缶コーヒーマニア通信(19/12/27)2007年総集編パート2

長文になってしまいゴメンナサイ
ここからパート2になります、引き続きよろしくお願いいたします。

JTからはRoots クリーミーカフェ オリジナルかな〜
"ザ・メキシカン"・"シンバウィンド"・"コロンビアアドゥルト"
"ディープハーモニー"・"プロダクト"とココも良品連発で
大変楽しませてもらいました
でも、そんな中Roots クリーミーカフェ オリジナルを選んだのは
何となく、コレに一番Rootsの良さが凝縮されている気がしたから
クドさやベタつき感が無い甘さや滑らかなクリーム感
良質なコーヒー感、それらが渾然一体に調和しているところに
Rootsの強烈な個性があると思ってるんです
ちょっと大げさな感はあるものの、コレに一番良く出てた気がしたからね
当然上にあげたのも問題なく美味しく、どれを飲んでも極端なハズレは無いと思います^^。

ダイドーからはD-1イタリアの濃い味
外にも"D-1ダイナミック"・"D-1ファインクリア"と言った、今や定番になったのも勿論美味いし
また、懸賞で当てるしか飲めない"D-1 24 World Stars (24 ワールドスターズ)"も印象に残ったけど
1本選ぶとすればこれなんですよ
にわかには乳飲料とは信じがたい、旨味抜群苦味の濃厚なコーヒー感
控え目な甘さ、味わい深いミルク感と言った要素が何の違和感もなく調和されているところ
さらに全体に漂う落ち着いた雰囲気も素晴らしく、一気に箱買いしちゃったくらい
強烈な印象を残してくれました^^。

サッポロ ブルーマウンテン100%

無理矢理にでも今年のナンバーワンを選べって言われると
コレか、アサヒWONDA 厳選 有機豆100%使用って位、衝撃を受けた1本
とにかくこれは缶コーヒーって範疇には収まりきらない逸品です
同じシリーズだと思われるブルーマウンテン100%[ブラック無糖]も同じように飛び抜けた1本だと思うけど
外とのバランスを考え、涙を飲んでこちらだけ^^
共に200円であったことや、ほとんど売ってるのを見たことが無いのが非常に惜しいな〜
サッポロの自販機にでも総じてあればもっと飲んだのにな〜って感じです^^。

ポッカからはアロマックスシリーズのどれかと思ってたんだけど
今年最後に飲んだ泡だちカプチーノが凄く印象に残ってる
乳飲料ながらしっかりカプチーノしてる様が、凄く好感が持てたのよ
見かけると思わず買っちゃう魅力があって、結構な本数飲みましたよ^^。

最後にアサヒWONDA 厳選 有機豆100%使用
サッポロブルーマウンテン100%のところでも書いたけど
相当印象に残ってます、と言うか未だ現役、
サッポロのより売っている場所が段違いに多いので、今でも飲み続けています
なにより不自然な風味が全く無く、コーヒー・砂糖・ミルクの風味しか無いところが素晴らしく
何の気負いもなく飲み続けられるのが良いんだよね〜^^
どんなシーンにも合うし、イイ缶コーヒーだと思ってます。

今年の缶コーヒーマニアへの新登録はおよそ216本、新しいメーカーは9社
その中から絞りに絞っての上記10本を選んでみましたけど、いかがでしょうか?
当然、ココに載せなかった中にも良いのはありますけど、きりがないしね^^。

では、また来年も素晴らしい缶コーヒーに出会えることを祈りつつ
また来年皆様にお会い出来るのを楽しみにしてます
それでは良いお年を〜^^。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください