週刊缶コーヒーマニア通信(2011年8月29日)

今週の追加は4本。ま〜、この時期にしては上出来と言えるのかな〜?。

でも・・・、今週は内容が凄いんですよね~!!。4本中2本は、もしや生涯ベスト級では?って感じで・・・^^。

それでは早速その2本のご紹介~!。

ドトール カフェ・オ・レ

まずは、ドトールコーヒーの“ドトール カフェ・オ・レ”から!!。

ま~、鰾膠も無く言ってしまうと、極々普通、至極単純なカフェオレなんですけどね~・・・。

でも、ほとんど大多数の缶カフェオレは全く太刀打ち出来そうにないと言うのも事実で・・・。何て言うか、当たり前のことを当たり前に何時も通りやってたら、飄飄かつ一気に高みへ達してしまった希有な1本なんじゃないかな~?って思いましたね。

本当に、これぞカフェオレ!って感じですよ~。おそらく、端から見たらさぞかし気持ち悪かった事でしょうってくらい微笑みながら、噛み締めならぬ、終始しっかりと飲み締めながらいただきました~^^。

・・・ただ、唯一の懸念材料は入手性・・・。現状では一部ローソンのみ、それも、売切れ即終了みたいな状況の暗澹たるもので・・・。

せめて同社ボトル缶の“スーパーブラック無糖”のように、流通量は少ないながらも、ここへ行けば確実に買えるといった状況にはなって欲しいな~と、切に願っています。

テイスティブレンドコーヒー

続いてはこちら!、サッポロ飲料の“テイスティブレンドコーヒー”!!!。

うん?、あ~奇しくも今回の2本のテーマは普通でしたね^^。

こちも至って普通・・・、誤解を恐れず言っちゃうと、「特筆すべきはここ~!」なんて点は無く、あくまでもどこまでも普通、普通、普通・・・。

でもね、あらためて思い返してみると、ここまで普遍的に良いと思える味わいを実現しているものが、缶コーヒー数あれど何本あるかな、もしくは今までもあったかな?って・・・、意外にも深く悩んでしまうほど希少かつ貴重な1本で・・・。大げさではなく、普遍的に最高峰の缶コーヒーだと個人的に確信していますよ、ええ^^。

あっそうそう、もう一つ共通点がありました!。

ま~、ドトール カフェ・オ・レの方はこれからどうなるかは不透明で、微かな希望は残っていますけどね・・・。“生粋”シリーズはま~そこそこ良いとしても、このテイスティブレンドコーヒーとかデミタスに関してはもう凶悪すぎてもう・・・^^;。

本当にごく一部のパチンコ屋さんか、所謂昔ながら酒屋さんの店先自販機でたま~に見掛けるくらいで・・・。売る気無いでしょ?ってくらい、全く以て絶滅危惧種となってしまっているのが現状ですもんね~・・・。さらに付け加えると、現在こちら危惧種の方が数段レベルが上と言うやるせなさもおまけ付きなんてもう・・・。悔しい・・・何て生易しい感情じゃすみませんよ~^^;。

と、ま~文句ばかり言ってもどうしようもないですね。見付けられたら多目に買っておくって感じでいくしかないと思ってます^^。

と言うとこで、缶コーヒーマニア史に残る?今週はここまで!!、また来週お会いしましょう^^。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください