この際ハッキリ白黒つけたろ!!、缶とペットボトルどっちが上か!!。

 今回俎上に載せるのは、GEORGIA 贅沢カフェラテ(ちなみに缶の感想はこちら)!!。

 東京では缶はレアながら、なんとか入手できる内に、禁断の対決を行ってしまいたいと思います!!。

 ・・・と、勇ましく始めてはみたものの、缶の方がミルク感が濃厚だと感じたのは、九分九厘私が「缶コーヒー」マニアだからだって自覚があり、早くも勇ましく振り上げた拳をどこへ下ろして良いのやら迷う状態・・・^^;。

 おそらく中味はまったく同じ、差があるとすればホットの時、特に、こんなにしなくてもってケースありません?、あの時、唇が熱くないとか、手を始めとした持ち易さとか、また、再栓できるとかのハンドリングの良さがペットボトルにはあり。缶は・・・、ぎゃ、逆にアイス時、できる限りキンキンに冷やしたときの感覚的ひんやり感の気持ち良さ・・・かな^^;。

 となると、ペットボトルの方がって結論になりそうですが・・・、いやいや、いやいや、そこは私「缶コーヒーマニア」ですから、なめてもらっちゃ困ります!!。

 缶に方が断然美味しいに決まってるでしょ!!。理屈なんぞかけらもございませんよ!!。勿論缶が絶対にお勧めです!!。

 ・・・って、すいません、くだらない投稿にお付き合いいただいちゃって・・・。

 まあ、はい、どちらも抜群に美味しいです!!。現在入手できる名作の1本ですよ!!。

 では、また^^;。

珈琲たいむを飲みながらふと気付いたこと

 つばめ92号さんからいただいた珈琲たいむ カフェラテを眺めてて、ふと気づいたんです。

 「珈琲たいむ」こそ、現存する最古の缶コーヒーブランドなのではと!!。

 早速、以前自分で調べた表を見返してみたところ、「GEORGIA」や「ダイドーブレンド」、また「ポッカコーヒー」が珈琲たいむ登場以前からあったものの、いずれもあくまで商品名であってブランド名と言うのは無理がありそうですので、やはり最古のブランドと言って良さそうです。

 確か、出始めの頃かな?、当時人気沸騰中のとんねるずがコマーシャルやってた気がする。と言うことは、現状では考えられないくらい、大きな資金を投じていたんですね!!。

 そんなこんなに想いを馳せながら・・・、おそらく、現状のラインアップはカフェラテとミディアムだと思うのですが、それはまたの機会にするとして・・・。
  
 あの・・・、上記のような想い諸々含め最大限勘案してなお、良く言えばシンプルイズベスト、なんの引っかかりもなく、グイグイ飲み干せるのが美点なんでしょうけど、さすがに今となってはの感は否めません。

 でも、この頑なさ、これはこれで正解なんだと思いますよ。これが、日和って?現代病・・・、いや、アK入りなんかになった日には目も当てられませんからね^^;。

 しかしですよ、ほぼ同時期に、アサヒ飲料の「NOVA」、サントリーの「WEST」、キリンの「ジャイブ」、カルピスの「ブレイクタイム」、ペプシの「フリーダム」、JT飲料の「ハーフタイム」等々。いずれも主要各社の缶コーヒー発売当初のブランドが出揃い、一気に缶コーヒー市場が賑やかになった頃から続いているって一点だけでも、それはもう、あらためてもっと絶賛されて然るべき素晴らしい快挙でしょう!!。

 さらには、当然、続けている限りその記録が破られることはないので、着々と歴史を積み重ねていっていただきたいと思っています!!。

 なんか、これが「歴史」と言う名の隠し味なんでしょうかね、等身大の実力以上に、じんわりと、心にも身体にも沁みている気がしてきましたよ、確かに^^。

あらためて、2016年の缶コーヒー国民投票 ワンツーフィニッシュの2本を飲んでみた!!。

 と言うことで、多数の皆様の清き一票をもとにした、2016年の缶コーヒー国民投票において、晴れてワンツーフィニッシュを飾ったダイドーの2本をあらためて飲んでみました!!。

 堂々記念撮影!!。

“あらためて、2016年の缶コーヒー国民投票 ワンツーフィニッシュの2本を飲んでみた!!。” の続きを読む

言わずと知れたレインボーマウンテンブレンドですが…

BOSSレインボーマウンテンブレンド

BOSSレインボーマウンテンブレンド

 さっき飲んでて、ふと気づいたんですよね。

 昨年のモデルチェンジ以来、もしかして、いや、間違いなくMVP級の勢いで愛飲していることを・・・。

 本編登録時は、前作と直接飲み比べて確かに、ほとんど変わらないなと思ってそう書いたわけなんですが、その前作と比べても、明らかに消費量が増えていることから考えるとですよ、けしてパッと目を引くようなものではないんだけど、なんて言うか実質的微妙な変化が加えられた可能性があるような気がしてきたんですね。

 なんだかすごくゾクっとしたんだ・・・

 ただ、今から本編を改編するのも違うような気がするんですよね。生意気ながら、その時感じたことをそのまま書くと言う趣旨でやってきたので・・・。

 んんん、でもやっぱりどこかで落とし前をつけないといけない、と言うか、むしろ積極的につけたい・・・^^;。

 そうだ、未だ入手できていない165g缶入手時にしよっと!!。

 すいません、自己完結も大概にしろな話で・・・。