週刊缶コーヒーマニア通信(2008年6月28日)

今週の新登録は下記の6本

・ダイドー D-1 ステージゼロ

・JT Roots アロマブラック クラッシック

・JT Roots アロマブラック 400gボトル缶

・UCC ブルーマウンテンブレンド

・コカコーラ GEORGIA エッセンスドロップ

・サンガリア レギュラーブラック

そんな今週の中印象に残ったのは・・・

UCCブルーマウンテンブレンド

ファミリーマート限定発売のこれ、UCCのブルーマウンテンブレンドかな~?。

中身についてはほとんど文句はないです。でも、”です!”って言い切れないのはお値段なんだな~・・・。いやね、高くてもそれだけの美味しさであれば全く問題なく、むしろ喜んで買っちゃうと思うんです。でも、上手く言えないんだけど、コレにはそこまでの物は感じられなかったんだよね・・・。

けちなお話で恥ずかしいけど・・・^^;、正直な気持ちです。

ココまでだとちょっと短いので・・・。皆さんのおかげで無事約1ヶ月経過した”アタシにも、オレにも言わせろ~!。缶コーヒーマニアの皆さんによる・皆さんのための国民投票!?。”の途中経過を見てみることにしましょう^^。

まずは、”皆様の今までの人生において、支持出来る缶コーヒーメーカー”から

現在の有効投票数535票、本当にたくさんのご投票ありがとうございます^^。皆さんそれぞれの、缶コーヒーに対する熱い思いが伝わってくるようで、本当に嬉しくなってきます^^。

そんな中、以前トップ快走中なのがジェイティーフーズ株式会社。2位以下に大差をつけ、また、スタート以来一度もこの座を明け渡す事無く、着実に票を積み重ね、その人気の高さ、信頼の高さが伺えますね^^。

以下10位くらいまでを見てみると、美山名水株式会社サッポロ飲料株式会社カルピス株式会社といったところが僅差で2位グループを形成。また少し離れて、UCCサントリー三本コーヒーキャメル珈琲ヤクルトダイドー岩泉産業と僅差で続きます。

かなり世間一般の印象とは異なるランキングの様に感じますね^^;。特に印象深いのがカルピス株式会社の躍進!。アサヒ飲料と合併?して新商品は今後もう出てこないって状況なのに・・・。私もそうですが、やはり缶コーヒーマニアの皆さんの心にも残るメーカーだったんでしょうね(カルピス株式会社は倒産したわけではないですよ、念のため^^;)。AGF Blendy CafeLaMode ブランドとして、何とか復活させてくれないかな~って、心から願ってるんだけど無理でしょうね・・・。何とかなりませんか?アサヒ飲料さんって感じです。

”2008年において、支持出来る!缶コーヒーメーカー”の方に目を移すと、こちらはかなりはっきりとした2強状態。ジェイティーフーズとサッポロ飲料が激しい火花を散らしています^^。

現在、僅か2票差でジェイティーフーズがトップですが、12月31日の段階ではどちらがトップに立っているのか?、はたまた別のメーカーが急上昇してくるのか?、今後どうなっていくのか全く予想つかず、結果が非常~に楽しみです^^。

と言うとこで今週はココまで。また来週お会いしましょう!^^。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください