時代とともに変遷したリアルクールジャパン・「缶コーヒー」の歴史 | ハーバービジネスオンライン

しかし、実はそれに先駆けること十数年前、1940年代に「缶コーヒー」を研究していた会社があった。それは、アメリカのコカ・コーラ社であった。

コカ・コーラの米国本社は缶コーヒーの研究を進めていたものの、実際に販売に至る決断はしなかったようで、日本コカ・コーラが缶コーヒーの販売に踏み切ろうとしたとき、猛反対をしたという。しかし、日本コカ・コーラは米国本社の反対を押し切り、1975年に「ジョージア」を販売に踏み切ったのである。

via 時代とともに変遷したリアルクールジャパン・「缶コーヒー」の歴史 | ハーバービジネスオンライン.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください