【ペットボトルコーヒーマニア(仮)】 「リモーネ」がことのほかよかったので、調子に乗ってこちらもいっちゃいましょう!!。 アサヒ飲料 WONDA TEA COFFEE ブラック×煎茶 PET525ml 登録完了!!。

アサヒ飲料 WONDA TEA COFFEE ブラック×煎茶 PET525ml


Asahi
ティーコーヒー
茶葉香るリフレッシュコーヒー
WONDERFUL COFFEE
コーヒー飲料
PET ボトル
プラ キャップ ラベル
容器は投げ捨てずにリサイクル
コールド専用
国産
コーヒーに茶葉を掛け合わせることで実現するさっぱりとした後味。雑味をとことん抑え、清涼感を楽しめる煎茶の香り。すっきりゴクゴク飲みやすい、茶葉香るリフレッシュコーヒー。
容器のまま温めないでください。
・コーヒー、お茶の成分が浮遊・沈殿したり、液色が変化する場合がありますが、品質には問題ありません。よく振ってお飲みください。
・開栓後はすぐにお飲みください。開栓後に常温で放置すると、容器が破損したりキャップがとぶことがあります。

100ml当たり
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.5g
ー糖類 0g
食塩相当量 0.037g

名称:コーヒー飲料
原材料名:牛乳、緑茶(国産)/香料
内容量:525ml
販売者:アサヒ飲料株式会社 東京都墨田区吾妻橋1-23-1
JANコード:4 514603 361810

いやはや、昨日登録した「ブレンディ タグゴー」ボトルコーヒー ブラックリモーネが、予想に反し、ことのほかよかったものですから・・・。

砂糖の有無と言う、かなり深刻かもしれない差はありつつも・・・。いまだ色濃く残る多幸感と勢いでいっちゃおうと思います^^;。

そう、同じ「TEA COFFEE」シリーズの「カフェラテ×焙じ茶」は以前やったのですが、こちらはブラックと言うことでスルーしていたですよ。

でも、ブレンディ タグゴーのブラックリモーネを飲んで衝撃を受け、はたと今作を思い出し、こりゃ傑作を見逃しているのかもしれないとなり、急遽コンビニへ走り、今回の試飲に至った次第なんです。

と言うことで、クド目の前提はこの辺にして試飲を始めましょう!!。

ああ、「煎茶」は主張が強いってことなのかな?。昨日の「ブラックリモーネ」はコーヒーの酸味部分のみをレモンが巧みに受け持っている感じで、すこぶる良い塩梅だったんですけれども。今作に関しては、ほぼほぼ黒い「緑茶」と言って差し支えなく、表面上はもちろん、仄かなアクセントとしてさえも「コーヒー」の存在を終ぞ感じることはありませんでした。

・・・ただ、だからと言って、今作がダメだったかと言えばむしろ反対でございまして・・・。

つくづく自分はブラックコーヒーが苦手なんだなと再認識・・・と言うか、あらためて思い知らされる次第・・・。

いや、そりゃもうお茶ですから!!。そう、なんの衒いもないお茶ですから!!。そこは、なんら抵抗もなくグイグイいけちゃうワケなんですよ!!。

甚だ、日頃、缶「コーヒー」マニアとか、ペットボトル「コーヒー」マニア(仮)とか言ってて本当になんなのは大いに自覚しつつも・・・。なんかとてつもない鉱脈を発見してしまったようで、只今、そこはかとない興奮を覚えています!!。「ブラックコーヒー」が好きになったと言うのとは微妙に・・・いや、まったくもって違うのでしょうけどね^^;。

まあ、いずれにしろ、現状選択肢はほとんどないワケですが・・・^^;。

では、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください