トップ>缶コーヒーマニア トップ>ユーシーシー上島珈琲(株)

缶コーヒーマニア ユーシーシー上島珈琲(株)

スマートフォンもしくは幅の狭いブラウザ用メニューはこちら

神戸市中央区港島中町7丁目7番7

http://www.ucc.co.jp/

※携帯電話でご覧の方は"モバイル版缶コーヒーマニアユーシーシー上島珈琲"をどうぞご利用下さい。

いわずと知れた日本で缶コーヒーを最初に販売したメーカーですよね、缶コーヒーと言えばコレ(UCCコーヒー)かDYDOブレンドコーヒー、POKKAの顔缶って言う時代がアリマシタ、UCCコーヒーは1969年発売ですからナナヒメが生まれる前からあるんですよ~驚きます。子供の頃はコレを飲むと少しオトナになった気がしたもんです。デモ今は・・・チョットサビシイな~、あまり見かけないし上記のメーカーともどもガンバッテくださいね。

ユーシーシー上島珈琲缶コーヒーについて、全体の印象なんかをブログ"週刊?缶コーヒーマニア通信"にも書いています。

ただ今缶コーヒーマニア内にて、”アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”開催中です。当ページ下部からも投票出来ますので、皆さんふるってご投票ください。

“アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”、メーカー部門(“あたしにも、オレにも言わせろ!。やっぱり、今年はこの缶コーヒーメーカーが最高でしょ!”)の各年最終結果です。
国民投票第7位 国民投票第6位 国民投票第4位 国民投票第9位 国民投票第4位 国民投票第2位 国民投票第3位 国民投票第12位 国民投票第8位
2016年
338票 / 8.1%
2015年
375票 / 5.5%
2014年
829票 / 11.7%
2013年
267票 / 5.8%
2012年
430票 / 6.5%
2011年
534票 / 8.1%
2010年
414票 / 5.0%
2009年
111票 / 3.4%
2008年
93票 / 6.0%
UCCカフェオレ

UCCカフェオレ

エネルギー 34kcal
たんぱく質 0.9g
脂質 0.5g
炭水化物 6.4g
ナトリウム 30~50mg
たぶんこのページの下にある"UCCカフェオレ(東北楽天ゴールデンイーグル)"と基本的に同じだと思いますが、こちらの方がもう少し渋い味かな~?、甘みがそれと比べてほんのちょっと少ないようで(記憶によりますので・・・)より通常の"ブレンドコーヒー"に近いかな~?、こちらの方が"カフェオレ"と思って飲むと、"UCCカフェオレ(東北楽天ゴールデンイーグル)"よりガッカリ度?が高いと思いますよ。 種類別名称:コーヒー
原材料名:砂糖、コーヒー、牛乳、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
UCCスーパー2

UCCスーパー2

ダークローストコーヒー
エネルギー 34kcal
たんぱく質 0.9g
脂質 0.5g
炭水化物 6.3g
ナトリウム 35~55mg
コレはチョット甘い?カナ~、いやな味はゼンゼンしないですけど、オモシロイなと思ったのは"UCCコーヒー(一番最初のデス)"の味がどことなくすることです、"ダークローストコーヒー"ってすごく濃くて苦いイメージだったんですけど・・・正反対デシタ。 種類別名称:コーヒー
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、乳化剤
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
UCCブレンドコーヒー

UCCブレンドコーヒー

エネルギー 36kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.4g
炭水化物 7.3g
ナトリウム 20~40mg
すごいシンプルな味で、突出してイイところも無いんですが、落ち着いていてオイシイな~、ホノカナ苦味と絶妙と言っていいバランス、嫌味のまったく無い味、"豆"はそれ程素晴らしいっていう事も無さそうですが・・・、でも不思議とオイシイ、コレが歴史のなせる業なのかと思ったりしました。 種類別名称:コーヒー
原材料名:砂糖、コーヒー、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、乳化剤
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
UCCコーヒー1969復刻版

UCCコーヒー 1969復刻版

1969年発売当時の味覚とパッケージを現代風にアレンジしました。
エネルギー 45kcal
たんぱく質 1.3g
脂質 0.7g
炭水化物 8.4g
ナトリウム 45~75mg
いわずと知れた日本初の缶コーヒーですよね、味覚は現代風にアレンジしたって書いてあるけど、昔からこういう味じゃなかったでしたっけ?このごろはゼンゼン飲んでなかったんで・・・、もっと甘かったかな~?(今となっては知る由も無いですが・・・)、でもコレはね~やはりオイシイですよ。
子供の時、コレを飲んでチョット大人になった気分がしたときや、学生時代に「こんなのお子ちゃまが飲むものね」なんて思ったときの記憶がよみがえってきます。
味を言うとね、コーヒー感とか苦味・酸味・コクなんていうのはほぼ無いんですけど、そういう所を超えちゃって何故か美味しい・・・、当時から今まで続く(味は若干変わっているとは思いますが)偉大なスタンダードだと思います。
種類別名称:乳飲料
無脂乳固形分:3.5%
乳脂肪分:0.6%
原材料名:砂糖、全粉乳、コーヒー、脱脂粉乳、乳化剤
内容量:250g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
UCCカフェオレ(東北楽天ゴールデンイーグル)

UCCカフェオレ(東北楽天ゴールデンイーグル)

これ想像以上にイイです、カフェオレですから「甘いのかな~?」って感じで飲み始めたんですが、すご~く渋い味、ベタッとした甘さはゼンゼン無いしコーヒー感も苦味を含めてちゃんとあります(カフェオレですから多少少ないですが)、むしろ"ブレンドコーヒー"といった方がしっくりくるような・・・、カフェオレを期待して飲むともしかして肩透かしを食うかもしれませんが、コレはそれらを抜きにしてとてもオイシイと思いマス、ミルク感の割合は多いですが、カフェオレですから当然ですね、むしろ少ないくらいかな・・・。 種類別名称:コーヒー
原材料名:砂糖、コーヒー、牛乳、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
UCCヴィンテージコロンビア100%、ブラック・無糖

UCCヴィンテージコロンビア100%、ブラック・無糖

豆・水・製法 全てにこだわった限定製造の無糖缶コーヒーです。
・Vintage colombia豆100%使用
・富士皮水系の天然水使用
・アロマフリージング製法
・水出し低温抽出
(アロマフリージング製法)焙煎直後の炒り豆をマイナス2℃まで冷やしたエアーで急速冷却。豆の香気成分を封じ込める画期的な製法です。(特許第3617906号)
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0g
ナトリウム 10~35mg
糖類 0g
酸味が全体を支配しています苦味はあまり感じられません、イヤナ味やクセは無く"水"もイイモノを使ってる気がします、印象として私の記憶にある昔ながらの"ブラックコーヒー"だな~と感じました(昔のものより洗練されていますけど)、ただ基本的に"ブラックコーヒー"が苦手な人間のコメントですのであまり参考にはならないと思いますが・・・。 種類別名称:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
UCCミルク&コーヒー

UCCコーヒー ミルク&コーヒー

乳糖プラス
ミルクの甘み成分おいしさUP
エネルギー 46kcal
たんぱく質 1.4g
脂質 0.7g
炭水化物 8.3g
ナトリウム 61mg
甘いな~、最初から最後までひたすら甘い、かなりペタッとしてマス(イチゴにかけるコンデンスミルク?)、コレは乳飲料だからアリなのかな~?、缶のデザインが一番最初のに似てますケド、こんなに甘かったかな~、はっきり言うと砂糖たっぷりのコーヒー牛乳ですね。 種類別名称:乳飲料
無脂乳固形分:3.8%
乳脂肪分:0.6%
原材料名:砂糖、脱脂粉乳、コーヒー、全粉乳、乳糖、乳化剤
内容量:250g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
UCCエスプレッソプレミアム

UCCエスプレッソプレミアム

ダークロースト(極深炒り)の良質豆だけをエスプレッソ抽出。"心地よい苦味"を愉しめる缶コーヒーです。
エネルギー 33kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.6g
炭水化物 6.2g
ナトリウム 35~55mg
"プレミアム"ですか~・・・、全体的に落ち着いているんですけど、"オイシイコーヒー"を飲んだ~って気がしないんです、美味しくない訳では無いんですけどね・・・、勝手な想像なんですが内容量が少ないって言うのは、それだけ中身に手間が掛かってるからって思っているんですけどコレは・・・理由が違うのかな~・・・?。 種類別名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、加糖れん乳、乳化剤、カゼインNa
内容量:155g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
UCC奥羽山系天然水仕立てアイスコーヒー微糖(アイス用)

奥羽山系天然水仕立てアイスコーヒー微糖(アイス用)

糖類68%減
奥羽山系の天然水で、きりっとおいしく仕立てた微糖アイスコーヒー
・すっきり仕上げ:天然水を使用し低温抽出することにより、後味すっきりテイストを実現。
・【アロマフリージング製法】:焙煎直後の炒り豆をマイナス2℃まで冷やしたエアーで急速冷却。炒り豆の香気成分を封じ込める画期的な製法です。(特許第3617906号)
エネルギー 12kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 2.8g
ナトリウム 5~25mg
糖類 2.4g
コレは振っちゃダメだったんですね・・・プシュ~ってなっちゃった、コレはアイス用に良くある"コーヒー"+"砂糖"だけってタイプなんですが、不思議とオイシイですね~酸味が強めですがイヤな味じゃなくサッパリしてますし変なニオイも無い、後味もイイ感じだけ残す、"コーヒー"のオイシイところが良く感じられますね。 種類別名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖
内容量:300g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
UCC珈琲探求ブラジル

UCC珈琲探求ブラジル

低糖
糖類40%減
ブラジル・サントスNo.2使用100% ダテーラ農園指定
コーヒー王国ブラジル、ダテーラ農園(Rainforest Alliance認定)で栽培された高品質の豆、サントスNo.2を贅沢に使用。
香りとコクをひきだす中炒りと深炒りのダブルローストで、「豊かな香り」と「深い苦味」がひきたつ上質な味わい。
「Rainforest Alliance」とは・・
ニューヨークに本部を置く非営利環境保護団体で、人類と野生生物の共存できる生態系を守ることを目的に活動しています。
熱量 30kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0.8g
炭水化物 4.9g
ナトリウム 45~80mg
糖類 4.4g
"豆"の味がとってもイイですね、苦味・酸味・香り・バランスが揃って高レベルだと思いました、ただ若干のミルク感・甘さが控え目でイイんですが、その味がちょっと・・・で鼻についちゃってもったいない気がします、ココが良くなると素晴らしくなりそうなんだけどな~惜しいな~。 種類別名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー(ブラジル産コーヒー豆100%使用)、砂糖、乳化剤、カゼインNa
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
深炒りBLACK 無糖・アイス用

深炒りBLACK 無糖・アイス用

RESPIRARE CAFFE
すっきりとした、キレのある味わい
・深炒り豆の力強さとキレのある味わいが特長のブラック無糖コーヒーです。
・このコーヒーは、ブラジルのサンジョゼ農園収穫豆を100%使用しています。
コールド専用品
熱量 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.5g
ナトリウム 0~30mg
糖類 0g
スッキリって言うより結構迫力ありますよコレ、苦味・酸味・コク・香りすべて良好なバランス、力強いコーヒー感、コーヒーのオイシイ部分のみ残す後味、「コーヒーを飲んだ~!!」って満足感が得られる良質な"ブラック缶コーヒー"だと思います、ブラックがニガテな私でも大変美味しく頂けました。 種類別名称:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:300g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
水出し低温抽出アイスコーヒー微糖(WaterDrip)

水出し低温抽出アイスコーヒー微糖(WaterDrip)

コールド専用品
熱量 8kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 1.7g
ナトリウム 5~20mg
糖類 1.2g
"豆"の味はモンダイ無くオイシイんですけど・・・、僅かに感じる甘みがむしろジャマな気がしちゃいます、何か後味まで違和感が残るし・・・、でもコレ根本の"コーヒー"の味はかなり良さそうなので、"微糖"じゃなく"無糖"で飲んでみたい気がしますね。 種類別名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖
内容量:290g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
プレミアムブラック無糖

プレミアムブラック無糖コーヒー

いつものコーヒー
この商品は株式会社セブン・イレブン・ジャパンとUCC上島珈琲株式会社が共同開発した商品です。
熱量 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.7g
ナトリウム 15~35mg
糖類 0g
コンビニのセブンイレブン専用品のようですね、酸味がかなり強いんですが、鼻を突く一歩手前ギリギリの所で踏みとどまってます^^苦味もしっかり有りますしウスサも感じません、ニガテな味ではあるんですが・・・、全体的にスッキリとしていて悪くないです、おそらく"ブラック缶コーヒー"好きの方には、美味しく感じられる味だろうな~と感じさせる仕上がりになっていると思います、へんなクセやニオイ、後味も無いので安心して飲めますしね。 種類別名称:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
モカブレンド ブラック無糖

モカブレンド ブラック無糖

香りとコクのモカブレンド
コールド専用品
深いコクと苦味が絶妙なバランスの無糖コーヒーです。
熱量 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.5g
ナトリウム 0~30mg
糖類 0g
コレはイイですね~、コーヒーの香りコク能書き通りに良く出ていると思います、酸味も確かにありますが、アイス用に良くある古くなってしまったような酸味だけではなく、ちゃんとしたコーヒーの酸味で、それらの味がバランス良く仕上がっていて、シッカリと"コーヒー"を味わえるモノになっていると思います、コレを飲むとやはり"ブラック缶コーヒー"は確実に進化しているな~と思いますね。 種類別名称:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:300g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
UCC珈琲探求モカ

UCC珈琲探求モカ

低糖
糖類40%減
エチオピア・モカG1使用100% シダマ農協指定
コーヒー発祥の地、エチオピア。その中でも高品質の豆、グレード1を贅沢に使用。独自の焙煎方法で「優雅な香り」と「広がりのある酸味」、「深いコク」がひきたつ上質な味わい。
熱量 26kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0g
炭水化物 4.9g
ナトリウム 40~80mg
糖類 4.4g
変な言い方ですけど"コーヒー"らしい"缶コーヒー"ですね、ほんの僅かに渋味?が残るのがオシイですが、モカらしい美味しさがよく出ていると思いましたよ。欲を言えば"もう少し酸味があれば"ってところと、もう少し"豆"の味を前面に出してもいいかな?ってところ、コノ辺りが解消されると個人的にもうワンランク上に行けるかな~と・・・、でもコクや苦味はイイ感じですし、低糖とかに良くある変な味は皆無、全体の味わいもシンプルでいじくり回した感じもないので、とっても好感が持てました^^。 種類別名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー(エチオピア産コーヒー豆100%使用)、砂糖、脱脂粉乳、乳化剤、カゼインNa
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
マンデリン・ハリマオウ100%

マンデリン・ハリマオウ100% ブラック・無糖

”ハリマオウ”とは現地の言葉で虎(スマトラ・タイガー)を意味します。この製品は、スマトラ・タイガーが生息するインドネシア・スマトラ島北部のコーヒー農園で収穫されたMandheling Harimau豆を100%使用しています。
・アロマフリージング製法
・富士川水系の天然水使用
・水出し低温抽出
【アロマフリージング製法】焙煎直後の炒り豆をマイナス2℃まで冷やしたエアーで急速冷却。炒り豆の香気成分を封じ込める画期的な製法です。(特許第3617906号)
熱量 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0g
ナトリウム 10~35mg
糖類 0g
とてもスッキリしているのに、とてもイイ感じの苦味はしっかりあって、その残り具合も完璧に近く思えますね~!凄く美味しいです。ほどよい酸味・コクのバランスもとても良く、変な後味も皆無で好感が持てます^^。もはや”ブラック缶コーヒー”はイマイチ美味しくないなんて言えませんね~^^、むしろ変な甘味やミルクの味を感じちゃうモノ達と比べて、よっぽど”コーヒー”の美味しさを味わえる商品に達しているな~って思いましたし、この雑味の無い100%コーヒーの味は素晴らしい!!ですね。 種類別名称:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ブラック無糖

殿堂ロゴ

ブラック・無糖

UCC独自のTTND製法(特許第3057026号)で抽出。さらなる"キレ味"を追求した無糖缶コーヒーです。
熱量 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0g
ナトリウム 10~20mg
糖類 0g
UCCはブラック缶コーヒーに賭けてるのかな~?って思わせるだけの素晴らしい出来だと思いますね、苦味・酸味・キレ味・バランス・雑味の無さ、完璧に近く思います^^。個人的にはもう少しコクが出てくるともっと良くなるような気がするんですが、そんなのは単に好みの問題であって、この"ブラック・無糖"の素晴らしさには何の影響もありませんけど^^。"UCCコーヒー"から何年もの時を経てこの味に辿り着くって、なんか凄いことだな~って素直に思いますね~本当に脱帽です。 種類別名称:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:185g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
エチオピアモカ100%

スペシャルティーコーヒー エチオピアモカ100%

数量限定
焙煎後24時間以内粉砕豆使用
SEVEN&i HOLDINGS Selection
厳選した生豆をじっくり丹念に焙煎し、香り高く仕上げました。
・伝統的なコーヒー産地エチオピア。独特の風味と優雅な香りを持つ、高品質なウォッシュド・モカコーヒーを100%使用しています。
・あまく華やかな酸味と、モカ特有の香りをお楽しみください。
熱量 36kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.7g
炭水化物 6.6g
ナトリウム 20~65mg
これはスゴク美味しいです、モカらしい酸味がちょっと不足してる感はありますけど、それを差し引いても"コーヒー"としての風味が抜群だし、ミルク感や甘味も適度で"豆"の風味を楽しむジャマをしない、缶コーヒーもココまで美味しくなれるんだってイイ見本になってると思います^^。あえて言っちゃえば、量が少ないのがちょっと不満かな、味わいきる前に終わっちゃうみたいな・・・^^、でもこの辺はその美味しさとのトレードオフでしょうがないと思う事にします^^。ちなみに、コレはセブンイレブン限定みたい、"数量限定"ってなってますけど、どの位の期間販売してくれるのかな~?、そこがちょっと気掛かりです^^。(18.9.27) 種類別名称:コーヒー
原材料名:コーヒー(エチオピア産コーヒー豆100%使用)、砂糖、乳製品、牛乳、乳化剤、カゼインNa
内容量:155g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
UCC珈琲探求コロンビア

UCC珈琲探求コロンビア

低糖
糖類40%減
コロンビア・スプレモ使用100% ビジャ・ルス農園指定
厳選した赤い果実だけを、一粒一粒丁寧に手摘みするコロンビアコーヒー。その中でもビジャ・ルス(スペイン語で光る村の意)農園で栽培されたスプレモだけを贅沢に使用。独自の焙煎方法で「華やかな香り」と「豊かなコク」、「ほどよい酸味」がひき立つ上質な味わい。
熱量 27kcal
たんぱく質 0.9g
脂質 0g
炭水化物 4.9g
ナトリウム 40~80mg
糖類 4.3g
若干味が薄い感じはしますけど、"豆"の風味がとてもイイですよ、苦味の残り具合が良いし、"低糖"とか"微糖"に良くある不自然な味?もほとんど無いです、ミルクも必要最小限で邪魔じゃない、かなりバランス良好かと思います^^。"珈琲探求"シリーズは、"ブラジル"・"モカ"と飲んできましたが、コレが一番好みかな~、もうちょっと濃い目だったら、もっと美味しくなる気はするんですけどね。 種類別名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー(コロンビア産コーヒー豆100%使用)、砂糖、脱脂粉乳、乳化剤、カゼインNa
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ブラック無糖ホットスタイル

ブラック・無糖HOTSTYLE

・香りが引き立つアロマフリージング製法豆を使用。
[アロマフリージング製法]焙煎直後の炒り豆をマイナス2℃まで冷やしたエアーで急速冷却。炒り豆の香気成分を封じ込める画期的な製法です。(特許第3617906号)
熱量 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0g
ナトリウム 0~30mg
糖類 0g
最初にお断りさせていただきますが、これはあくまで"ホット"用です、本当はホットで最大の真価を発揮するんでしょうが、"缶コーヒーマニア"では基本的にすべてアイスで飲んでいますのでご了承下さい^^。・・・って前置きが長くなっちゃってゴメンナサイ、で~早速飲んでみた感想は・・・普通に美味しいです^^、缶を開けたときから最後までいい香りが続きますし、UCCのブラックコーヒーらしく苦味と酸味のバランスもいい感じです。・・・でもあえてコレを冷やしてまで飲むことはないかな~?^^、好みで言っちゃえば"ブラック・無糖"の方が数段上だと思うし、何となく"ホット"の方が真価を発揮しそう味ですもん(ちょっと強めの酸味がホットだとまろやかになりそうな気がするんです)。ま~"ホットスタイル"ですから当たり前って言えば当たり前ですね^^。 種類別名称:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:275g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ダブルプレッソ

ダブルプレッソ

濃いカフェラテ
[Espresso2]&[Milk]
苦味のあるEspresso2コーヒー(エスプレッソ抽出×2回)に、コクのあるミルクを加えた濃厚で深い味わいのカフェラテに仕上げました。
★よくふってお飲みください。
この製品はコーヒー及びミルクの成分が豊富なため、浮遊・沈殿する場合がありますが、品質には問題ありません。
熱量 60kcal
たんぱく質 2.3g
脂質 1.9g
炭水化物 8.5g
ナトリウム 60~100mg
乳飲料にしては、けっこうな苦味が感じられますよ^^。でも、コレの良さは、濃厚かつ滑らかなミルク感でしょうね~^^、まず最初に良好なミルク感が味わえて、喉を通る頃に適度な苦味を残していく感じ、またその苦味も結構持続しますので、飲み終わった後には凄い満足感が残ります。飲む前は、「乳飲料なのに155gってどういう事~?^^」なんて思ってましたけど、これ以上あったら逆にくど過ぎるかも?って感じで、美味しく味わえる適度な容量なんですね。なんか味あわせ方?が凄く上手なんだな~、この辺りが老舗の底力だと素直に思いました^^。何となく最近のUCCは、ブラックだけに力を入れてるような気がしちゃってたんですけど、余計な心配でしたね、ゴメンナサイです^^。 種類別名称:乳飲料
無脂乳固形分:4.9%
乳脂肪分:1.7%
原材料名:濃縮乳、砂糖、コーヒー、加工クリーム、脱脂粉乳、乳化剤
内容量:155g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
スペシャルティーコーヒーブラック

スペシャルティーコーヒー ブラック・無糖

~焙煎後24時間以内粉砕豆使用~
SEVEN&i HOLDINGS Selection
厳選した生豆をじっくり丹念に焙煎し、香り高く仕上げました。
熱量 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.5g
ナトリウム 15~35mg
糖類 0g
セブンイレブン限定の"スペシャルティーコーヒー"シリーズ第2弾?ですね、今度はブラックコーヒーです、UCCのブラックコーヒーはレベルが非常に高いので、これも楽しみです。さて肝心のお味の方ですけど、想像通りレベルが高いですね~^^、少し強めの酸味と苦味のバランス、雑味の無さ、若干のコーヒー感を残しながら消えていくキレ味、すべてにおいて高いバランスでまとまっています、個人的にはちょっと酸味が強めな感があるかな~、でもコレは単に私の味の好みの問題で、缶コーヒーとして美味しい不味いには、まったく関係ありませんのであしからず^^。元々UCCのブラックコーヒーはレベルが高いので"スペシャルティー"な感じはありませんし驚きも少ないですけど、逆に缶コーヒー好きとしては、安心して味わえる物になっていると思います、UCCの"ブラック缶コーヒー"恐るべし!^^だな~。 種類別名称:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ジェヌイン・アンティグア100%

ジェヌイン・アンティグア100% ブラック・無糖

Fuego(火)火山とAgua(水)火山に囲まれたアンティグア地域は、グァテマラで最も古く、最も有名なコーヒー栽培地です。この製品はグァテマラ産"Genuine Antigua"豆を100%使用しています。
・アロマフリージング製法
・富士川水系の天然水使用
・水出し低温抽出
[アロマフリージング製法]焙煎直後の炒り豆をマイナス2℃まで冷やしたエアーで急速冷却。炒り豆の香気成分を封じ込める画期的な製法です。(特許第3617906号)
熱量 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0g
ナトリウム 10~35mg
糖類 0g
UCCはブラックに賭けてますね~^^、今回も"ブラック無糖"ブランド?の豆違いです。このシリーズ本当にイイですね~、豆の違いが味の違いになっていてなかなか楽しめます^^、これ当たり前のように思えるんですけど実は違うんだな~、"コーヒー"以外の味が不味いのって目も当てられないですもんね^^。"ブラック無糖"は、コーヒー以外の雑味がまったく無いから、純粋にコーヒー豆の風味が楽しめるんですよ、すごい事だなって正直に思います。さて、肝心のコレの味ですが、酸味が強めなんだけど、グッと来るほどでは無いっていう不思議な感じ、苦味は隠し味的かな~?、水っぽさは全然無いんだけど味自体が薄め、でもしっかりコーヒー感が残る、自分でもなに言っているのか分からなくなってきちゃったけど・・・そんな感じです^^。正直、あんまり好みの味では無いんですけど、これはコーヒー豆自体の好みのモンダイだと思うから嫌な感じではまったく無いし、かえって好感が持てますね^^。 種類別名称:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
炭焼珈琲

炭焼珈琲カフェ・オ・レ仕立て

上撰炭火焙煎
厳選された良質の珈琲豆を炭火で丹念に焙煎いたしました。炭焼珈琲のコクとミルクの絶妙な和をご堪能ください。
熱量 39kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0.9g
炭水化物 7.0g
ナトリウム 30~60mg
最近は"ブラック缶コーヒー"で、次々と美味しい缶コーヒーを発売してくれているUCCですけど、今回は"仕立て"ですがカフェオレ、なんかすごく久々な感じがしちゃいます^^、"カフェオレ"によくある"コーヒー飲料"や"乳飲料"では無いところにすごく期待が持てますがどうでしょう?。
缶"コーヒー"を捕まえて変な言い方ですけど^^、しっかり"コーヒー"してます、個人的感覚でゴメンナサイですけど、絶妙な加減の炭焼の香ばしさがちゃんとある所に好感が持てました。で、"カフェオレ"としてどうかって言うと、濃厚なコクやクリーミーな感じを期待するとガッカリしちゃうし、"カフェオレ"を飲んだって感覚には欠けると思うけど、こういった落ち着いてさっぱりとした感じもアリかな~?って感じ、・・・でもね~"カフェオレ"に求める味とはちょっとだけずれてる感じがしちゃうんだな~・・・残念ながら。ま~"ブラック缶コーヒー"のレベルがあまりにも高すぎるから、過剰に期待しすぎちゃう部分があるんでしょうね、それを差し引いて考えてみれば、普通に美味しい缶コーヒーだと思いますし、カフェオレ"仕立て"ですから、これで良いのかも知れませんね^^。
種類別名称:コーヒー
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、乳化剤、カゼインNa
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
楽天イーグルブレンドコーヒー

UCCブレンドコーヒー(東北楽天ゴールデンイーグル)

未公表
何かうまく言えないんだけど、"ブレンド缶コーヒー"として物凄くベーシックな感じがするんですよね、嫌味な感じも無くでしゃばる味も無い、何気なく一気に飲み干しちゃう感じなんですが、良く考えるとこれは凄いバランスなんだと思うな~^^。以前同じ"東北楽天イーグルス"缶の"カフェオレ"を飲んだ時もいいな~って思ったんだけど、今回のもイイですね^^、コーヒー感とかを期待しちゃうと物足りないかもしれませんが、安心して飲める缶コーヒーに仕上がってると思います^^。 種類別名称:コーヒー
原材料名:砂糖、コーヒー、全粉乳、脱脂粉乳、乳化剤
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
UCC珈琲探求キリマンジァロ

UCC珈琲探求キリマンジァロ(アルカディアマウンテン)

タンザニアAA100%使用
キリマンジァロ農園指定
低糖 糖類40%減
アルカディアマウンテンコーヒーは、アフリカ最高峰の斜面で栽培される”キリマンジァロ”の中で、高品質豆を産出する農園を厳選し、集められたコーヒー。その中でキリマンジァロ農園を限定し、タンザニアAAだけを贅沢に使用。独自の焙煎方法で「柔らかく甘味のある酸味」と「重厚感のあるボディー」、「上品なアロマ」がひき立つ上質な味わい。
熱量 27kcal
たんぱく質 0.9g
脂質 0g
炭水化物 4.9g
ナトリウム 40~80mg
糖類 4.3g
たまにしか見ることが出来ない(私だけ?^^)"珈琲探求"シリーズ、今回は"キリマンジァロ"です、あっいきなり余談ですけど、私ずっと"キリマンジャロ"だと思ってたんだけど、これは"キリマンジァロ"・・・、ま~英語をカタカナにだからどちらでもいいのかな?^^。前置きが長くなっちゃってゴメンナサイ、肝心のお味の方はですね、"柔らかく甘味のある酸味"って言う能書きが良く表してると思う酸味と、適度な苦みを伴う豆の風味が抜群で、低糖の名の通り甘味も必要最小限、バランスも丁度よく後味も爽やかです^^、"牛乳"がほんの僅かに顔を覗かせる所が気にはなりますが(完成度が高いが故の言いがかりにになっちゃうな~これは^^)、文句無く美味しい缶コーヒーだと思います^^。しかし、こういう素晴らしいのを飲むと、缶コーヒーのレベルが日に日に上がっていくのを実感出来てなんか嬉しくなってきちゃうな~、ごちそう様でした^^。 種類別名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー(タンザニア産コーヒー豆100%使用)、砂糖、脱脂粉乳、乳化剤、カゼインNa
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ブラック無糖COOLSTYLE

ブラック・無糖COOLSTYLE

ブラック・無糖
・香りが引き立つアロマフリージング製法豆を使用。
[アロマフリージング製法]焙煎直後の炒り豆をマイナス2℃まで冷やしたエアーで急速冷却。炒り豆の香気成分を封じ込める画期的な製法です。(特許第3617906号)
コールド専用品
熱量 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0g
ナトリウム 0~30mg
糖類 0g
これのコールド版ですね、ホット専用も美味しかっただけにすごく期待が持てます^^。美味しいですね~本当に美味しい、UCCのブラックはまずはずしませんね^^、アイスでこれだけ苦味やコクが感じられる物もそうはありませんよ、酸味だけって言うのはいくらでもあるんだけどね。苦味・酸味・コク・香りそれぞれ結構存在を主張するんだけど、不思議とバラバラにはならずまとめて攻めてくる感じ^^、またスッキリとは正反対の風味なのに嫌な後味はまったく残さないホント凄いバランス、ブラックだったらUCC飲んどけば間違いないって言っちゃっていいレベルにあると思います。UCCのブラックには黄金率が確実に存在しますね^^。 種類別名称:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:300g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ブラック無糖ブルーマウンテン

excellent

ブラック・無糖ブルーマウンテンブレンド

香り・キレ・コク 全てがプレミアム。ハイグレードBLACK無糖コーヒー。
アロマフリージング製法豆使用・水出し低温抽出
[アロマフリージング製法]焙煎直後の炒り豆をマイナス2℃まで冷やしたエアーで急速冷却。炒り豆の香気成分を封じ込める画期的な製法です。(特許第3617906号)
HOT&COLD
この製品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
熱量 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.5g
ナトリウム 10~30mg
糖類 0g
もうね~、UCCのブラック無糖の新製品、さらにハイグレードですよ!158円しましたし^^、見ただけで美味しくないわけ無いって思っちゃいますね~、それぐらいの信頼感がありますよ、このシリーズには^^。・・・って異常に期待して飲み始めた訳ですけど^^、も~ね当然の様に期待以上です、美味しいとしか言いようが無いわ・・・^^。苦味・酸味・コク・・キレ・香りetc..コーヒーとしての良質な風味・旨味がぎゅうぎゅうに詰まってて、あえて調和させずそれらの風味が同時に攻めてくる感じは、もう凄いとしか言いようが無いよ^^、嵐が通り過ぎたように一気に飲み終わっちゃいました。ちょっと興奮し過ぎかな・・・?^^、でもね冷静に考えてもやっぱり缶コーヒーの最高峰に位置する1本だと思うよ、全ての缶コーヒー好きの方、もっと言っちゃうとコーヒー好きの方に試していただきたい逸品です^^。 種類別名称:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
珈琲探求アンデスマウンテン

UCC珈琲探求アンデスマウンテン

アンデスマウンテン100%使用
エクアドル マナビ県指定
低糖 糖類40%減
アンデス山脈が横断し、その名が「赤道」を意味する赤道直下の国エクアドル。このエクアドルのマナビ県だけでとれるアンデスマウンテンコーヒーを贅沢に使用し、独自の焙煎方法で「柔らかな苦味」「軽快な口当たり」をひき立たせた上質な味わい。
熱量 26kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0g
炭水化物 4.7g
ナトリウム 40~80mg
糖類 4.2g
この珈琲探求シリーズは、豆の風味がストレートに味わえて本当に好感が持てますね^^、翻ってこの"アンデスマウンテン"も、缶に書いてある豆の特徴、「柔らかな苦味」「軽快な口当たり」を十分感じる事が出来きる仕上がりになってます^^。・・・で、ここからが個人的感想なんですけど、この豆の個性なんだと思いますが、飲みやすく口当たり良すぎなとこが、今一つ引っかかりが無くて、物足りないって方に感じちゃうんだよね、何か淡々と終わっちゃって・・・、あっでもこれってよく考えると、コーヒー以外の甘味やクリーム感がまったく邪魔をせず必要最小限、純粋に豆の風味だけが味わえる"珈琲探求"シリーズならではの感想じゃないかな~?、"豆"の個性を引き立たせているからこそ、単に美味しい不味いではなく、それぞれの豆の風味だけで比べられるし好みで選べるって事なんだよね、これは凄い事だと思いますよ^^。 種類別名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー(エクアドル産コーヒー豆100%使用)、砂糖、脱脂粉乳、乳化剤、カゼインNa
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
北アルプス安曇野天然水仕立てアイスコーヒー

北アルプス安曇野天然水仕立てアイスコーヒー微糖(アイス用)

糖類68%減
コーヒー/アイス用
後味をすっきりと仕上げた微糖タイプのアイスコーヒーです。よく冷やしてお飲みください。
コーヒー飲料等通常品(7.5g/100ml)に比べ糖類68%減
熱量 12kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 2.8g
ナトリウム 0~30mg
糖類 2.4g
"アイス用コーヒー"によくあるひねた感じの酸味や、"微糖"によくある不自然な甘味共に無く、自然な美味しさに仕上がってますね^^。いやね~、"アイス用コーヒー"と"微糖"って、個人的には不味い缶コーヒーの代名詞みたいな感じがあるんですよ^^、そんなんでこれは飲む前の印象はサイアク、美味しいわけ無いって思ってました、でも実際飲んでみると・・・。全体的にはスッキリとしてるんだけど、きつすぎず適度な苦味はしっかりとあり、酸味はきっちりと抑えてあって、キンキンに冷やしてゴクゴク飲むアイスコーヒーとしてベストかと思えるコーヒー感に、砂糖の自然な甘味がほんの僅かに漂い、ベタベタした後味一つ残さない感じは、ホント安心して選べる素晴らしい仕上がりでしたよ、いや~第一印象で決めちゃダメですね、ゴメンナサイです^^。 種類別名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖
内容量:280g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ダブルプレッソ

ダブルプレッソ

ESPRESSO2&
MILK
ミルク分48%
苦味のあるEspresso2コーヒー(エスプレッソ抽出×2回)に、コクのあるミルクを加えた濃厚で深い味わいのカフェラテです。
*よくふってお飲みください。
この製品はコーヒー及びミルクの成分が豊富なため、浮遊・沈殿する場合がありますが、品質には問題ありません。
熱量 60kcal
たんぱく質 2.3g
脂質 1.9g
炭水化物8.5g
ナトリウム 60~100mg
苦味がほんの僅かに後退した気はなきにしもあらずだけど、以前のと同じようにミルクの濃厚かつ滑らかな感じは健在ですね^^、って言うか原材料や成分表を見ると、もしかして同じ?って気もするな~?。しかし、改めて思いますけど、乳飲料でありながらこの濃厚な苦味・コーヒー感ってどういう事~^^、これよりコーヒー感が希薄な缶コーヒーっていっぱいあるけど、ちょっとコレを見習ってホシイって思うよ^^。155gと量は少ないながら、決して物足りなさを感じさせない、旨味の詰まった満足感の高い逸品だと思います、ごちそうさまでした^^。 種類別名称:乳飲料
無脂乳固形分:4.9%
乳脂肪分:1.7%
原材料名:濃縮乳、砂糖、コーヒー、加工クリーム、脱脂粉乳、乳化剤
内容量:155g
・製造所所在地 山形県天童市清池東1-4-1
・製造者 三和缶詰(株)天童工場
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ミルク&コーヒーエヴァンゲリオンプロジェクト

UCCコーヒー ミルク&コーヒー エヴァンゲリオンプロジェクト(綾波レイバージョン)

 
熱量 46kcal
たんぱく質 1.4g
脂質 0.7g
炭水化物8.3g
ナトリウム 45~75mg
缶の表面に広告ってありそうでなかったんじゃないかな~?、ちょっと記憶に無いですね。で、これは2007年9月1日に公開される"エヴァンゲリオン新劇場版:序"っていう映画のコマーシャルの様で、そのキャラクター?がしっかりUCCの缶コーヒーを持ってるとこが面白いです^^。お味の方は、上の方にある"UCCコーヒー ミルク&コーヒー"と、成分表や原材料なんか見た限りでは同じような気がしたんだけど、実際飲んでみると印象がかなり違いますね。以前のはかなりベタベタとひたすら甘ったるかった記憶があるんだけど、今回はそれが無くなってかなりさっぱりとした仕上がりで、どちらかと言うと"UCCコーヒー"の方に近いんじゃないかな~?。コーヒー感云々とは正反対にある缶コーヒーですけど、これはこれで懐かしく、無性に飲みたくなる時がある味なんだよね~。これからも、ず~っと販売し続けてくれる事を願ってます^^。 種類別名称:乳飲料
無脂乳固形分:3.8%
乳脂肪分:0.6%
原材料名:砂糖、脱脂粉乳、コーヒー、全粉乳、乳糖、乳化剤
内容量:250g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ミルク&コーヒーエヴァンゲリオンプロジェクト

UCCコーヒー ミルク&コーヒー エヴァンゲリオンプロジェクト(ゲンドウ&リツコバージョン)

 
熱量 46kcal
たんぱく質 1.4g
脂質 0.7g
炭水化物8.3g
ナトリウム 45~75mg
上の"UCCコーヒー ミルク&コーヒー エヴァンゲリオンプロジェクト"のデザイン違いです。一応、飲んでみたけど、中身は同じだよね~?、違う?^^。 種類別名称:乳飲料
無脂乳固形分:3.8%
乳脂肪分:0.6%
原材料名:砂糖、脱脂粉乳、コーヒー、全粉乳、乳糖、乳化剤
内容量:250g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
珈琲探求バリアラビカ神山

UCC珈琲探求バリアラビカ神山

バリ・アラビカG1 100%使用
インドネシア バリ島指定
BALI WASHED ARABICA SHINZAN
低糖 糖類40%減
「神の島」と呼ばれる、インドネシア バリ島。このバリ島のバトゥール山 山腹の高原のみでとれるバリ・アラビカG1コーヒー"神山"を贅沢に使用。独自の焙煎方法で「芳醇な香り」「深いコク」「マイルドな甘味」がひき立つ上質な味わい。
UCC珈琲探求Webサイト http://ucc-tankyu.jp/
熱量 26kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0g
炭水化物 4.7g
ナトリウム 40~80mg
糖類 4.2g
コーヒー飲料等通常品(7.5g/100ml)に比べ糖類40%減
若干水っぽい気はするけど、コーヒー以外の余計な味が無く、豆そのものの特徴が良く出てるっていう、珈琲探求シリーズ共通の良さがコレにもしっかりありますね~^^。で、コレは苦味も酸味もあまり主張せず、かなりサラッとしたコーヒー感、後味に苦味を残すけどほんの僅か一瞬、もう少しコーヒーらしさがあると良いんだけどな~って感じで、個人的にはあんまり好きなタイプじゃ無いです。でもね、おそらくこれがこの豆の特徴なんだろうし、コーヒー以外の風味でどうこうじゃないのが、やっぱりこのシリーズの良さで、全然好感が持てるんだな~^^。これからも楽しみにしてますよ^^。 種類別名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、(インドネシア産コーヒー豆100%使用)、砂糖、脱脂粉乳、乳化剤、カゼインNa
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
UCCエヴァンゲリオンプロジェクト

UCCコーヒー ミルク&コーヒー エヴァンゲリオンプロジェクト(アスカバージョン)

 
熱量 46kcal
たんぱく質 1.4g
脂質 0.7g
炭水化物 8.3g
ナトリウム 45~75mg
下の"ミサト&加持バージョン"と共に、"UCCコーヒー ミルク&コーヒー エヴァンゲリオンプロジェクト"の第2弾だそうです。一応、飲んでみたけど、中身はみんな同じだね~。 種類別名称:乳飲料
無脂乳固形分:3.8%
乳脂肪分:0.6%
原材料名:砂糖、脱脂粉乳、コーヒー、全粉乳、乳糖、乳化剤
内容量:250g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
UCCエヴァンゲリオンプロジェクト

UCCコーヒー ミルク&コーヒー エヴァンゲリオンプロジェクト(ミサト&加持バージョン)

 
熱量 46kcal
たんぱく質 1.4g
脂質 0.7g
炭水化物 8.3g
ナトリウム 45~75mg
上の"アスカバージョン"と共に、"UCCコーヒー ミルク&コーヒー エヴァンゲリオンプロジェクト"の第2弾だそうです。飲んでみたけど、やっぱり中身はみんな同じですよね?^^。 種類別名称:乳飲料
無脂乳固形分:3.8%
乳脂肪分:0.6%
原材料名:砂糖、脱脂粉乳、コーヒー、全粉乳、乳糖、乳化剤
内容量:250g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
碇シンジバージョン

UCCコーヒー ミルク&コーヒー エヴァンゲリオンプロジェクト(碇シンジバージョン)

 
熱量 46kcal
たんぱく質 1.4g
脂質 0.7g
炭水化物 8.3g
ナトリウム 45~75mg
下の"渚カヲルバージョン"と共に、"UCCコーヒー ミルク&コーヒー エヴァンゲリオンプロジェクト"の第3弾だそうです。飲んでみたけど、やっぱり中身は同じです^^。 種類別名称:乳飲料
無脂乳固形分:3.8%
乳脂肪分:0.6%
原材料名:砂糖、脱脂粉乳、コーヒー、全粉乳、乳糖、乳化剤
内容量:250g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
渚カヲルバージョン

UCCコーヒー ミルク&コーヒー エヴァンゲリオンプロジェクト(渚カヲルバージョン)

 
熱量 46kcal
たんぱく質 1.4g
脂質 0.7g
炭水化物 8.3g
ナトリウム 45~75mg
上の"碇シンジバージョン"と共に、"UCCコーヒー ミルク&コーヒー エヴァンゲリオンプロジェクト"の第3弾だそうです。飲んでみたけど、やっぱり中身はみんな同じでした^^。 種類別名称:乳飲料
無脂乳固形分:3.8%
乳脂肪分:0.6%
原材料名:砂糖、脱脂粉乳、コーヒー、全粉乳、乳糖、乳化剤
内容量:250g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
炭焼珈琲黒糖仕立て

炭焼珈琲 黒糖仕立て

上撰炭火焙煎
深いコクとミルクのまろやかな調和。ほんのりと黒糖(沖縄産)の風味を加え、炭焼珈琲のコクを一層ひきたたせました。
熱量 34kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.7g
炭水化物 6.0g
ナトリウム 35~55mg
深いコクもあるし、炭焼感もしっかりあるのはいいんですが・・・、上手く言えないのがもどかしいんだけど、全体に漂う一昔前の缶コーヒーって感じの風味が、何か引っかかって気になっちゃう・・・。また、コレの売りであろう黒糖の風味も、私はあまり感じることが出来ず、ちょっと残念な印象でした・・・。 種類別名称:コーヒー
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、黒糖蜜(黒糖、砂糖、液状ぶどう糖)、乳化剤、カゼインNa
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ザコーヒープレミアムブレンド

ザ・コーヒー プレミアムブレンド

コロンビア産コーヒー豆100%
熱量 37kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0.6g
炭水化物 7.1g
ナトリウム 40~60mg
何か"プレミアム"ブレンドって名に過剰に期待しすぎちゃったかな?^^、中身は普通のミルクコーヒーって佇まい、豆の風味はとても良いんだけど、他の風味がどうも普通、悪く言っちゃうと平凡で、調和も今一つ・・・、何となくもったいないな~って気がするんだな~、不味いって感じる部分は一つも無いだけにね・・・。 種類別名称:コーヒー
原材料名:砂糖、コーヒー、牛乳、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
有機栽培珈琲豆100%使用ブラック

有機栽培珈琲豆100%使用 ブラック・無糖

水出し低温抽出
アロマフリージング製法
豆・抽出・製法にこだわった"クリアな香り""深いコク""抜群のキレ"を実現した無糖コーヒーです。
[アロマフリージング製法]焙煎直後の炒り豆をマイナス2℃まで冷やしたエアーで急速冷却。炒り豆の香気成分を封じ込める画期的な製法です。(特許第3617906号)
HOT&COLD
この製品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
熱量 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0g
ナトリウム 5~35mg
糖類 0g
ちょ~っと薄い感じがありますね~、何となく水っぽい・・・。爽やかで良質そうなお水、少ないながらふわっと浮かび上がってくる苦味、素材的には"ブラック・無糖"シリーズとし全く問題無さそうなんだけどな~。すいすいゴクゴク飲めるのは良いいんだけど、"ブラック・無糖"にはもっと上を望んじゃいますね、絶対出来ると思うから・・・。 種類別名称:コーヒー
原材料名:コーヒー(有機100%)
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
エスプレッソブラック

エスプレッソブラック・無糖

力強いコーヒー感に"心地よい苦み"を併せ持つ、深いコクとキレ味抜群の無糖コーヒーです。
[アロマフリージング製法]焙煎直後の炒り豆をマイナス2℃まで冷やしたエアーで急速冷却。炒り豆の香気成分を封じ込める画期的な製法です。(特許第3617906号)
熱量 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.7g
ナトリウム 20~35mg
糖類 0g
やっぱりUCCのブラック・無糖シリーズはいいわ~^^。コレも、酸味・苦味がバラバラに溢れ出して来るようでいて、実は混然と溶け合い深いコクを醸しだしてて、なんか凄い迫力がありますよ。一歩間違うと、とんでもない代物になっちゃいそうな感じなんだけど、しっかりとまとめ上げてあり、間違いなくコーヒーの美味しさを存分に堪能出来る逸品でしたよ、ごちそうさまでした^^。 種類別名称:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:155g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
珈琲探求コスタリカ

UCC珈琲探求コスタリカスプリングバレーマウンテン100%

コスタリカSHB100%使用
オロシ渓谷指定
低糖 糖類40%減
スプリングバレーマウンテンコーヒーはコスタリカオロシ渓谷の泉水(Spring)を精選に使用していることに由来。このコーヒー豆を贅沢に使用し、独自の焙煎方法で「良質な酸味とコク」「あまい香り」がひき立つ上質な味わい。
熱量 26kcal
たんぱく質 0.9g
脂質 0g
炭水化物 4.8g
ナトリウム 40~80mg
糖類 4.2g
コーヒー飲料等通常品(7.5g/100ml)に比べ糖類40%減
ちょっと線が細い気がするな~、穏やかな酸味・仄かな甘みと言ったこの豆の特徴は感じられるんだけど、如何せん弱い・・・、全体に水っぽいわけではないし、砂糖の甘さも必要最小限って感じだから、この線の細さ・弱さは豆自体が持つ特徴なんでしょう。でも、誤解しないで下さいね、これは美味しい不味いの問題ではなく、好き好きって範疇だと思いますよ。コーヒー以外の要素が全く邪魔をせず、豆の違いだけで楽しませてくれるって言うのが、この"珈琲探求"シリーズの良さで、これも缶コーヒーとしての仕上がりには全く問題ないですもん^^。 種類別名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、(コスタリカ産コーヒー豆100%使用)、砂糖、脱脂粉乳、乳化剤、カゼインNa
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ブラック無糖プラチナアロマ

ブラック・無糖プラチナアロマ

香り際立つアロマフリージング製法豆を使用。
[アロマフリージング製法]焙煎直後の炒り豆をマイナス2℃まで冷やしたエアーで急速冷却。炒り豆の香気成分を封じ込める画期的な製法です。(特許第3617906号)
HOT&COLD この製品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
・ふらないでください。内容液が噴き出すことがあります。

熱量 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0g
ナトリウム 0~30mg
糖類 0g
いいよね~、"ブラック・無糖"シリーズは本当に良い!^^。・・・って初っ端から興奮し過ぎちゃってゴメンナサイ、ちょっと冷静に中身について書きます・・・^^。これはね、他の"ブラック・無糖"シリーズでよく味わうことが出来る、渾然一体となって攻めてくる感じでは無く、全体的に落ち着いた雰囲気ながら、渋くコク深い苦味がビシッとど真ん中を貫いてる感じですね、飲んでてホッとすると共にコーヒーの旨味も存分に堪能出来る絶妙な仕上がりです^^。缶を空けた瞬間から苦みばしった良い香りがして期待が高まり、期待通りの風味が最後まで持続してもう最高~!!、文句なしですよ、ホント^^。 種類別名称:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:300g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
香りとコクのカフェラテ

香りとコクのカフェラテ

牛乳50%使用
CircleKSunkus
コールド専用品
ほどよく苦味のきいたコーヒーに、たっぷりの牛乳を加えたマイルドな味わいのカフェラテです。
※ふらずにお飲みください!
品質保持の為、内圧をかけております。容器をふって開栓すると噴き出す場合があります。
・開栓後は常温で放置すると容器が破損したり、キャップが飛び出す場合があります。
熱量 60kcal
たんぱく質 1.6g
脂質 2.0g
炭水化物 9.0g
ナトリウム 20~50mg
コーヒー感は非常に弱く、ほぼ全編砂糖入り牛乳って感じ、でもそれぞれの風味が素直で極々自然、飲んでるとホンワカとした気分になってくる良い雰囲気がありますね、何となく懐かしい感じがするのもいいな~^^。コーヒーとしてどうこうって言うのは正直言って無いんだけど、この包まれるような柔らかな優しさは、ホッと落ち着きたいときに無性に飲みたくなる不思議な魅力があると思います^^。ちなみに、コレは缶に"CircleKSunkus"の記述があるので、コンビニのサークルKサンクス専売品ですね、きっと。 種類別名称:乳飲料
無脂乳固形分:4.2%
乳脂肪分:1.8%
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、乳化剤
内容量:275g
製造所在地:山形県天童市清池東1-4-1
製造者:三和缶詰株式会社天童工場
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
スペシャルティーコーヒー

スペシャルティーコーヒー ブラック・無糖

SEVEN&i HOLDINGS Selection
世界が認めたトップクラスの厳選豆使用。
厳選した生豆をじっくり丹念に焙煎し、香り高く仕上げました。
熱量 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.5g
ナトリウム 15~35mg
糖類 0g
セブン&アイホールディングの店舗限定"スペシャルティーコーヒー"のモデルチェンジですね、以前のが素晴らしく美味しかったから、今回のにも自然と期待が高まります^^。・・・が、んん?、基本的印象は前のと同じかな~?、栄養成分表なんかも全く同じだし、缶のデザインを変えましたってとこでしょうか?。でも、前のですでに完成された美味しさを持つ1本だったので、ヘタにいじって悪くなっちゃうより全然OKですね、引き続き安心してお薦め出来る逸品だと思いますよ^^。 種類別名称:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
水出し低温抽出アイスコーヒー

水出し低温抽出アイスコーヒー微糖(WaterDrip)

コールド専用品
熱量 8kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 1.7g
ナトリウム 5~30mg
糖類 1.2g
コレの容量違いだよね?、でも微妙に印象が違うのは気のせいかな?、邪魔だと思っていた甘みが気にならないレベルになってる気がするのよね。たまたまコレがそうだっただけかも知れませんが、唯一気になったところが無くなって、水出しのスッキリと爽やかなコーヒー感が楽しめる1本に仕上がってると思います^^。元々、微糖とはいえ甘みは甘味料ではなく砂糖で、甘味そのものには問題なかったから、前回のは何かの拍子で単純に砂糖の量が微妙に多かっただけなんでしょうね、こんな美味しいのならもっと夏に飲んでおきたかったよ^^。 種類別名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖
内容量:155g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
珈琲探求ブラジル100%

UCC珈琲探求ブラジル100%

BRAZIL
ブラジル(シモサカ農園)コーヒー豆100%使用
移民100周年記念
1908年、移住船「笠戸丸」が神戸港を出港して100年。良質な珈琲豆の産地セラード地区でパイオニア的な日系「シモサカ農園」産コーヒー豆を使用。独自の焙煎方法による「芳醇な香り」と100年の歴史が育んだ「豊かなコク」を是非ご堪能ください。
熱量 33kcal
たんぱく質 0.9g
脂質 0g
炭水化物 6.4g
ナトリウム 40~80mg
UCCの2008年1本目は珈琲探求シリーズから。このシリーズのブラジルって前にもあったけど、豆の農園が違うみたいです。さてと、肝心のお味の方はさすが珈琲探求シリーズの一言^^。余計な雑味が全く無いし、ミルク感も甘みも必要最小限かつ無くてはならない存在で最高の脇役に徹してる、とにかく純粋に豆の風味のみで楽しませようという情熱がヒシヒシと感じられる仕上がりなんだよね、こちらも心して味合わなくては!と思える逸品です^^。豆の風味自体の好き嫌いはあるとは思うけど、是非一度体験して欲しいなって素直に言えますね^^。ちなみにコレは3月末までの限定販売だそうですよ、缶コーヒー好きの方、急いで急いで~^^。 種類別名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー(ブラジル産コーヒー豆100%使用)、砂糖、脱脂粉乳、乳化剤、カゼインNa
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
カフェブルーノ

excellent

UCCカフェブルーノ

Café Bruno
[コーヒー&ミルク]
無糖
無糖・ミルク入り
コーヒーとミルクだけで、しっかり旨い。新スタイルの“無糖”コーヒーです。
※Bruno(ブルーノ)とは、イタリア語で「茶色」の意を表します。
熱量 9kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.9g
ナトリウム 40~65mg
糖類 0g
やっちゃった・・・、もちろん良い意味でね^^。いや~、もう美味しいの一言ですよ。しかしこの違和感の無さはなんなんだろうね?。簡単に言っちゃうと、"ブラック・無糖"にミルクを加えたって雰囲気、コーヒー感が良いのは既に"ブラック・無糖”で証明済みですので驚きはそれほどでもないんです。でも、ただ単に牛乳を足しましたって感じでは決して無いんですよね~。まずその溶け込み具合が完璧!、しかも本当に自然で、その良質なコーヒー感を一切邪魔することがなくともすると存在を忘れちゃうくらい、でも無ければこの味わいは絶対に成り立たないというまさに理想的なタッグチームぶり^^。さらに気に入ったのが、コレだけの仕上がりでありながら、「どう?凄いでしょ~」って強い主張が無いことですね、こういうのって凄く大事、当然強烈な個性を持つのも良いんですよ、最初の感激が大きくて、でもわりと早く飽きちゃうんだよね~、うっとうしくなるって言うか・・・、永く良いパートナーになてくれるのはこういうタイプだと個人的には思うんですよ^^。ホントなんで今まで無かったんだろう?って思いますね、まさに理想的で待ちに待った1本と言い切れます!。まったく、世の微糖缶コーヒーの存在意義なんて簡単に吹っ飛ばす痛快無比の逸品で、心から「参りました!」です^^。と言った感じで、末永く飲み続けたいんだけど、心配なのは入手性・・・、まだ発売したばかりだから今後は判りませんが、"ブラック・無糖"の様に、何時でも何処でも入手できるようになるといいな~って切に思います。UCCさん心からお願いいたしますです^^。 種類別名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、食塩、乳化剤、カゼインNa
内容量:190g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ
ブラック無糖プラチナアロマ

ブラック・無糖プラチナアロマ

香り際立つアロマフリージング製法豆を使用。
[アロマフリージング製法]焙煎直後の炒り豆をマイナス2℃まで冷やしたエアーで急速冷却。炒り豆の香気成分を封じ込める画期的な製法です。(特許第3617906号)
HOT&COLD この製品はコールドでもホットでもおいしくお飲みいただけます。
・ふらないでください。内容液が噴き出すことがあります。

熱量 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0g
ナトリウム 0~30mg
糖類 0g
こちらの"ブラック・無糖プラチナアロマ"との違いが分かりますか?、・・・正解は容量、50g増量されています^^。中身の方は当然のように同じ印象・・・、と言うか同時に飲み比べましたが同じです。細かく言うと、若干濃いかな?って気もしましたが、ま~これは誤差の範囲でしょう。容量を増やすと共に、何となく薄くなったような感じのがあったりするんですが、これにはそういった感じは微塵も見られません。お値段も一緒だったし、まさにプラチナアロマ大盛りって感じで嬉しい限り^^、あれ?、それじゃ~少ない方の存在意義は?って思わないでもないけど^^。 種類別名称:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:350g
ページトップ ・缶コーヒーマニアトップ

関連ページ

  • お探しの缶コーヒーはありましたか?。まだであれば、下記検索エンジンにて検索してみて下さい。缶コーヒーマニア内(ナナヒメドットネット内)のみ検索することが出来ます。
缶コーヒーマニア広告

スポンサーリンク

アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?

項目は3つ!。皆様の今までの人生において支持出来る缶コーヒーメーカーと、今年支持できる缶コーヒーメーカー、またはる缶コーヒー(単品)(単品部門は今年年10月頃から)です。それでは開幕いたしま~す!!。お気軽に、またふるってご投票ください^^。

2011年版の結果はこちら(メーカー部門単品部門

2010年版の結果はこちら!!

2009年版の結果はこちら!!

2008年版の結果はこちら!!

1・人生において支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

2・今年支持できる缶コーヒーメーカー

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

3・今年支持できる缶コーヒー(単品)

※上記アンケートはiframeを利用しています。iframeが表示されない環境の方は、お手数ですがこちらのページにてご投票ください。

ご投票ありがとうございました。

今年最高の缶コーヒーメーカーと缶コーヒーを決めるのはあなたです!!。

缶コーヒーマニア ユーシーシー上島珈琲(株)  /  /  /   /  /  /  /  / 10

PAGE TOP

缶コーヒーマニアTOP

缶コーヒーマニア下部広告

スポンサーリンク2

coffee_logo

 
QLOOKアクセス解析