週刊缶コーヒーマニア通信(2008年5月17日)

 大阪方面ツアーでの入手品が一段落して、今週は一転落ち着いた1週間になっちゃうかな~?なんて思っていたんだけど・・・、とんでもありません!!!^^;。

新規追加メーカー4社の缶コーヒーを含む27本!!。先週を遙かに越える追加をすることが出来、嬉しい悲鳴の1週間となりました~^^。

と言うことで今週の新メーカー、及び缶コーヒーを改めて並べてみると・・・

株式会社響

honu加藤珈琲店株式会社

株式会社ジャパン

札幌フードシステムズ株式会社

・ダイエー SAVINGS ミルク&コーヒー カフェオレ

・ポッカ 深煎りコーヒー&ミルクの無糖ラテ

・響 みやざきミルクコーヒー

・加藤珈琲店 東北楽天ゴールデンイーグルスブラックコーヒー

・ジャパン 微糖・コーヒー

・ジャパン 無糖・ブラック

・ジャパン ブレンドコーヒー

・ジャパン カフェ・オーレ

・ネスカフェ NESCAFE 匠 香り多めコク深め ゴルゴ13缶 5

・ネスカフェ NESCAFE 匠 香り多めコク深め ゴルゴ13缶 4

・ネスカフェ NESCAFE 匠 香り多めコク深め ゴルゴ13缶 3

・ネスカフェ NESCAFE 匠 香り多めコク深め ゴルゴ13缶 2

・ネスカフェ NESCAFE 匠 香り多めコク深め ゴルゴ13缶 1

・JT Roots イノセントブリュー

・コカコーラ GEORGIA トリプルスタープレミアムブレンド

・ダイエー Savings マイルド&ライト

・ダイエー Savings スペシャルブレンド

・ダイエー Savings 無糖ブラック

・サンガリア ブレンドカフェ・オレ

・UCC マイルドブレンド

・UCC ベイシックブレンド

・ポッカ ミルクカフェ

・札幌フードシステムズ Do TASTE カフェ・オ・レ

・美山名水 ブラックコーヒー

・美山名水 炭焼き珈琲

・美山名水 無糖珈琲

・美山名水 炭焼珈琲

となります!^^。これだけあると、いろいろ書きたいこともあるので、駆け足で行ってみましょう!。

まず、美山名水ファンとして非常に気になるのが、従来の美山の?自然水使用から、純水使用に変わったことです。

で、いただいてみたところ・・・、今までのレベルが高すぎたせいだと思うんだけど、遙か孤高の存在から、ちょっとだけ降りて来つつあるかな~って印象は正直言って受けました。ま~でも、未だ高い場所に居ることは間違いなく、ホッと一安心と言ったところです^^。

・・・ただ、唯一炭焼き珈琲の下げ幅は大きすぎる気がしましたね~・・・。これでも未だレベルは高いんだけど、何て言うか普通のトップクラスになってしまったように感じてしまって少し寂しかったです・・・。なんとかここで踏みとどまって欲しいな~と切に思います・・・。

カフェオーレ

先日の大阪方面ツアーにおいて、もっとも強い印象を残してくれたと言っても過言じゃないのがキンキサイン株式会社の存在^^。でもね~、いかんせん姫路までは遠く、気軽に買うと言うわけには当然いかず、悔しい思いが募るばかり・・・。そんな時、お友達が持ってきてくれたジャパン カフェ・オーレの製造者を見て驚くやら嬉しいやら^^。これなら近くで購入出来そうで、ホント良かった~って感じです。

ミルクカフェ

ポッカの2本も、それぞれ個性があって良かったですよ~。

ミルクカフェの方は、まさにミルクコーヒーの王道といった仕上がり。とても優しく懐かしい感じで、凄く気分が良かったです^^。あっ、でもコーヒーを飲んで気合いを!なんて時は逆効果かもしれませんよ、少なくとも私は、コレをいただいた後、しばらく何もする気が起きないほど和んでしまいましたから^^。

深煎りコーヒー&ミルクの無糖ラテ

続いて深煎りコーヒー&ミルクの無糖ラテ。ちょっと前だとワンダストレート、最近だとUCCカフェブルーノと、ほとんど思い出せないような数なのにも関わらず、良質な缶コーヒーを生み出す率が異常に高いのが、コーヒーにミルクだけと言うジャンルだと個人的には確信しちゃってます。この缶コーヒーはまさにそのタイプ、多少の水っぽさに不満は感じつつも期待に違わぬ美味しさでした^^。コレを見つけたお店から消えてしまう前に、買い溜めしに行かなきゃいけません^^。しかしね~、これだけ微糖が缶コーヒー界を席巻してるのに、よりヘルシーでしかも美味しいこのタイプがほとんど発売されないのは本当に不思議でしょうがありませんよ・・・。

東北楽天ゴールデンイーグルスブラックコーヒー

とま~愚痴はこの辺にして、次に行きましょう^^;。今週の新登録メーカ、honu加藤珈琲店株式会社の東北楽天ゴールデンイーグルスブラックコーヒーは、普通に煎れたコーヒー?と何ら遜色ない仕上がりが非常印象に残りました^^。個人的には、このむせるような香ばしさは苦手なので、年間ベストとは行きませんが、素晴らしい缶コーヒーであることは間違いありません^^。

トリプルスタープレミアム

コカコーラらしからぬ缶のデザインの良さが印象的なジョージア トリプルスタープレミアムブレンドは、正直に言ってしまうと以前のものとあまり変わりないような気はします。でも、独特のジョージア風味としっかりしたコーヒー感とが見事に融合している様はやはり素晴らしく、今回もしっかりと好印象を残してくれました^^。・・・ただ、こう感じるのはジョージア好きの方だけだと思うので、その点だけは十分にご注意を^^。

イノセントブリュー

と、このように様々な缶コーヒーと出会えた中で、最も印象に残ったのがRoots イノセントブリューです!。もうね、この安心感はさすがとしか言いようがありませんよ、いただく前から美味しいに決まってるって思えちゃうもんね^^。ま~、当たり前すぎて驚きや喜びが無いのが欠点と言えば欠点かもしれませんが、コレは贅沢すぎるってものでしょう^^。

と言ったところで今週はココまで、長文にお付き合いいただきありがとうございました^^。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください