【ペットボトルコーヒーマニア(仮)】伊藤園 TULLY’S COFFEE Smooth LATTE PET 500ml 登録完了!!。

伊藤園 TULLY’S COFFEE Smooth LATTE PET 500ml


加温器販売可能
HOT & COLD
無糖
すっきり心地よい
コーヒー 500ml
本品は国内で製造しています
Coffee Drink with Milk
ミシン目は、QRに注意してゆっくりはがしてください。
容器のまま直火または電子レンジにかけないでください。
・未開栓の場合は常温で保存できます。開栓後はすぐにお飲みください。
内容液が熱くなりますので、ヤケドにご注意ください。
プラ
キャップ
ラベル
1
PET
ボトル

100ml当たり
エネルギー 10kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0.5g
炭水化物 0.9g
ー糖類 0g
食塩相当量 0.09g
カリウム 80mg
カフェイン 42mg/100ml

種類別名称:コーヒー
原材料名:牛乳、コーヒー、クリーム、乳加工品/乳化剤、カゼインNa(乳由来)
内容量:500ml
販売者:株式会社 伊藤園 東京都渋谷区本町3-47-10
JANコード:4 901085 601099

例えば、伊藤園で直近だと「TULLY’S COFFEE BARISTA’S LATTE 370mlボトル」のように、缶の方にも無糖ラテはあるんですけど。

なぜか缶の無糖ラテには、なんて言うか、豆乳のような独特のクセがあるものが多く、それが結構大きく好き嫌いを分けるようなところがあるんですね。

それが、ペットボトルだとない・・・。

となるとですよ、どうしたって無糖ラテこそローカロリーであり微糖の決定版ではないかなってなりますよね。どうです?。ミルクの量を調整することによって、今作のようなラテ・オレ系からいわゆるブレンドコーヒー系まで可能だと思いませんか?。

確かに、現状販売されている「無糖ラテ」には、良く言えばすっきりクリア、悪く言えばもの足りないって部分が総じてあって、良し悪しは置いておくとしても、人工甘味料入り微糖缶コーヒーにある強い風味は必要って意見もわかります。

でも、それとてコーヒーとミルクの比率でどうとでもなるんじゃないかなって思うんですよね。まあ、素人考えかもしれないけど・・・。

あっ・・・、またやってしまった・・・。

今作に直接関係ない話しを長々すいません^^;。

まあね、缶コーヒーマニアを自称しながらその他コーヒー飲料に興味がないと言う変態嗜好の自分としては、コーヒー感が薄い・・・と言うか、苦味だったり酸味だったりのある意味刺激的部分が少ない今作のような味わいはむしろ願ったリなんですけど。いわゆるマジョリティであろう、缶コーヒーにコーヒーを求める方にとっては、こんなのコーヒーじゃないって思うだろうことはやはり容易に想像できますよ。

元々コーヒーって、これだけ世界的な飲料になったのが不思議なくらい、相当偏った強い風味が特徴ですからね。甘み、苦みともに、良くも悪くも強い刺激をもたらせてくれる人工甘味料入り微糖がうけたのも必然だろうし、同時に今作のようなものがうけないのも必然ってことなんでしょう。

しかしなあ、稀にしか行かないから断言はできないけども、喫茶店とかにおいてコーヒーにミルクだけって飲み方はそんな不思議じゃないと思うんだけどね、んんん・・・。

まあ、缶でもペットボトルでも絶滅してしまったわけではないんだから良しとしましょう^^。

では、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください