知らずに語る事なかれ!! ヤマザキ製パン「炭焼」ブランド特集!!

2ページ目です。

まずはすべての基本・・・かな?。

炭焼 ブレンド

炭焼 ブレンド:いやもう、自分の頭の中に確固としてある「ブレンド缶コーヒー」ど真ん中そのもの!!。これ以上美味しいものも不味いものも星の数ほどあるでしょうけれども、なんだか飲む度無性に「やっぱこれだよな、これ」と、まるで故郷に帰ったかのような感傷に浸ることができる1本です^^。

人工甘味料入り微糖

炭焼 微糖ブレンド

炭焼 微糖ブレンド:その、むしろ天晴れなほど典型的な「人工甘味料入り微糖缶コーヒー」っぷり故に、個人的好みとは相当かけ離れてはいるのですが・・・。逆に、支持派の方にとっては、上記ブレンドで私が感じたように、「やっぱこれなんだよな、これ!!」と、首がもげるほど頷ける1本なのではないでしょうか。

ブラック

炭焼 ブラック

炭焼 無糖ブラック:これもまた「酸味強め」なオールドスクール。ちょっと前はこんな感じが大半だったよなと思うと同時に、あまり代わり映えしてないかなとか感じていたこのジャンルの進化ぶりに驚かされるやら、あらためて苦手なジャンルに対する自分の鈍感さを恥じるやらで、もう心が千々に乱れて大変でした^^;。

カフェオレ

炭焼 カフェオレ

炭焼 カフェオレ:つい先日Twitterにてつぶやいたように、個人的に、偉大なるスタンダードカフェオレ缶コーヒーだと思っている「BOSS カフェオレ」のちょい甘み増強版と言った位置付けですね、自分の中では。そして、こと甘みと言う点だけ見れば今作の方が好みかもしれず・・・。身近にさえあれば、立場が逆転しているかもと、飲む度妄想が頭に浮かんでしまう、ある意味残念な1本と言えます^^。

そして高級路線?。

炭焼 プレミアムコーヒー

炭焼 プレミアムコーヒー:ブレンドと比べればわずかながら凝った味わいだとは思いますけどね。それも、あくまでも「比べれば」の話。「古き良き」とはけして言いませんが、当時の状況の中において真面目に上を目指したような味わいには、個人的に、懐かしさと言うか愛おしさと言うか・・・、なにかよくわからないなにかが怒濤の如くこみ上げてくる1本なのは事実でございます^^。

以上の5本。以前あった「炭焼 キリマンジャロ」は、残念ながら廃番になってしまったのか何軒か回っても見当たりませんでした。

今回あらためて一気にまとめて飲んでみて。やはりいずれも、そのジャンルのスタンダードと呼ぶに相応しく。全くもって華はないけど実はある的、ウェルメイドな数々と断言してしまって良いでしょと思いましたね。

これほどのラインアップが密かに存在する現状はいかがなものかと・・・

誤解を恐れず言うなら、旨過ぎることがない故にいくら飲んでも飽きが来ない。さらに、良くも悪くも変わらないため末永く付き合っていける。そして、幸いにも口に合ったならば、素敵なな未来が約束される1本ではないかと思い、まとめてご紹介させていただいた次第です^^。

反面、知ってしまったが故裏目に・・・って可能性がなきにしもあらずですが・・・、それについては責任を負いかねます^^;。

とにもかくにも、幸運にもヤマザキショップを見かけた際は、騙されたと思って是非一度ご入店いただければと思います。

と言うとこで、缶コーヒーマニアの皆様の明るい未来を祈りながら、ではまたいつか!!。

3月3日(土)追記

前回探査時には見付けられなかった「炭焼キリマンジャロ」。

廃番なんてとんだ誤報!!。しっかりと存在しておりましたので、販売継続確認及び、現在の感想を追記しておきたいと思います。

炭焼 キリマンジャロ

炭焼 キリマンジャロ:いやしかし相変わらずですね!!。大きく振りかぶって「大傑作!!」って感じではけしてなく、と言うか、むしろそう表現してしまうと、今作の美点が一気に損なわれてしまう気がして躊躇してしまう・・・。でも、どんなに控えめに言っても、紛う方なき、現代の缶コーヒーが到達した一つの頂点なのは疑いようのない事実だと思うんです。で、以下いくらでも今作に対して賞賛ポイントを重ねていくことは可能なのですけども、それはむしろマイナスであり、誉め殺しよろしく聞こえてしまう可能性が高いので、余韻を残しつつここで終了といたします^^。しかし・・・、これほどの名作を連発するブランドが風前の灯だと言う現実に、今回あらためて愕然とし、頭を思い切りかち割られた思いだわ・・・。缶コーヒーでは違っても、天下の「山崎製パン」ですから、言うても、安泰でしょうとたかを括っていた自分を恥じるばかりです・・・。という事であらためて・・・、ここでお会いできたのもなにかの縁、缶コーヒー好きの方は今ブランドの経験の有無に関わらず、「ヤマザキショップを見かけたら」ではなく、「積極的に探し一刻も早く体感されること」を、なかばお足元にすがるような気持ちで、強くお勧めさせていただきたく存じます。

全6種類。いやもう、とんだ名ラインアップです!!。

前ページへ 缶コーヒーマニア 山崎製パン株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください