、え〜、ま〜・・・ね^^;。 名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖、甘味料(アセスルファムK)
内容量:480g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ブラック コスタリカブレンド

ブラック コスタリカブレンド

Yamazaki
HOT & COLD
振らずにゆっくりと開けて下さい
キャップの切り口でのケガにご注意ください。開栓後は、しっかりとお閉めください。
BLACK
備長炭焙煎豆使用
ブラック 無糖
この製品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
缶を振らずに開栓してください。内容液がふきだすことがあります。
(100gあたり)
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.7g
ナトリウム 8mg
糖類 0g
意外と?香料を使わない点に好感を持っているヤマザキの缶コーヒー。今回いきなりの香料入りブラックボトル缶コーヒーで、飲む前に心配が募りまくりましたが・・・、全くの杞憂だったようでなによりでした^^。え〜、基本的にはこちらの流れを汲む新製品なのかな?、飲み比べてはいないので断言は出来ませんが、残っている印象とは概ね一致します。強めの苦味と炭焼らしい香ばしさ、しっかりと深い味わいを口一杯に広げた後、スッと消えスッキリとした喉越しをもって通り過ぎ、飲み応えをも積み重ねていく。この一連の流れが非常に心地良いんですよね、結構な容量であるにもかかわらず、もう無いの〜で終わるバランスは本当に絶妙だと思います^^。しかしですね・・・、この異常なまでの高打率はなんなんですか、いったい!。派手な一発こそ無いものの、十割に限り無く近いってもう・・・、絶対にインチキとしか思えませんよ、腹立つ〜^^;。 名称 / コーヒー
原材料名 / コーヒー(コスタリカ51%)、香料
内容量 / 300g
JANコード / 4 903110 781530
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ブラック モカブレンド

ブラック モカブレンド

Yamazaki
HOT & COLD
振らずにゆっくりと開けて下さい
キャップの切り口でのケガにご注意ください。開栓後は、しっかりとお閉めください。
BLACK
Tasty & Aroma
Mocha Blend
モカ 51% グァテマラ 49%
〈香料不使用〉
ブラック 無糖
この製品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
缶を振らずに開栓してください。内容液がふきだすことがあります。
(100gあたり)
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.7g
ナトリウム 33mg
糖類 0g
しっかりとした苦味、コク、400gボトル缶にあるまじきコーヒー感が楽しめる1本ですね~!。しかも、120円ときた日には、選ばない手はないってもんですよね、はい^^。あっ、あと、大事なもう一点、ヤマザキYショップ及びデイリーヤマザキと、店舗数はさておき確実な入手先も用意されているわけですからね~。やはり、ちょっとしゃくなぐらい欠点のない缶コーヒーだと思いますよ、ええ^^。こうなると、既に完成形って事なのかもしれませんが、長く変わっていない・・・、ないよね?、次期炭焼シリーズにも期待が膨らんじゃいますよ~^^。以下余談です。あらためて思い返してみると、ヤマザキYショップとデイリーヤマザキって、入荷時期は遅れ気味なものの、ついぞほかでは見付けられなかった缶コーヒーの新製品が、ここでやっと!って場合が多いんですよね~。缶コーヒーマニアにとって足を向けて眠れない、実にありがたく、なくてはならない存在なのです、あらためて深く御礼申し上げます^^。 名称 / コーヒー
原材料名 / コーヒー
内容量 / 400g
JANコード / 4 903110 781837
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
炭焼珈琲 微糖

炭焼珈琲 微糖

Yamazaki
HOT & COLD
振らずにゆっくりと開けて下さい
キャップの切り口でのケガにご注意ください。開栓後は、しっかりとお閉めください。
BRAZIL No.2 100%
ブラック 加糖〈香料不使用〉
ブラジルの基準で定められている輸出規格品における最高等級豆「No.2」を使用。炭焼にこだわり深煎りが引き出すコクと豊かな香りをお楽しみください。
浅煎り 中煎り ○深煎り
※上記○印は実際には炎の絵です。
糖類64%減
コーヒー飲料等通常品(7.5g/100ml)と比較
この商品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
缶を振らずに開栓してください。内容液がふきだすことがあります。
・加温時はヤケドにご注意ください。
・温めるときは、容器のまま直火、湯せんまたは電子レンジにかけないでください。
国産
アルミ
あきかんはリサイクル
(100gあたり)
エネルギー 14kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 3.3g
ナトリウム 21mg
糖類 2.6g
あの、こんな事を偉そうに言える立場ではないのですが・・・、本来の微糖ってこう言う事だったんじゃなかったのかと思うのですよ。と言うか、なんだか出始めから目的を見失っているかのような嫌な感じが正直あって・・・、だってヤツが完全に主役なんですもんね、なんだか妙に幅利かせちゃってさ・・・。途中一時抑える方向で進んでいるのかな〜と思いきや、いつの間にやら主役面で完全復活ですもんね、まったく・・・。あくまでも缶コーヒーを飲みたくて買っているのに、なんで〜って感じですよ、本当に・・・。ごめんなさい、飲んでいる最中こんな今年か頭に浮かばなかったので、思わず書き殴っちゃいました^^;。戻ります。あの、詰まるとこ過不足無いって事なんでしょうね。コーヒーだけでは苦いから、ほんのちょっと甘みを足す。正に素人考え休むに似たり・・・、私なんか典型的で至極単純な事でしょ、なんで出来ないの〜なんて呑気に思ってしまうんですけど・・・。いやいやいや、単純かつ無香料だからこそ誤魔化しようがないんですよね、それはもう大変な道程でしょうと・・・。さらにテンション上がった勢いで言ってしまうとですよ、申し訳ない・・・、これが、缶コーヒーがメインではないところから出ることに各社危機感を覚えないとおかしいと思うんですよ、なにをやっているんですかと・・・。あの、マニアとしては、コーヒーと缶コーヒーは違うのよなんて擁護をしてしまいがちですが・・・、なんだこっちも出来るんじゃないって・・・、本当に色んな意味で危険な存在ですよね、これは・・・。ごめんなさい、無駄に長くなってしまったのでそろそろまとめます^^;。え〜と、最後に一つだけ欠点を・・・、と言うか山崎製パンさんはなんら悪くないのですが・・・、最早、「微糖」の文字を見るだけで少なくとも自動的に魅力半減というか、そもそも、端から拒否反応で手にも取らないだろうな〜と言うか、そう思ったんです・・・。老婆心ながら・・・、本当に、これほどの突出した傑作にとっては、むしろマイナスにしかならない気がするんですよ、その冠は・・・。と言うかですね、小難しいこと抜きで、単純にもったいないと思ったんですよ、はい^^;。 名称 / コーヒー
原材料名 / コーヒー(ブラジル 100%)、砂糖
内容量 / 275g
JANコード / 4 903110 781974
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
炭焼珈琲 ブラック

炭焼珈琲 ブラック

Yamazaki
HOT & COLD
振らずにゆっくりと開けて下さい
キャップの切り口でのケガにご注意ください。開栓後は、しっかりとお閉めください。
BLACK
KILIMANJARO AA 100%
ブラック 無糖〈香料不使用〉
キリマンジャロ(タンザニア)
タンザニアの基準で定められている輸出規格品における最高等級「AA」を使用。炭焼にこだわり深煎りが引き出すコクと豊かな香りをお楽しみくださいお楽しみください。
浅煎り 中煎り ○深煎り
※上記○印は実際には炎の絵です。
この商品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
缶を振らずに開栓してください。内容液がふきだすことがあります。
・加温時はヤケドにご注意ください。
・温めるときは、容器のまま直火、湯せんまたは電子レンジにかけないでください。
国産
アルミ
あきかんはリサイクル
(100gあたり)
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.6g
ナトリウム 25mg
糖類 0g
やはりと言うか・・・、あの、上記微糖とこのブラックだけでも、山崎製パンがいかに優れた缶コーヒーメーカーかが如実に分かりますよね。本当に、当初のあたりはどこまでも、頼りないくらいソフトなんですよね、私なんて脇役ですからと言わんばかりに・・・。そうそう、実しやかに言われている、「山崎製パンの缶コーヒーはあくまでパンのお供、目立っちゃいけない」と言うのが、何か分かる感じなんですよ^^。でも、全然違うんです!。缶コーヒー単体として見てもですよ、この過不足の無さ、絶妙なバランス、キツさの欠片もないのに深い味わい、どこから見てもトップクラスなんですよ、それは^^;。あの、微糖に続いてまた暴言吐きますが・・・。缶コーヒーメーカーは何をやっているのですかと言うことなんですよ、もう・・・。あくまでも下手で、そんなにやる気が無さそうだとか舐めているとですよ、何時の日か一気に掬われてしまいますよ、きっと・・・。そして正直に告白いたします。ココの缶コーヒーだけ選んでいれば、痛い思いをしなくて済むんだろうなだろうな〜と、遠い目をした自分が居ましたよと・・・。ま〜、でも缶コーヒーマニアを続けられる限りは、分かっていても、むしろ満面の笑みで自ら地雷を踏みに行き続けますけどね、当然ですよ、それは^^;。 名称 / コーヒー
原材料名 / コーヒー(キリマンジャロ 100%)
内容量 / 275g
JANコード / 4 903110 781967
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
炭焼珈琲 カフェラテ

炭焼珈琲 カフェラテ

Yamazaki
HOT & COLD
振らずにゆっくりと開けて下さい
キャップの切り口でのケガにご注意ください。開栓後は、しっかりとお閉めください。
Caffe Latte
北海道産生クリーム入り
コーヒー飲料(ミルク入り)
炭火で丁寧に長時間焙煎した、深煎り豆を使用。北海道産生クリームのまろやかさと、甘すぎないすっきりとした味わいをお楽しみください。
浅煎り 中煎り ○深煎り
※上記○印は実際には炎の絵です。
この商品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
缶を振らずに開栓してください。内容液がふきだすことがあります。
・加温時はヤケドにご注意ください。
・温めるときは、容器のまま直火、湯せんまたは電子レンジにかけないでください。
国産
アルミ
あきかんはリサイクル
(100gあたり)
エネルギー 22kcal
たんぱく質 1.0g
脂質 0.5g
炭水化物 3.3g
ナトリウム 44mg
いきなり余談ですが・・・、3回目の書き直し、行きます・・・^^;。あの、これぞヤマザキさんの缶コーヒーらしさと思う、落ち着き払い、決して出しゃばりすぎない味わいは確かにあり、全体に漂う雰囲気にもいかにもなウエルメード感が漂いまくっていて、一瞬これで良いんじゃないって無条件に受け入れてしまいそうなのですが・・・。いやいやいや、それは・・・、非常に巧みですけどね、やはりこれは、悪しきと個人的に思っている、人工甘味料入り缶コーヒーの最たるものでしょう、根底に脈々と流れるものは・・・。う〜ん、何て言うのかな〜、バターじゃなくてマーガリンとか・・・、そう、悪く無いどころか、最早代用の域を超えた存在になりつつあるとしても、抵抗していたいのですよ、例えささやかであっても、明らかに無駄であっても・・・。さながらドン・キホーテかと自嘲しながら・・・。でも、現在の流れとしては確実にこちらが主流なんですからね〜、むしろヤマザキさんは良く堪えてくれていると思うことにいたしました、心の健康の為にも・・・^^;。(登録日 2013年11月21日) 名称 / コーヒー飲料
原材料名 / 牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、全粉乳、クリーム、乳等を主要原料とする食品、食塩、乳化剤、カゼインNa、香料、甘味料(アセスルファムカリウム、スクラロース)
内容量 / 275g
JANコード / 4 903110 781981
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
アイスコーヒー 微糖 2014年5月

アイスコーヒー 微糖

Yamazaki
振らずにゆっくりと開けて下さい
キャップの切り口でのケガにご注意ください。開栓後は、しっかりとお閉めください。
ICE
COFFEE
Tasty & Aroma
厳選深煎り豆使用
[アイス用]コーヒー / 加糖
缶を振らずに開栓してください。内容液がふきだすことがあります。
国産
アルミ
あきかんはリサイクル
(100gあたり)
エネルギー 10kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 2.4g
ナトリウム 8mg
糖類 2.0g
正直に申し上げます・・・、さすがに嫌な予感しかしないのですが・・・。え~・・・、それでもやるんだよ!!と自分を鼓舞しつつまいりましょう!!。そろそろ「伝統の」と言って良いかな~、大容量アイスコーヒーの流れをくむ新商品がボトル缶になって登場です。それでは中味へ・・・。うん?、あ~はい、これも慣れってことなのかもしれませんが、意外と悪くないんじゃない?なんて思っている自分がとても嫌です・・・。とは言えそれも最初だけ、直ぐに想像通りの味わいへと収束していきますからご心配なく、ある意味期待を裏切りません・・・。と、う~ん、でも、それほど無下にダメとも言い切れないんですよね。そう、知る人ぞ知る良品が多い、良い方の山崎製パン缶コーヒーらしさの片鱗を感じられるコーヒー感が、曲がりなりにも最後まで辛うじて続くからなんですよ。あ~面倒くさい、じゃあ一体全体どっちなのよと問われますと・・・、山崎製パンは良いやつですからごにょごにょと、口ごもるほかないわけでして・・・。でも、これが信頼って言うんでしょうね、そう、どこぞのメーカーさんは爪の垢を煎じて飲んでくださいってことなんですよ、結論は^^;。(登録日 2014年5月22日) 名称 / コーヒー
原材料名 / コーヒー、砂糖、甘味料(アセスルファムカリウム)
内容量 / 400g
JANコード / 4 903110 780366
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
炭焼 無糖ブラック 2014年10月

炭焼 無糖ブラック

Yamazaki
無糖
BLACK
ブラック
AROMATIC & GRACIOUS
コーヒー
スチール
あきかんはリサイクル
(100gあたり)
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.8g
ナトリウム 16mg
糖類 0g
Twitterでお世話になっている@cancoffee_fanさんからその存在をお教えいただき、ヤマザキショップにて購入してまいりました。@cancoffee_fanさんありがとうございます!!。はい、それでは、まだまだ圧倒的に流通量の多い前作と飲み比べてみます。え~と、基本的には前作と同じと言ってといいと思いますね。しっかりとした炭焼感、香ばしさを伴う酸味少し強めのコーヒー感はとても良い感じで、同様の商品と比べてそれほど遜色はありません。・・・ただ、唯一かつ決定的にがっかりなのが、あたかも水とコーヒーを別々に飲んでいるかのような錯覚に陥ることがまま・・・、いや、終始伴うと言うこの一点に尽きます・・・。本当に、返す返すもただただ残念でなりません・・・。ま~、事前に相当良く振ったとは思うもののまだまだ足りなかった可能性や、そもそもなにかと・・・、パンと一緒に飲む前提となっていて、そうすることでガラッと印象が変わる可能性もあるので・・・、とんちんかんな結論に至ってしまう前に、この辺で〆させてただきます^^;。(登録日 2014年10月12日) 名称 / コーヒー
原材料名 / コーヒー
内容量 / 185g
JANコード / 4 903110 781202
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
炭焼 ブレンド 2014年10月

炭焼 ブレンド

Yamazaki
BLEND
AROMATIC & GRACIOUS
コーヒー
スチール
あきかんはリサイクル
(100gあたり)
エネルギー 34kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0g
炭水化物 7.0g
ナトリウム 56mg
糖類 0g
ヤマザキショップにて仲良く並んでいた新旧品を飲み比べます。え〜と、今となっては逆に懐かしさを覚える、古き良きザ・缶コーヒーと言った感じは前作そのままに、今風をチラ見しつつ若干甘みを減らした感じですかね〜、どうです?、あってます?。なんですか、あの、ことさら大きく「炭焼」って書くほどの香ばしさはないのはご愛嬌として^^;、この、少しでも甘いものが嫌いな方以外には概ね好意を持って受け入れられるであろう異常なまでの間口の広さは、相変わらず缶コーヒー数多あれど屈指でしょうね〜!!。しかし、日毎進化を続けるこの業界にあって、着いてけない、もしくは、着いていきたくない、求めているものと違うんだよと止めてしまった方も多いんじゃないかと思うのです・・・。でも、そんな方にも、しっかり用意してありまっせと、ええ、しかもそれはレアものではなく、あなたの街にもきっとあるヤマザキショップでわりと気軽に買えるんですよって^^。ね〜、これだよ!!、そう、これなんだよ!!、とおっしゃる方は多いと予想されますので・・・、それじゃ、もう一回チャンスをやるか!!と、お試しいただくのもご一興かと思いますよ。ただし・・・、その先、どっぷりはまってしまっても当方一切の責任は負い兼ねますが・・・^^;。(登録日 2014年10月20日) 名称 / コーヒー
原材料名 / 牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、乳化剤
内容量 / 185g
JANコード / 4 903110 781509
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
炭焼キリマンジャロ 2014年10月

炭焼 キリマンジャロ

Yamazaki
甘さ控えめ
KILIMANJARO
AROMATIC & GRACIOUS
コーヒー
スチール
あきかんはリサイクル
(100gあたり)
エネルギー 32kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0.5g
炭水化物 6.3g
ナトリウム 33mg
そう言えば、これもコンビニ缶コーヒー祭りの一環ですよね〜^^。そうそう、と言うことで、一足早く始まっていた新炭焼シリーズも今回の祭りに参戦です!!。はい、それでは早速、いまだ流通量は遥かに多い前作と飲み比べてみましょう。え〜と、基本的には前作と同じなんですけどね、なにせ周りが自主的に下がっていくもので・・・^^;、相対的にその地位が図らずもぐんぐん上がる感じなんですよ。う〜ん、あの、自らもそれを望んでいない気がするんですけど、いや、傑作とか逸品とかではないんですよね~、これは決して。そう、でも、ものすごく大きくゆるい括りで、砂糖とミルク入りの缶コーヒーでお勧めは?の問いに対する最適解でもあると思うんですよ、はい、真剣にそう思うんです!!。なんとも今一つ、んんん・・・。あの、これまた妙な表現になってしまうのですが・・・、缶コーヒーらしい缶コーヒーの頂点と言うか、完璧な標準品と言うか、はい、とにかくそんな感じなんですよね、お分かりいただけますでしょうか・・・。あ〜もどかしい、これじゃしっかりお伝えできてないな〜、きっと・・・。ううう、もう頭の中をぱかっと割って直にお見せしたひ・・・^^;。(登録日 2014年10月30日) 名称 / コーヒー
原材料名 / 牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、クリーム、乳化剤、香料、安定剤(カラギナン)
内容量 / 185g
JANコード / 4 903110 781165
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
炭焼カフェオレ 2014年10月

炭焼 カフェオレ

Yamazaki
甘さ控えめ
CAFÉ AU LAIT
AROMATIC & GRACIOUS
コーヒー
スチール
あきかんはリサイクル
(100gあたり)
エネルギー 39kcal
たんぱく質 0.9g
脂質 0.9g
炭水化物 6.9g
ナトリウム 53mg
続けてもう1本!!、カフェオレも参戦!!。それでは早速、こちらも前作と飲み比べてみたいと思います。はい、やはり基本的には前作と同じで・・・、あっ、キリマンジャロのところに書くのを忘れてしまいましたが、共にパッケージを一新すると同時に、う~ん、このご時勢しかたがないですかね、5g減ったというのが前作との違いかと思います。ただ、その立ち位置には両者結構な違いがありますね、あの、キリマンジャロでは相対的に地位が上がったと書きましたが、カフェオレの方はむしろ逆かもしれない・・・。いやね、基本を忠実に守り、その伝えられてきた教えを一言一句違わずに再現したようなカフェオレであり、全幅の安心と信頼をもって選べる1本であることには1mmの疑念もないんですよ・・・。ただ、う~ん、個人的に好きなジャンル故なのかな~、どうしても華やかな方に目が向いてしまうんですよね、はい、ここが戻るべき基準点なのは重々承知しつつも・・・。って、なんだかんだブツブツ言ってしまいましたが、それもこれも好き過ぎるが故の妄言ですのでお許しください^^;。そう、やはりこれも、「おすすめの缶コーヒーは?、カフェオレが良いんだけど」に対する最も外さない最適解だと思ってますよ、それはね。そうです、おいしいカフェオレ缶コーヒーなら、お近くのヤマザキショップに行けばありますってことなんです^^。(登録日 2014年10月30日) 名称 / コーヒー
原材料名 / 牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、クリーム、乳化剤、カゼインNa
内容量 / 185g
JANコード / 4 903110 781134
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ヤマザキ 炭焼 微糖ブレンド 2014年10月

炭焼 微糖ブレンド

Yamazaki
微糖
BLEND
AROMATIC & GRACIOUS
コーヒー
スチール
あきかんはリサイクル
(100gあたり)
エネルギー 18kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0g
炭水化物 2.9g
ナトリウム 44mg
糖類 1.7g
ちょっと前作の用意が叶いそうもないので、思い出しつつも、また新たな気持ちでの試飲とさせていただきます。では、始めましょう。え~と、ある意味山崎製パンの炭焼シリーズらしく、素朴で素直、これと言った作為を感じにくい味わいはしっかりこれにも現れているんです。でも、そこはそれ、言っても人工甘味料入り微糖ですから・・・。う~ん、これに限ってはその作為がないと言う部分がはたして良い点なのかって疑問は当然わいてくるんですよ、あの、これだけあっけからんとしてれば、そこはやはりね~・・・、はい。とは言え、今やもう完全に二極化していると思いますから、今作はそちら側、人工甘味料入り微糖缶コーヒーの標準品なんだと考えれば、あまり関心の・・・、いや、それほど合点がいかないこともないと思いますよ、ええ。そうそう、こちらの派閥は、ブレンドとかキリマンジャロを選べば良いだけのことなんです。しかもですよ、逆風が吹く現状では珍しい優遇策、2種類ともしっかりとラインアップに残してくれたわけですから、はい、むしろ感謝しないといけませんよね~^^。うんうん、さすが山崎製パンさん、分かってらっしゃる!!。(登録日 2014年10月31日) 品名 / コーヒー
原材料名 / 牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、乳化剤、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量 / 190g
JANコード / 4 903110 781387
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
日々カフェ ブラック無糖 2015年3月

日々カフェ ブラック無糖

Yamazaki
HOT & COLD
振らずにゆっくりと開けて下さい
キャップの切り口でのケガにご注意ください。 開栓後は、しっかりとお閉めください。
深煎り
Hibi Cafe
BLACK
アラビカ豆 100% 使用
コーヒー
この商品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
缶を振らずに開栓してください。内容液がふきだすことがあります。
・加温時はヤケドにご注意ください。
・温めるときは、容器のまま直火、湯せんまたは電子レンジにかけないでください。
国産
アルミ
あきかんはリサイクル
(100gあたり)
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.7g
ナトリウム 22mg
糖類 0g
当然のごとくデイリーヤマザキでの購入。早速いただきます。いろいろな理由はあるんでしょうけどね、正直、入れちゃったんだ・・・と言うのが、飲む前と飲んだ後の共通した感想・・・。なんかね、何の変哲もない、よくある香料入りブラックボトル缶コーヒーの仲間入りと言った印象です。でもね、ここ何本かのブラックではとても良い思いをさせてもらっているので、今回は見て見ぬふりを決め込もうと思います、では^^;。(登録日 2015年3月18日) 名称 / コーヒー
原材料名 / コーヒー、香料
内容量 / 375g
JANコード / 4 903110 782087
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
日々カフェ カフェラテ 2015年9月

日々カフェ カフェラテ

Yamazaki
HOT & COLD
振らずにゆっくりと開けて下さい
キャップの切り口でのケガにご注意ください。 開栓後は、しっかりとお閉めください。
深煎り
Hibi Cafe
Caffe
Latte
北海道産生クリーム使用
種類別 乳飲料
この商品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
HOT & COLD
この製品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
缶を振らずに開栓してください。内容液がふきだすことがあります。
・加温時はヤケドにご注意ください。
・温めるときは、容器のまま直火、湯せんまたは電子レンジにかけないでください。
国産
アルミ
あきかんはリサイクル
(100gあたり)
エネルギー 45kcal
たんぱく質 1.0g
脂質 1.2g
炭水化物 7.5g
ナトリウム 46mg
つばめ92号さんのツイートを元に、デイリーヤマザキにて購入してまいりました!!。それでは、なんとも好みっぽい雰囲気プンプン漂う本作、早速いただいてみましょう。いきなりですが、はい、やはり予想通り!!。一口二口くらいまでは、若干あっさりし過ぎかなと思わないでもなかったものの、この終始さっぱりとしたミルク感、いや、牛乳感かな?、それに、全体から見れば極控えめながらも要所要所で結構な存在感を示す甘み、そして、カフェラテであるために最小限用意しましたって感じのコーヒー感。この三者が織りなす味わいはまさに丁度良い塩梅で、この容量でありながら物足りなさを感じてしまうくらい、本当に叶うならばいつまでも飲んでいたい衝動に駆られました!!。反面、満足感にはほど遠いですが・・・、「山崎製パン」の缶コーヒーとしてはこれで良いのでしょう^^。と言うことでまとめますと・・・、やっぱりね、しょうがないよ、美味しいものはカロリー高いんだということに尽きます!!。まあ、とは言え1本170kcal弱と考えてしまうと・・・、いや、全然問題ないです、問題ないですって^^;。(登録日 2015年9月30日) 種類別名称 / 乳飲料
商品名 / Caffe Latte カフェラテ
無脂乳固形分 / 2.3%
乳脂肪分 / 1.0%
植物性脂肪分 / 0.1%
原材料名 / 牛乳、砂糖、コーヒー、乳等を主要原料とする食品、全粉乳、脱脂粉乳、クリーム、食塩、乳化剤、香料、安定剤(増粘多糖類)
内容量 / 375g
製造所所在地 / 静岡県焼津市田尻2820番地
製造者 / エスエスケイフーズ株式会社 焼津工場
JANコード / 4 903110 780281
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
マイルドブレンドコーヒー 2015年11月

マイルドブレンドコーヒー

Yamazaki
MILD
BLEND COFFEE
懐かしいコクと香り
【マイルドブレンド】コーヒー飲料
スチール
あきかんはリサイクル
(100gあたり)
エネルギー 47kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.5g
炭水化物 10.1g
ナトリウム 41mg
UCC BEANS & ROASTERS 砂糖不使用を探しに寄ったYショップにて遭遇!!。残念ながらお目あてはありませんでしたが、本当に、こう言ったアクシデント的出会いって、この手の趣味における醍醐味ですよね、あらためて強く実感いたしました^^。それでは、試飲を始めましょう。コーヒーからコーヒー飲料になったことが、この種のファンにとってはむしろ功を奏したと言えるかもしれませんね、特に、感覚上の甘みがかなりパワーアップされていると感じました。あ、そうか!?、最中ずっとなんかに似ていると思っていたのはカラメルシロップだ!!。そう、飲んだことないけど、凄く飲みやすくしたカラメルシロップって表現がとてもしっくりと腑に落ちる^^;。・・・あれ?、でも飲み進めていくうちに、飲みやすい黒蜜にも思えてきたりして・・・。まあ、あれです、そう言う、とてつもなくオリジナリティの高いシロップ系の飲み物ですよと言うことで、ここは一つ穏便にお収めいただけませんでしょうか^^;。(登録日 2015年11月13日) 名称 / コーヒー飲料
原材料名 / 牛乳、砂糖、コーヒー、乳化剤、カゼインNa
内容量 / 250g
JANコード / 4 903110 780250
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
日々カフェ 微糖 2016年4月

日々カフェ 微糖

Yamazaki
HOT & COLD
振らずにゆっくりと開けて下さい
キャップの切り口でのケガにご注意ください。 開栓後は、しっかりとお閉めください。
微粉砕コーヒー入り
Hibi Cafe
砂糖。ミルク入り
コーヒー
HOT & COLD
この製品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
缶を振らずに開栓してください。内容液がふきだすことがあります。
・加温時はヤケドにご注意ください。
・温めるときは、容器のまま直火、湯せんまたは電子レンジにかけないでください。
国産
アルミ
あきかんはリサイクル
(100gあたり)
エネルギー 16kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0g
炭水化物 3.0g
ナトリウム 37mg
糖類 2.1g
ブラック、カフェラテときて・・・、そうですよね、やっぱりこうきますよね。むしろ、最初にくるのが今や普通でしょうから、何らかの力と闘ってくれていると言うことだと理解します・・・。と、自分でもなに言ってるんだかわからなくなってきたので・・・、淡々と試飲を始めましょう^^;。あらら・・・、とても寂しいけど、これが現代の主流なんでしょうね・・・。色々穏便に丸めようとはしているものの、そこはかとなく、でも確実に全編漂うあの感じを仕方なく受け入れるのではなく、むしろ必須と言うか、美点として歓迎するでもなく当たり前とする層の方が圧倒的マジョリティなんだとあらためて痛感させられる1本なんです・・・。しかもこの大容量・・・、もう、完膚なきまで叩きのめされた気分です・・・、と言うか、現実にボロボロです、しばらく立ち直れそうにありません・・・。(登録日 2016年4月29日) 名称 / コーヒー
原材料名 / 牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、香料、乳化剤、甘味料(アセスルファムK)、安定剤(カラギナン)
内容量 / 375g
JANコード / 4 903110 782063
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
日々カフェ 無糖ラテ 2017年10月

日々カフェ 無糖ラテ

Yamazaki
HOT & COLD
振らずにゆっくりと開けて下さい
キャップの切り口でのケガにご注意ください。 開栓後は、しっかりとお閉めください。
微粉砕コーヒー入り
Hibi Cafe
LATTE
+エスプレッソ
コーヒー
HOT & COLD
この製品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
缶を振らずに開栓してください。内容液がふきだすことがあります。
・加温時はヤケドにご注意ください。
・温めるときは、容器のまま直火、湯せんまたは電子レンジにかけないでください。
国産
アルミ
あきかんはリサイクル
(100gあたり)
エネルギー 12kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0.7g
炭水化物 1.0g
ナトリウム 63mg
糖類 0g
山崎製パン久々の新作!!。つばめ92号さんにいただいた情報を元に、たまたま通りがかった東久留米市の工場の真ん前に新しくできたデイリーヤマザキにて確保!!。まずはつばめ92号さん、何時も本当にありがとうございます!!。それでは、なんだか必要以上に期待と不安が入り交じる試飲を始めましょう。絶対数は少ないながらも、さすが後発って感じかな。若干見え隠れする水っぽさこそあれ、このタイプでけっこう見受けられるある種の油っぽさもなく、全体にシュッとしたまとまり感のある1本と言えます。でね、声を大にして言いたいのは・・・、人工甘味料入りの微糖缶コーヒーを飲んで甘いだヘだカスだ笑だ仰っていらっしゃる方はこれを飲んだら万事解決なのにって、余計なお節介ながら思うんですよ。特有の違和感に悩むこともなければ、いらぬモヤモヤを与えられるかもしれない香料もない、糖類の量なんてゼロですから気を使う必要もない、種も仕掛けもなく単純明快甘くないから、ミルクは欲しいよってなると絶好の1本かとしか・・・。すいません、ちょっと口が過ぎました・・・。しかし、これで日々カフェシリーズのラインアップは、ブラック、人工甘味料入り微糖、カフェラテ、そして今回の無糖ラテの4種となるわけですが・・・。なんだか個人的にはスタンダード品として中心を担う柱がない、いびつなラインアップだなと思ってしまうんですけどね。いやいや、今や人工甘味料入りの微糖こそ堂々たる大黒柱であり、ほか3種でほぼすべてのファン層を網羅できちゃうんだなって思ったら、未だ愛して止まないこの世界なのに、いつの間にやら加速度的に自分の居場所がなくなってきている現実が見えてしまったようで・・・。いやいやいや見えません、なんにも見えてません、これからも視野狭窄の偏愛上等、のんきな老害でいくことをあらためて固く心に誓った次第です^^;。(登録日 2017年10月18日) 名称 / コーヒー
原材料名 / 牛乳、コーヒー、砂糖、乳等を主要原料とする食品、乳化剤、カゼインNa、安定剤(カラギナン)
内容量 / 375g
JANコード / 4 903110 780847
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ

関連ページ

  • お探しの缶コーヒーはありましたか?。まだであれば、下記検索エンジンにて検索してみて下さい。缶コーヒーマニア内(ナナヒメドットネット内)のみ検索することが出来ます。
缶コーヒーマニア広告

スポンサーリンク

アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?

項目は3つ!。皆様の今までの人生において支持出来る缶コーヒーメーカーと、今年支持できる缶コーヒーメーカー、またはる缶コーヒー(単品)(単品部門は今年年10月頃から)です。それでは開幕いたしま~す!!。お気軽に、またふるってご投票ください^^。

2011年版の結果はこちら(メーカー部門単品部門

2010年版の結果はこちら!!

2009年版の結果はこちら!!

2008年版の結果はこちら!!

1・人生において支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

2・今年支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

3・今年支持できる缶コーヒー(単品)

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

ご投票ありがとうございました。

今年最高の缶コーヒーメーカーと缶コーヒーを決めるのはあなたです!!。

缶コーヒーマニア下部広告

スポンサーリンク2

coffee_logo

 
QLOOKアクセス解析