【ペットボトルコーヒーマニア(仮)】 やっぱ、微糖ってこう言う事だと思うわけです!?。 伊藤園 TULLY’S COFFEE Triple taste THE ICE PET 485ml 登録完了!!。

伊藤園 TULLY’S COFFEE Triple taste THE ICE PET 485ml


この商品は冷凍もできます
微糖アイスコーヒー
冷やしても常温でも冷凍でもおいしい
コーヒー(アイス用 加糖) 485ml
氷の溶け方で変わる飲み心地
① 溶け始めに飲むと、まるでコク深いエスプレッソコーヒー!
② 半分溶かしてから、ボトルを振るとまるでフローズンドリンク!
③ 1と2を愉しんだ後は、まるですっきり水出しコーヒー!
冷凍保存できる製品です。
通常ボトルの商品は、冷凍しないでください。ラベルが破損したり、容器が変形する恐れがあります。
ご注意 ご家庭で凍らせる前に必ずお読みください。
・事前に冷蔵してください。
1度に大量の常温商品を冷凍庫にいれると、他の冷凍商品が溶け出す恐れがあります。事前に冷蔵してから冷凍してください。
・ボトルを立てた状態で凍らせてください。
横倒しでの冷凍禁止
・冷気の吹き出し口から離してください。
未冷凍で未開栓の場合は常温で保存できます。開栓後はすぐにお飲みください。
COLD専用品
本品は国内で製造しています
Black Coffee with Sugar
PET ボトル
プラ キャップ ラベル

100ml当たり
エネルギー 10kcal
たんぱく質 0.2g
脂質 0g
炭水化物 2.4g
ー糖類 2g
食塩相当量 0.06g
カリウム 80mg
カフェイン 60mg/100ml

名称:コーヒー
原材料名:コーヒー、砂糖/安定剤(増粘多糖類)
内容量:485ml
販売者:株式会社 伊藤園 東京都渋谷区本町3-47-10
JANコード:4 901085 197806

勢いで始めてはみたものの・・・

こちらはこちらでなかなかピンとくるものがなく、あれよあれよと1ヶ月以上経過してしまいましたが・・・。

久々に、これはと思えるものに出会ったので、再開したいと思います^^。

そんな1本がこちら!!、伊藤園のTULLY’S COFFEE Triple taste THE ICE PET 485mlです!!。

どこにピンときたかと言いますと、まず、缶でも熱望して止まない・・・、むしろなんでそうならないんだろうと思う「人工甘味料未使用で単純に砂糖の使用量を減らした微糖」だと言う点。もう1点、こちらの方がピンときたかもしれない「冷凍でもおいしい」って点です。

と言うことで、早速「冷凍」し、満を持して試飲開始!!と思ったのですが・・・、やり過ぎてガチガチだったため、しばし・・・^^;。

そんなこんな若干溶けてきたところで、再開!!。

いやはや、冷凍することによってこんな楽しみ方ができるなんて、本当に目から鱗!!。

1本飲み終えるまでに幾多のドラマがあると言うと大げさかもしれないけど・・・。能書きに偽りなし!!(正直、あまりにも冷たくて早々にタオルを巻き、前のめりで飲み始めたため見逃してしまったわけですが、それでも・・・^^;)。まず、同社ほか製品よりさらにギュッと凝縮したタリーズ特有の濃厚なコーヒー感から始まり、途中のコーヒーシャーベットのような食感、そして、〆に相応しい最後あたりのスッキリ見晴らしの良い飲み心地に至るまでの流れがもうね!!。最高、そして完璧!!。

さらに付け加えるなら、同ブランドにおいて、ともすると行き過ぎてしまうこともあるクセや雑味もなく、なにより、終始冷たいまま飲み終えることができて、もう、本当にさ、1本でこんなに楽しませてもらって良いのかって思うくらい、なんとも楽しい一時でしたよ^^。

ただ、あまり誉めちぎっているだけでは気持ちが悪いので・・・。

まあ、あの、言ってもこれは飲む側が気を付ければ良いだけの話しなのですが・・・。美味しい美味しいと、あまり飲み始めの「濃厚なコーヒー感」を楽しみすぎると、その後にしわ寄せがいってしまうと言うか・・・。正直に告白すると上記は2本目の感想でして・・・、実際1本目がそうだったのですが、最終的に、限りなくただの「水」もしくはその「シャーベット」に近付いていく部分に一抹の寂しさを感じたりしたことは申し上げておきます^^;。

ここは各自研究の余地ありですぞ!!。是非、あなたの良い塩梅を見付けてください!!。

と言うことで結論といたしましては・・・、ほら、やっぱ「コーヒー+砂糖だけで良いんじゃない!!」と。そう、本当にアイツはいらなかったんだってことになります^^。

ごちそうさまでした!!。

では、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください