【ペットボトルコーヒーマニア(仮)】 あまりにも楽しく興が乗ってしまったので・・・^^;。 コカコーラ GEORGIA ジャパン クラフトマン カフェラテ 登録完了!!。

コカコーラ GEORGIA ジャパンクラフトマン カフェラテ


JAPAN CRAFTSMAN
ほのかな甘み、すっきりした味わい
水出しコーヒー使用※
1本当り
145kcal
コーヒー飲料
※5%使用
ボトル
PET
Yes!リサイクル
No!ポイ捨て
プラ キャップ ラベル
ペットなジョージア登場
ジョージア40年以上に渡る職人技がもたらす、すっきりと軽やかな飲み口のカフェラテ。日本で独自の発展を遂げた水出し抽出を使用し、なめらかな厳選国産牛乳を加えた、ほのかに甘く風味豊かでえぐみのない味わいです。
ジョージア 検索
国産
開栓前によく振ってください

(100ml当たり)
エネルギー 29kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.6g
炭水化物 5.3g
食塩相当量 0.1g

品名:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、食塩/香料、乳化剤、カゼインNa、安定剤(カラギナン)
内容量:500ml
販売者:コカコーラカスタマーマーケティング(株) 東京都港区六本木6-21-31
JANコード:4 901777 300545

熾烈極まる1、2位争いを日夜繰り広げている両社ですから・・・。こちらもやらないわけにはいかないでしょう!!。

しかし、「クラフトボス」に「ジャパン クラフトマン」とはね・・・。なんかもう、あまりにもあからさまにバチバチ過ぎて、外野としては微笑ましい限りです^^;。

能書きはこの辺にして・・・

ほお!!。正に「ほのかな甘み、すっきりした味わい」で、缶のジョージアからは想像できない味わいに仕上がってますね!!。

一瞬一瞬の味わいそのものに関しては、どちらかと言うと「クラフトボス ラテ」が好みではありますが、ペットボトルの特徴であろう「長い時間をかけて飲む」と言った用途においては、すこぶる抑揚の効いた今作のほうがより相応しく好ましいと思ったんですよね。

まあ、面白いものです^^。

しかし、ものすごい失礼な言い方になってしまいますが、缶のラテ・オレ系ではより甘くミルク感多めに仕上げてくるジョージアがペットボトルでは一転、ある意味口あたり柔らかく優しく仕上げてくるなんざ、適材適所を心得ていてニクいよ、この!!って感じです^^;。

いや、本当にこれ良い!!。出がけに買って1日の相棒にって完全にありだよ!!、ってか実際やる気満々だよ!!。

ただ、幸いにと言うか、スタート地点付近に今作が売っていないので、「缶コーヒーマニア」崩壊の危機は免れるわけですが・・・^^;。

とは言え、このまま絶賛ムードで終わるのも小癪なので・・・。

これは、特にここ最近のペットボトル共通の問題と思っているのですが、今作は特に顕著なのであえて苦言を呈させていただきますが・・・、とにかくグニャグニャと「柔らかい」のがどうもね・・・。中味があるうちはまだマシなのですが、なくなってくるにつれなんか持ち手がどうにも心許なくてよろしくないと思うんです・・・。

まあ、間違いなく現代の技術ならこれだけ薄くても破れたり漏れたりなんてことはないから、より薄く軽くと邁進しているのだとは思います。

でもさ、「持ったときの感覚」って大事だと思うんだよなあ・・・。

では、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください